<   2018年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

”毎年誕生日が変わるって?!”

今日はこちらの記事をリブログさせていただきました。110.png



農暦で自分の誕生日を見る。

→→→自動的に毎年新暦での誕生日が移動する。


少々解説を・・・

例えば、

新暦:1970年7月1日生まれ人は、
農暦:1970年5月28日が誕生日となります。

翌年1971年の農暦5月28日は、新暦7月20日なので、

毎年誕生日が違うという事なんです。

翌々年1972年の農暦5月28日は、新暦の7月8日です。

もう、全然違いますよね。103.png


で、なんでこんなにも日がズレるのかと言いますと・・・


農暦は月の日数が29日か30日と決まっています。

一年が、29.53日÷12か月=354日、ということになります。

新暦には、28日、29日、30日、31日の4パターンがあるのに対し、

農暦の場合は29日、30日の2パターンで回っています。


その為、農暦は変則的で3年経つと1か月が余ってしまうため、

閏年の時は1年が12か月ではなく、13か月になるのです。


こちら↓の記事も面白いので、お時間の許す方はどうぞ。110.png


また、30日まである月は大の月、29日まである月は小の月と言います。

以前ブログで伊勢暦を載せたので、お気付きになったかもしれません。



自分の誕生日の旧暦を調べてみたい方は、

こちら↓を参考になさってみて。


西元(西暦)を自分の生まれ年に合わせ、

右隣の枠をプルダウンし、生まれ月を設定します。


出てきたカレンダーの誕生日の上にマウスポインターを

乗せると、農暦での誕生日が表示されます。109.png


ちなみに、年明け~立春前の間に生まれた方は、このサイトの

カレンダーを見れば、その年の立春がいつなのかも分かります。


立春より前に生まれた方は、自分の生年支が前年の干支に

なりますので確認してみてください。


いかがでしたか?


まさに、台湾らしい文化ですね。

とっても面白い記事でした。

CAMさん、ありがとうございました。


Rie


※ご好評を頂いております台湾直輸入2018年度版の通書、
 在庫が残り5冊→4冊となりました。
 今のところ、再入荷の予定はございません。


通書を毎日見ると、旧暦(農暦)の感覚が身に付きますよ♪


c0355521_09294858.jpg

















お申込は↓こちらからどうぞ。110.png





[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-28 07:30 | 吉日選び | Comments(0)

非戦の書~「孫子の兵法」現代実社会版~

久しぶりの書評。(と言うほどのものではなく備忘録)


c0355521_08122023.jpg





















「頭に来てもアホとは戦うな!」著:田村耕太郎、読了。

面白かったです。

田村さんが想定するアホとは

・あなたがわざわざ戦ったり、
 悩んだりする価値の無い人間たちのことを指す。
・不条理な人物。
・正当な理由もなく足を引っ張ってくる当たり屋。
・体当たりして絡んできて、自分の価値を上げようとする人物。

田村さんがおっしゃるアホの特徴

・とにかく暇な人
・あなたに強い関心がある人


--------------------------------------------

心に留めておきたい言葉をピックアップ。

・成功者は無駄に戦わない。P.5

・正義感を世の中にむやみやたらに要求することは避けた方がいい。P.22

・自分の方が頭がいい、知識がある、と思っている人間のやる行為は
 明らかに逆効果な場合が多いのだ。
 頭がいいかもしれないが、愚かなのだ。P.24

・自分がコントロールできることだけに時間もエネルギーも集中するべき。P.28

・金持ち喧嘩せず。P.46

・仕事に敵という発想はいらない。P.56

・「戦わないことはとても大事」であり、
 「時として戦うことに意義がある」のである。P.68

・「相手の気持ちを見抜く力」、この能力を持つ人が一番賢い。P.74

・どんな相手にでもリスペクトを。P.83

・「男の嫉妬」は最大の敵。P.95

田村さんも、河合薫さん↓と同じことおっしゃっていますね。(笑)



・志が人を動かす。P.104

・腐るのは人生の最大の無駄。P.130

・目的のために「組織力」を利用せよ。P.148

・他人の人生を生きていないか?P.162

・「身なり」は大事である。P.182

・ネットを見る暇があったら自分と向き合え。P.192

・SNSの世界にはいろんな人がいて、学ぶべき意見も多々あるが、
 同時に現状に満たされていない人も多く生息するので、
 そこでの情報共有には気を付けるべきだ。P.194

・デキる人間に囲まれた環境に飛び込め!P.196

・あなたの「目的」はどこにある?P.213

--------------------------------------------


他にもたくさん良い言葉があって書ききれませんが・・・


現代社会において、人間関係に悩む多くの方に届くような、

田村さんだから書けるメッセージがたくさん詰まっていました。


こういう内容の本を読んで嫌な気持ちになる人たちは

必ず一定層いて、そういう人たちにとっては読む必要のない本

かなと思いました。


人生を有意義にするためにも、

自分の時間を大切にしたいですね。


もう少し繰り返し読んでみたい一冊です。110.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-27 07:30 | 哲学 | Comments(0)

横浜関帝廟☆媽祖廟参拝

先日のメルマガ内で、

「メルマガ読者さまと一緒に関帝廟を参拝出来たら嬉しい」

という内容を書いてみた所、「一緒に行きたいです!」との

ご連絡をいただきました!113.png


初めてのことなので、お声掛け頂き嬉しかったです。

残念ながら遠方で参加出来なかった方、お仕事の関係で

どうしても都合が付かなかった方がいらっしゃいました。


また次の機会にご一緒いたしましょう!

ご参加表明、本当にありがとうございました。


今回は、一番乗りでメールをくださった女性の読者様

(後から占術家の先生と伺ってビックリ!笑)と一緒に、

旧正月の週末を避け、関帝廟、媽祖廟を正式参拝して参りました。


c0355521_17180930.jpg















お天気も良くて、参拝日和の吉日。


c0355521_17210212.jpg


















読者様は関帝廟参拝が久しぶりとのことで、

お参りの作法をレクチャーさせていただきつつ、

改修工事の終わった美しい関帝廟を楽しんでまいりました。


主神である關聖帝君様は、いつ伺っても強く厳しく、

そして温かく見守ってくださいます。

仕事柄、一番背筋が伸びる神様です。


c0355521_17382831.jpg


















途中、風水スポットに寄り道しながら・・・

お次は、媽祖廟へ。


c0355521_17390820.jpg




















毎年旧正月、この時期にしか出来ない神輿くぐり。

銅鑼をドカーン!と叩いて潜ってまいりました。


読者様は媽祖廟が初めてとのことでしたが、

「すごく好きになりました!」とおっしゃっていただき、

ご案内が出来て良かったです。


媽祖様、素敵な神様ですよね。私も大好きです。110.png


c0355521_17481285.jpg


















春節の飾りがとても良い雰囲気です。


c0355521_14172062.jpg















新しくOPENしたばかりのチョコレート屋さんで

お買い物をしたり。111.png


c0355521_14125146.jpg


















お散歩&お買い物&ランチに舌鼓をしつつ、

最後に中国茶で休憩を。


c0355521_17593795.jpg


















趣きのある店内、柔らかい陽射しが落ち着く窓際に。


c0355521_17494866.jpg


















奥にある茶碗は読者様のもので、東方美人茶。

私のお茶は、手前のガラスポットに入った白茶。


風水のお話、占術のお話など等、とても楽しかったです。


c0355521_17514824.jpg


















お話の途中、ふと自分の茶碗の中を見ると、

なんと「茶柱」が立っていました!!(驚)


ゆったりとした空間の中で、読者様とご一緒出来るなんて

本当に幸せな時間でした。

帰り際には席待ちの方もいらっしゃり、人気のお店でしたね。


また機会がございましたら、ぜひご一緒いたしましょう。110.png


Rie


※2018年の廖淵用通書便覧が、残り5冊→4冊となりました!
 欲しい方はお早めにどうぞ。早い者勝ちです♡
 再入荷の予定はございません。
 




[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-26 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

因縁を持つ土地

風水的に見て一見良さそうに思える土地、建物であっても、

それとは別に、土地には「因縁」というものがあります。

特に、歴史的にも古い土地にはその傾向があるように感じます。


c0355521_23251727.jpg
















「因縁」というとかなりスピリチュアルな表現になるかも

しれませんが、土地の記憶というものは、私は存在していると

思っています。


とはいえ、私は霊能者ではないので、おばけも見えませんし、

除霊やご祈祷も管轄外ですが、目に見えないものを馬鹿にしたり、

そんなものあるわけがない!と決めつけることは絶対にありません。

見える人にしか分からない世界はあると思っています。


不動産屋さんから物件を紹介されるとき、

「こちらなら〇〇〇万円お安いですよ!」と、

いわく付きの土地を紹介されることもあります。


「いわく付きの物件でも全く気にしません!」

「なるべく安く済む方がいい!」という需要があるからこそ

成り立つビジネスだと思いますが、土地の購入後、引っ越し後に

霊障に悩まされたり、不自然なことが起こったり、

原因不明の病気になったり、住人に何か影響を及ぼすこともあるようです。


私は、どんなに理気の条件が良くてもいわく付きの土地物件に

太鼓判を押すことはありません。


例えば、

・古戦場跡地
・処刑場跡地
・神社仏閣関係跡地
・不自然な死を遂げた人が出た土地
・元工業地帯の土地(何かが埋まっている可能性有)
・敷地内に使用されていない井戸がある土地

など等・・・etc。


最後に挙げた使用していない井戸の例ですが、

風水改善に用いる水以外、不要に溜まっているだけの水は

死水
であると判断出来ます。


川や海は流動していますが、ずっとそこに使われないまま水がある

場合は、特に夏場は水が腐敗したりと、環境衛生的にも良くありません。


そして、いつか将来、土地建物を売りたいと思った時、

買い手が見つかり難いケースもあります。


つまり、後々デメリットが出る可能性が高いのです。


井戸の場合、人為的に埋めることも可能ですが、その場合も

擇日によって井戸を埋めても良い日を選ぶ必要が出てきます。


そのような労力を使ってまで、あえて、わざわざ面倒な土地を選ぶ

必要があるのかどうか。そこはクライアント様のご意向によって

違いますから、私はなるべく率直にお話させて頂くようにしています。


土地の因縁は、あまり軽く見ない方が良いかなと思います。


私も新築宅を担当させていただく際は、必ず土地の履歴をお伺いして

頂いておりますし、クライアント様ご自身にお調べいただくケースも

ございます。


土地の歴史のことを良く知らない場合は、昔から住むご近所の方、

近所の商店街の方に町の歴史を聞いてみるなど、過去のお話を

伺うのも一つの方法です。


土地の購入ともなれば、10万、20万の買い物ではなく、

数千万、時には億になりますから、そのくらいの事前調査は

自分でしておきたいものですね。


見えない世界=ちょっと怪しい世界


と思う方も多いと思いますが(私も思います。笑)、

やはり目には見えない力とか、因縁というものは馬鹿には出来ません。


物件に引っ越す前、購入前であれば、まだ間に合います。


これから土地を選ばれる方は、後々後悔しないためにも

土地の因縁にも注目して探されてみてください。


事情があって、どうしてもいわく付きの土地を選ばなければ

ならない場合は、対処できるその道の専門家に依頼するほかなさそうです。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-25 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

新築完成お祝いへ

昨年より、土地選びの段階から担当させていただいた

新築一軒家が無事に完成し、ご新居へとご挨拶に伺って

まいりました。


c0355521_14534258.jpg














まだ着工前の頃のお写真が懐かしいです。(笑)

この時↑の現場立ち合いは、暑くて暑くて大変でした!


完成した新築宅の坐向を早速測定したところ、

予定通りパーフェクトな状態で完成されており、

とにかく安心致しました。


室内のインテリアなども施主様のセンスがキラリと光り、

まるでモデルルームのようでした。

いいなぁ・・・♡♡♡103.png


風水で気の流れを整えているせいか、居心地が良く、

とても落ち着いた空間に仕上がっていました。


この日は別件で、齋藤先生もご一緒に。

新築にお墨付きもいただき、喜びと安堵がこみ上げました。


クライアント様とはまた別のお仕事でお会いできそうなので、

これからもこのご縁を大切にお付き合い出来ればと存じます。


この日は本当に、肩の荷が下りました。

これからも、一つ一つの仕事を丁寧に頑張りたいです。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-24 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

占術界のブランド化をどう見る?~流行りの協会ビジネス~

風水や占術を学ぶとき、その目的を明確にする必要があります。

もちろん、現時点の目的で構いません。


c0355521_15112285.jpg























きっとほとんどの方は、

①自分や家族、友人に風水や占術を活かしたい人。

②将来的に風水や占術を生業(or副業)として仕事にしたい人


大きく、この2つの目的に分かれると思います。


①の場合であれば特にいう事は何もありませんが、

後々になって問題が出やすいのは、②のパターンです。


②の人の場合、一部の方は

・有名な先生からの修了証(免状)

・〇〇先生公認

・△△協会認定講師


のように、ブランド欲しさ、資格欲しさで

選ぶ人もゼロではないように思います。


なぜなら、ブランドを背負っていた方が、お客様から見た時に

より安心感を与えることが可能ですし、その分集客が楽だからです。

それと、認めて頂ける先生や団体から、最低限の条件は満たしている

という保証付き?のようなものでしょうか。


ブランド名や協会という組織を上手く利用して

ご自身が活躍出来るのであればそれが一番良いとは思いますが、

それとは逆に、ブランドや特定団体の力にすがることや、

等身大の自分よりも自分を大きく見せるための誇大ブランディング

使う事には疑問が生じます。


団体を作ることにより、会員同士が切磋琢磨したり、情報を共有したり、

スキルアップのためのイベントを行ったり、協会目的を広めるために

開かれた団体として機能している優良な団体、協会、企業もあります。


その一方で、その他の一部の団体では、決して安くはない年会費、

会員費(ロゴの使用料を含む)、更新費を毎年取られるだけであったり、

団体であるがゆえに、自分のやりたい事が出来ない、違反すれば除名される、

会計が不透明、団体内で具体的な活動が行われていない、といったように、

少なくない経済的負担や、デメリットを抱えさせる団体も存在します。


ですから今一度、

「自分がなぜ学びたいのか?」

「何のために学ぶ必要があるのか?」


という目的を明確にしてみてください。


そして、その目的が②だった場合、よくよく考えてみてください。

あなたが「本当に得たいもの」は何でしょうか?


自分が何を必要とするかは全くの自由ですが、

もしそれが、集客のためのブランド名欲しさや、

特定団体にいることの安心感欲しさであるのであれば、

本来の「学ぶ楽しさ喜び」や「お客様に喜んで頂きたい」

といった目的とは、少しズレているのかもしれません。


以前から注目を集めている、キラキラ起業女子。





この動画によると、キラキラ起業女子のうち、

月に1万円以上稼げている人は、上位20%だそうです。


彼女たちは自分が起業する前に、民間資格を取得するために

多額のセミナー代を支払っていることがほとんどです。

それなのに、その後全く稼げない人が山ほどいる。


これが現実です。


悲しいことに、一番稼いでいるのは

「キラキラ起業女子になる方法」を教えている

起業コンサルタントだという真実・・・

VTRの最後に出ていた女性、その後もご活躍されているのかな。。。


大抵、お茶会や無料セミナーといった

「フロントエンド」(集客商品)がある場合、

最終的にはその裏にある「バックエンド」(収益商品)を

買ってもらうことが、主催者側の目的です。



結局あなたは何を得たいのか?

お金を払ってまで学ばなければならない理由は何なのか?

を本質的に理解していないと、ただのセミナージプシーで

終わってしまいます。


この世界(風水や占術界)は、名乗ったもん勝ちです。

国家資格もありませんから、今あなたが「私は風水師です」と

名乗れば、出来る出来ないに関わらず、あなたは直ぐに風水師と

名乗れてしまうのです。


でも、これだけは伝えたい。


風水界、占術界、
そんなに甘っちょろい
世界じゃないです。


ブランド名欲しさ、安心欲しさを求めるのは、全くの自由です。

誰が何を選ぼうと、私には何の関係もないです。


でも、もし本当に風水や占術をお仕事にされたいと

思っているのであれば、常に真摯な姿勢で学び続けることの大切さや、

知識や経験だけでなく、人間性、品格、品位を高める努力を惜しまず

できる人でなければならないと思います。


それを踏まえた上で、資格を取るなり、団体に所属するなり、

それはもう個人の自由です。


お金や権威って、きっと後から付いてくるものだと思います。


風水や占術のお仕事は、人と人との「信頼関係」に他なりません。


この世界に携わる者は、他人の人生の節目に立ち会う存在であり、

心を込めて鑑定させて頂くことを忘れてはならないのです。


私も等身大の自分を認め、向上心を忘れず今日も頑張ります。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-23 07:30 | 哲学 | Comments(0)

2018年度版通書、残り僅かです☆

ご好評を頂いております台湾直輸入2018年度版の通書、

在庫が残り5冊→4冊となりました。


段ボールでどっさりと届きましたのに、

スカスカになってしまい嬉しくも寂しいです。(笑)


今のところ、再入荷の予定はございません。


c0355521_09294858.jpg


















お申込は↓こちらからどうぞ。110.png



先週旧正月を迎え、通書もご活用頂けていると思います。

凶日を避け、日々の暮らしにお役立てください。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-22 07:30 | 吉日選び | Comments(0)

五千頭の龍が昇るお宮~聖天宮~後編

前編の続きです。110.png



青い空と、お宮の赤、黄色がとても映える景色でした。


c0355521_22454897.jpg























あちらこちらに龍がいます。

私自身も龍神様と縁が深いので、とても嬉しいです。


c0355521_22455619.jpg


















香炉の下は、太極のシンボルと、八卦のデザイン。


c0355521_22460925.jpg




















本殿のご本尊様方は恐れ多くて写せませんでしたが、

天井の装飾を少しだけ。


c0355521_22514876.jpg























もう凄すぎて、何が何だか・・・(笑)


こちらのお宮は、1981年着工、1995年開廟しました。


本場台湾より宮大工を呼び寄せ、14年の歳月を掛けて完成した

豪華絢爛、芸術的な建築は見る価値十二分に有りです!


ご興味のある方は、ぜひ是非足をお運びくださいませ。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-21 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

五千頭の龍が昇るお宮~聖天宮~前編

有難いことに、この度ご縁がありまして、

東京から最も近い日本最大級の道教寺院へ行って参りました。


こちらは日本式の神社でもお寺でもなく、道教のお宮です。

【聖天宮の由来】※公式HPより

聖天宮建て主は康國典大法師。 四十歳半ばにして不治の大病を患い、
ご本尊「三清道祖」と縁起をもたれたのを期に一命をとりとめ、
完治されました。

深謝の念と、何人にも神様のご利益にあやかれるお宮を建てたく
建造の地を探していたところ、なんと生国の台湾ではなく
日本国のこの地にとお告げを授かりました。

聖天宮の名、佇まいや方角もお告げがあり、当時、正面の道、
最寄の若葉駅もなかった雑木林のこの地を一から整地し
昭和五十六年より着工に至りました。

台湾の一流の宮大工を呼び寄せ、
十五年を掛け、平成七年に聖天宮を開廟しました。



c0355521_18043377.jpg


















とにかく、とにかく、素晴らしいお宮でした。


それと同時に、

「なぜこのド田舎場所にウルトラC(ミラクル)なお宮が!!笑」

(坂戸市民の皆さま、ごめんなさい!!宣伝するので許して~!!103.png


そのくらいに、凄まじかったです。

とても美しかったです。ぜひ毎年通いたいです。

もっともっと、有名になって欲しいです!!


c0355521_17570728.jpg

















台湾のお写真ではないです。

埼玉県の坂戸です。(←しつこい。笑)


c0355521_18082493.jpg























お宮の中には、ありとあらゆる場所に龍がいて、

なんと、五千頭もの龍がいるそうです。


c0355521_18095633.jpg

















中国式の御神籤も引けます。


c0355521_18124229.jpg


















チャムタン(筒)も、男女別に分かれていました。

中に入っているチャムテエッ(竹棒)を混ぜ混ぜして一本引きます。


c0355521_18194969.jpg
















そして、この籤でも良いか、シンプエーを投げてお伺いを立てます。

横浜中華街にある関帝廟と似たやり方なので、直ぐに分かりました。

陰と陽が揃ったら、籤詩(チャムシィ/おみくじ文)を頂きます。


c0355521_18262777.jpg




























どこを見ても素晴らしくて、ずっと天井を見上げていたので

四十肩がバリバリに・・・(笑)


c0355521_18241241.jpg




























素敵な回廊ですよね~。113.png

まだまだお写真があるので、後編に続きます♡


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-20 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

祝、ブログ三周年!

ブログを始めて、今日で3年が経ちました。

風水コンサルタントとしても、今日から4年目を迎えます。


まだまだ超無名のひよっ子風水コンサルタントですが、

地味に活動して参りますので、どうぞ御贔屓に。(笑)


c0355521_20501866.jpg
















今年はさらに、知識も経験も増やしていく所存です。

皆さまのお幸せのお手伝いが出来るよう、決して驕ることなく、

常に謙虚に、学びを止めることなく、今後も精進いたします。


いつも応援ありがとうございます。

最大MAXの感謝を込めて。


風水コンサルタント
内海莉絵

平成30年2月19日 吉日


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-19 07:30 | ご挨拶 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る