カテゴリ:その他占術( 9 )

心のお守り

本日、二十四節気の「啓蟄」を迎えました。

今日はお雛飾りをしまうにも良い日です。


節入りとなりますのでフライングスターも移動します。

毎月の月飛星を意識されている方は、改善の見直しをしましょう。


改善のポイントは、良くない星がある場所から対処することです。

良い星がある場所は、基本的に綺麗に整理整頓しておくだけで

何か特別なことをする必要はありません。



例えば今日から、北東、東、南東、北西に凶星がありますが、

これらの場所の気の流れを清浄に保つようにしていれば◎です。


また、気の流れの即効性を感じたいのであれば、

家の中の障害物を取り除く事はとても重要です。


以前、片付けのプロフェッショナルである「こんまりさん」こと

近藤麻理恵さんがおっしゃっていたことですが、通常であれば、

自宅の備え付けの収納スペースに、全て物が収まるのが当たり前

なのだそうです。


1DKの家に家族4人暮らしの場合は別の話になりますが、

そうではなく、家族に見合った広さの家に住んでいるのであれば、

収納スペースに物が収まらない方に問題があります。


つまり、物が多過ぎるのです。


物が多過ぎる家に住んでいらっしゃる方は、

それが当たり前になっているため、気の流れに鈍感な人が多いです。

それが当たり前になっているから、もう何も感じられなくなって

しまっているのです。


そういう方が断捨離をすると急に気の流れを体感されるため、

大変驚かれる方も多いですし、環境が変わったことによって心理面にも

影響が出ますから、物事が好転することも良くある話です。


私は風水とはまた別の方法として、場を清浄化させるために

お香(なるべく質の良いもの)を焚きます。


音で場をクリアにするのも良いでしょう。

音が出るものはパワフルなアイテムですから、

金属製のシンギングボウルなどがご自宅に一つあると便利です。

インテリアとしてそのまま置いておけば、病符や五黄の改善にも使えますしね。109.png



アマナマナさんのアイテムは私もお気に入り。


c0355521_07183087.jpg

















※アマナマナさんHPよりお借りしました。



文殊菩薩様(知恵・学問の神様)の彫金、素敵ですね。


寝る前に〇〇をしてから寝る、服を着るときは左袖から腕を通す、

などのように、「自分なりの儀式」というものを持っている人は

意外と多いと思うんです。


宗教的な意味合いとは別に、自分なりの儀式というものを一つ持つと、

精神的にも余裕や落ち着きを持てることがあると思います。


何かをすることによって落ち着きを取り戻せるのであれば、

その「何か」というものは、心のお守りのような存在なのだと思います。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-03-06 07:30 | その他占術 | Comments(0)

中国五術の知恵

中国五術とは、

(めい)・・・先天運・宿命を看る術
(ぼく)・・・易占、奇門遁甲などの占術
(そう)・・・風水、家相、人相、骨相、動相などの占術
(い)・・・・お灸、鍼、漢方、中医学などの術
(さん)・・・心身の鍛錬、瞑想、呼吸法などに代表される術

の5つを指し、これらに精通することにより人生をより豊かに

していこうとする人間の知恵です。


c0355521_21453081.jpg























これら5つ、どれもが重要な分野となりますが、

この中で私が風水以外に注視しているのが「山」の分野です。


おおまかに言えば「心身の整え方」の分野になりますが、

やはり、日頃からの自己鍛錬はとても重要だと感じています。


「獣身を成す」


という言葉がありますが、本当に、人間というものは

身体を鍛えると心も鍛えられるから不思議なものです。


やはり、心と身体は密接に繋がっているのですね。


平昌オリンピックを拝見していても感じたことですが、

オリンピック選手のような特別なアスリートに限らず、

普段から身体を鍛えている人、節制している人は、

様々な感覚が研ぎ澄まされているんですね。


この「感覚」というのは年齢と共に鈍くなるものなのかも

しれませんが、体幹を鍛えたり、呼吸法を整えたりすることで

精神も研ぎ澄まされて、心にも良い影響があるんです。


時々私は筆を執り写経をするのですが、

それも一つの精神統一法かもしれません。


先祖供養のために納経(お寺に写経を納めること)するのが

目的なのですが、結果的に、私の精神統一にもなっているんです。


他にも、散歩中に良いアイデアが閃いたとか、歩きながら英単語を

覚えた方が良く記憶出来るとか、そういうことも実際にあるようです。

身体が動くことによって、心や脳が何かを得ているのですね。


世界に目を向けると、成功者という成功者は皆、

瞑想を取り入れています。

日本でも大ブームですが、瞑想は素晴らしいツールだと私も思います。


私の場合、瞑想と言うよりも、ただボーッとしているだけ

かもしれませんが(笑)、それでも気持ちがスッキリするものです。

特に、海辺で行う「ぼーーーーーっ(無)」が好きです。110.png


皆さんも、中国五術の知恵を生活に取り入れてみてください。

何も難しい事ばかりではなく、簡単なことから始めれば良いのだと思います。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-03-01 07:30 | その他占術 | Comments(0)

「〝運”は実在するのか?」~モーガン・フリーマン~

昨日、立春を迎えました。

これから少しずつ雪解けの季節へと向かいます。

2018年も良い年にしてまいりましょうね。110.png


さて、モーガン・フリーマンのこちらの動画。

「Is Luck Real?」 
Through The Wormhole With Morgan Freeman





「〝運”は実在するのか?」というテーマです。


---以下番組内より---

~約8分以後~

一人がコインを100回投げ、もう一人がそれを記録します。
コイン投げの結果はランダムなはずですが、7回連続で表が
出ることがありました。その確率はどれくらいでしょうか。

7回連続と聞くと特別な事のように思えますが、
100回という大きな枠組みの中で起きたことを忘れないでください。

回数が増えれば、表が続く確率も高まります。
コインを10回投げて表が7回続く確率は2%程度に過ぎません。
しかし、100回投げた場合、こ゚の確率は32%近くにまで高まります。

直感には反することですが、ツイているという状態は
運ではなく、統計的に十分起こり得ることなのです。

人は、変わったパターンに目を止めがちです。

例えば、バスケットボールのスター選手が、4回連続でシュートを
決めれば大騒ぎしますが、5本目を外し、6本目を決め、7本目を外し、
8本目と9本目を決めても気にかけません。

こうした、統計的に起こりそうなことの連続は、
成果が重視されるあらゆる分野で見られます。

昨年は絶好調でも、今年は絶不調かもしれません。
大きな枠組みで見れば、どちらも当たり前の出来事なのです。

だからこそ、必要以上に成功に浮かれたり、
失敗に落ち込んだりする必要はない。

統計学的に見れば「運の良し悪し」はあまり意味がないのです。

 by,ノースウェスタン大学 統計学者 ジョナサン・コーラー

---ここまで---

また、マサチューセッツ工科大学の物理学者、
クリストファー・フックス氏は、量子力学と確率論を
結びつける研究をしています。

彼は、量子力学の根底にあるものこそ、運である。
この世界でものの動きを予測するのは、一種の賭けだ。

とおっしゃっています。

賭け=つまり、ギャンブルであると。

不確定性のあるものの予測。

つまり、いつ頃になれば結婚できるかとか、
いつ頃になれば仕事で成功しやすいとか、
いつ頃に自分は死ぬのかとか・・・

確かに、不確定性要素のある予測ですよね。
健康な人が突発的な事故で急に亡くなられても不思議ではない。
明日は我が身、それも運次第、運命は既に決まっていた、
とも言えるでしょう。

また、何年何月に恋愛運が向いてくる、と言われても、
ある人にとってはギャンブルと同じことであり、
それについては他の占術、例えば、玄空飛星派
(フライングスター)風水においても、同じことが
言えるのかもしれません。

効果が高いと言われてはいるものの、
冷静に考えれば「確実性」や「再現性」がないものです。

そこが、他の占術とは違い「自然」や「氣」を扱う
風水の奥深さであり、魅力の一つでもあります。

最後のパラレルワールドの話も、興味深いものでしたね。

この番組を拝見し、最も良いのは、

人生においてどんなこと(良い事も悪い事も全て)が
起こっても大丈夫な自分でいられるよう、精神を高めたり、
経済力を培ったり、対処能力、危機管理能力を高めるような
勉強や実践を幅広くしておくことが重要


であると、私は思いました。

運命の流れを知ることが出来ると言われている占いは
たくさんありますが、風水で見る個人の「命」(mìng)と
いうのは、その人が持って生まれた資質を見る事から始まります。

つまり、その人の運がこの先どうなるか、という予測の前に、
まずその人自身がどのような気質なのか、どういうパターンに
なり易いか、自分はどんな人間なのか、という傾向を見るために
使われます。

八字では富命・貴命・貧命・賤命という言葉でも表しますね。

それを知った上で、人生の大まかな流れ(運気の上下など)を
知れば、占術が人生に活かせますよ~ということです。

しかし、競馬や宝くじのように、完全に他力本願な土俵で
運の良し悪しが決まるものもあれば、勉強したから試験に合格した
というように、運(結果)を自ら引き寄せる場合もあります。

結果だけにこだわらず、そのプロセスを大事にしたり、
自分の目で確かめてみたりすることも大事です。

では、最後に質問です。

不可変性の運(例:先天性の障害や両親など)ではなく、
可変性の運を変えるためには、どうすれば良いでしょうか?



・・・

答えは簡単です。110.png

自分の行動や、自己マインド(思考癖)を変えることです。

つまり、本人の生き方や日々の過ごし方が「運」を左右する
こともある。「運」は複雑な要素から成り立っているとも
言えるでしょう。

風水や占術を人生に活かすために、
盲目的にならないよう、客観視出来る眼を持ちたいものですね。

Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-05 07:30 | その他占術 | Comments(0)

占術との付き合い方

占術はいつの時代も人を魅了するものでした。

そんな占いについて、占星術研究家の鏡リュウジさんが

素敵なお言葉を残されていたのでご紹介します。

人気モデル、森星さんとの対談です。


c0355521_23453590.jpg


















何か皆さまのヒントになれば幸いです。

----------------------------------------------------

占いは統計学と言われていますが、
全ての占いが統計を取っているわけではありません。
唯一チャレンジしたのが西洋占星術ですが、
統計学上ではその効果は認められませんでした。

でも悩みがある時、例えば健康についてなら、
現代の科学は「どうしてそうなったのか」という
「how」を教えてくれますが、
それが当てはまらない場合もある。

その時に、人は「なぜ自分だけがこうなったのか」
という「why」が知りたくなると思うんです。

その気持ちに、遥か昔から応えてきたのが
占いだと思います。

(鏡リュウジ)

----------------------------------------------------

僕が子供の頃の占いにはロマンがありました。
でも今は、「成功するためには」とかの現実的な内容が多い。

普段の生活がそうだから、
占いではもっとロマンを見たいのに・・・。

(鏡リュウジ)

----------------------------------------------------

僕は、占いには3つの役割があると思っています。

1つ目が、運勢を楽しむ娯楽。
2つ目が、占いで人生を良くしたいという自己啓発。
大事なのは3つ目で、今の社会や人々の考え方を、
別の視点で見るためのフィルターとして、です。

近年は、勝ち取ることなど、そんなことばかりに意識が
向かっていますが、昔の人たちはそうではなかった。

「そんな昔の人たちの価値観や世界観に戻ってみよう」
というのが、一番重要な部分ではないかと。

「今と昔の人、両方のマインドをもてて、
 いろいろな見方ができるということ?」(森星)


そのとおりです。占いの考え方を知ると、
現代と占いをしていた時代、その2つの価値観を
自分の中にもてるようになります。例えば言葉。
森さんは、英語と日本語を両方話されますが、
2つの言葉を使うことで、それぞれの
国の良いところと悪いところを
感じたりすることはありませんか?

「日本語と英語から、よりハートから伝えることが
 できる言葉を選べる、ということはあります。」(森星)


占いもそれと同じ。2つの世界観を知っているほうが
豊かですし、物の見方が偏らなくなります。

「対局のマインドが大事なんですね。
 それは男女の考え方とか、
 いろいろなことにもいえそうです」(森星)


(鏡リュウジ×森星)

引用元:女性ファッション誌「25ans」
    2018年1月号、P.77より 鏡リュウジ×森星対談

----------------------------------------------------

この対談を読んで、鏡さんが思っていることって

今、多くの占術家が忘れかけていたことなんじゃないかなぁと

思いました。


風水にも、現世利益的な部分があります。

金運を上げたい、人間関係を良くしたい。

そう人が願うことは自然なことですし、風水に結果を

求めることは当然あります。


でも、鏡さんはこうおっしゃっています。

占いは、

今の社会や人々の考え方を、
別の視点で見るためのフィルター


でもあると。


現世利益ばかりを追い求めがちな現代において、

占いは単に、ある種のフィルターでしかないということ。


それを忘れない事は、とても大事だと思いました。


私自身も、風水コンサルや風水鑑定において、

現世利益を求められる場面が多々あります。


でも、もっと深いところに、

より大事なことがあると私は思います。


例えば、元気な時は感じ難い家族の健康であったり、

平凡でありながらも感謝出来るような日常生活のことです。


鏡さん曰く、

-----------------------------------------

今、木星は蠍座に入り、
「簡単に善悪の線引きをするのは
 本当は意味がないこと。
 みんな深いところでつながっている」
というメッセージにかわっていきます。

-----------------------------------------

と、おっしゃっています。


みんなが深いところで繋がって、

ピースフルな世界になることを私も願っています。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-28 07:30 | その他占術 | Comments(0)

家を建ててはいけない時期!?~天中殺、大殺界、空亡、厄年~

運命占いが好きな方の多くは、


運命学的に良い時期に家を建てたい

運気の良い時に引っ越しをしたい


と思われると思います。


「家を建ててはいけない時期ってあるの!?」という問いに対しては、

→「占いの世界では、あります。」が答えです。


実際、風水師であれば八字(子平、四柱推命とも言います)を見て

運の流れに適した時期をアドヴァイスするはずですし、

それをもとに、引っ越しや新築をされた方も多いことでしょう。


算命学占いでは、

天中殺

という、約2年間の運の停滞期があります。


六曜占星術では、

大殺界

という、約3年間の運の停滞期があります。


これらの占いに共通することは、12年という運の流れを

一つのサイクルとし、そのうちの連続した2年間、または3年間に、

必ず誰にでも平等に、運の停滞期が訪れるというものです。


宿命大殺界ともなれば、

20年間
も「運の停滞期」に入ることがあります。


西洋占星術でも、星回りを見ると必ず運の停滞期が存在します。


陰陽道では、男性の本厄は、25歳、42歳(大厄)、61歳

女性の本厄は、19歳、33歳(大厄)、37歳、61歳です。


日本では縁起が良いとされる、年男、年女ですが、中国では、

自分の生まれ年の干支=犯太歳、沖太歳(年男、年女)
の人が、

厄年
になります。


国が違えば色々な厄年があって、

実は世界中には、色々な厄年が存在しています。


八字でも大運を見ますが、運の流れに乗りにくい期間が2~3年間

ならまだしも、10年も20年も運の停滞期が続く176.pngとなると、

結婚、出産、子育て、引越、家の購入、会社設立、などと言った、

人生における重要な決断も、し難くなってしまいます。


占いを主軸にすると、必ず時期的な制限が生まれます。

この時期は良くない、お勧めできない、やめておいた方がいい。

そういう時期が、絶対に出てきます。


運の悪い時期に家を建てると、騙されやすいとか、必要以上に

お金がかかってしまうとか、誰々が死んだとか、etc・・・

色んなことを言われて、ますます不安を煽られたり。


施主や引っ越しする方が、運良く、良い時期に恵まれていたので

あればそれに越したことはありませんが、困るのは、運の停滞期の

真っ只中にいる人たちです。


しかし、


家族や相続の問題があって、家を年内に建てなければならない

転勤でどうしても来月引っ越さなければならない



など等、自分の意思ではどうにもならない事情も、

現実として存在していることも確かです。


運の停滞期に引っ越して、その後に悪いことが続いたりすると、

人と言うのは「やっぱり占いで良くない時期だったから・・・」と、

関連付けて思い込んでしまいがちです。


そして、占いが当たると、占い師は得意気にこう言います。

「ほらみなさい。私が言ったとおりになったわ。」と。


そしてますます洗脳され、人生が破滅することに・・・。


私がいつもクライアント様や、講座のお生徒さんに申し上げて

いることですが、ある占いからの側面と、違う占いからの側面では、

吉凶がまるで逆になることがあります。


「人生十五訣」の記事でも書いた通り、

人生を形作るのは決して単純なものではなく、

ある一つの側面で決定付けられることはないのです。


例え玄空飛星派風水で良くても、他流派の考え方によっては、

吉凶が簡単に転じることがあります。


他にも、八字で悪い時期であるとか、擇日が良くないとか、

方位が良くないとか、星占いでは良くないとか、手相ではダメとか、

易ではダメとか、etc・・・

それはもう、際限なく出てきます。


そんな時、あなたはあらゆる風水の流派や占いを用いて、

パーフェクトな時期に人生の大切な決断をすることは出来ますか?


答えは簡単です。

どう考えたって、無理なんです。(笑)


例えば、流行りのエコファー(人工毛皮)を推奨する人たちの中にも、

お肉を食べたり、革製品の靴、バッグ、財布を愛用している人たちも

いることでしょう。(矛盾があるよってことです)


例えば、365日、その年の凶方位にある会社に通勤している人は、

どうなると思いますか?

墓地の前に何十年も暮らしている人は、どうでしょうか?

厄年に家を建てた方は、みんな不幸になっていますか?


つまり、全てを完璧にすることは、大変難しいことですし、

果たして、そこ(完璧)を目指したところで、一体何の意味があるのか。


それならば、


自分に今出来ることを、確実にやればいい。


私はそのように思っています。


未来の予測に占いを用いたいのであれば、

そもそも未来を当てないと、占う意味がありません。


予測通りになる前提で、当てる前提で占うことです。

(それでも外れることはたくさんありますけどね、占いなので。笑)


外れる前提の占いなんて、誰も興味はないですよね?


天気予報が外れたら、誰もががっかりするはずです。

それと同じこと。


大切なことは、例え天気予報が外れて土砂降りの中を歩くことに

なったとしても、「その中からあなたが何を学んだのか?」ですよ。


当然、占いで運の悪い時期に家を引越したり、

家を建てることを勧めているわけではありません。


何か事情があってやむを得ない場合は、

その中からベストな選択を見つけましょう」という、

当然な話です。


運の停滞期にある方でも、擇日を用いてより良い吉日をご提案し、

さらに風水を整え、快適な住まいでお過ごし頂けるよう

最善を尽くして、アドヴァイスをさせていただいております。


運の停滞期に、アクションを起こすことに恐怖を抱いている方へ。

運の悪い時期でも、何かしらの打開策はあるもの。


不運を断ち切れるのは、あなたの「思考」次第です。

自分が乗った船は、自分の手で舵を取るのです。


Rie

------------------------------------------------------

【第2回目メルマガ予告】

本日21時頃、第2回目のメルマガを配信予定です。

★九星気学風水vs中国伝統風水
★ここが変だよ、日本の風水!!


詳しくはこちら↓。




[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-11 07:30 | その他占術 | Comments(0)

天一天上~暦のお話~

前回の記事でご紹介した、中国本場で使用される通書。

通書は、いわゆる中国の吉凶カレンダーです。


c0355521_09045173.jpg





















一方、日本でお馴染みの暦、吉凶カレンダーと言えば、

高島易や、神社暦と呼ばれるものです。



c0355521_19345803.jpg


















私も氏神様の神社より、毎年の年初めに頂いております。

9月の暦を眺めておりますと・・・



c0355521_19311515.jpg





















赤い丸の中に、「天一天上」と書かれている文字があります。

この天一天上というのは、方位の神様である天一神が、天に帰っている

時期を意味します。


実際の期間というのは、癸巳日(本日)から~戊申日までの16日間です。


この期間は方位神が天に帰っているため、

方位を気にすることなく移動できる期間
という意味なんです。


天一神がいなくなる代わりに、日遊神という不浄を嫌う神様が私たちの世界に

下りて来られるので、家の中は綺麗にしておきましょう、という言い伝えですね。


方位の移動を見る時、奇門遁甲や気学など、様々な見方がありますが、

必要以上に怖がらずに、ぜひ楽しんで取り入れてください。


当たり前のことですが、人生は方位術だけで決まるほど単純なものでは

ありませんので、変に怖がったりしなくても、大丈夫です。


こうでなければ、不幸になる!と怖がらせる占い師は無視しましょう。


凶方位に毎回飛んでいるパイロットさんだって、CAさんだって、

ビジネスマンだって、その全員が不幸になったという話は聞きません。(笑)


方位術や暦に限らず、風水も占いも・・・etc

出来る範囲で、自分なりに楽しんで取り入れてくださいね。110.png


2017年の天一天上は、9/3(土)~9/18(月)までの16日間です。

この期間中に、夏休みを取られる方のご参考になれば嬉しいです。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-03 07:30 | その他占術 | Comments(0)

自分の不運は運命のせい!?



179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png


運がいい人ほど、自分の人生を運任せにしない努力をしている。

                     By, メンタリスト DaiGo






自分の理想の人生を手に入れている人は、

多くの人が努力をしています。


例えばもしあなたが「自分は不運だ」と嘆いていたとしたら、

それは圧倒的に正しい努力が足りていないんです。


不運とは、そのほとんどが「正しい努力不足」「不注意」によるものです。

つまり、〇〇占いや△△占いのせいではない、ということです。


こんなに頑張っているのに・・・

血が滲むほど努力しているのに・・・


長年努力を重ねて、いつまでも結果が実らないのであれば、

それは、そもそも頑張り方を間違えています。

もしくは、方向性を間違えているのです。


予備校講師の林修先生が、このようなことをおっしゃっています。


そりゃぁ、ジャニーズに入りたかったですよ。

ジャニーズに入るための努力として正しいのは、

例えば、一所懸命歌のレッスンをするとか、ダンスを習うとか。

じゃぁ、僕がそれをやるのは正しい努力ですか?

ね?

ということです。


                   




どんなに憧れる仕事でも、どんなに好きな仕事でも、自分の持っている資質に

合わなければ、大変な苦労を強いられるか、永遠に叶わぬ夢となるか・・・


正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない

                            By,林修



自分の頑張り方や方向性が間違っているかもしれない!と気付いたら、

その道のプロからアドバイスを受けるのも一つです。


風水と運命占いの最も異なるところは、

環境が人の心理に深く作用している。

という部分です。


巒頭(目に見える家の内側の環境、外側の環境)については、特に顕著です。


運を良くしたければ、自分の性質をよく知って、自分にあった努力をすることが

必要であると私は思います。運と努力はセットということです。


最近何だか上手くいってないなぁ・・・


それは運命のせいではなく、

ただの頑張り方の間違いかもしれませんよ。109.png


間違えた風水改善を行っても意味がないのと同じことで、

まずは自分の本質を知り、正しい努力の仕方を身に付けることが先決です。


ある程度年齢を重ねていれば、自分の性格や思考癖がもう分かっているはず。


自分が何に向いていて、何に不向きなのか。

どういう努力の方法が楽にできて、どうやると苦しくなるのか。


まずはそれを知ることが、あなたの財産になるのです。


運が良い時期だからやる、運が悪い時期だから止める、といった具合に、

不確定な「運」が思考の中心にある人と、

今目の前にあるすべきことは何か、今自分がやるべきことは何か、

という確実に存在するタスクにフォーカスし、

日々正しい努力を積み上げている人。


さて、あなたはどちらが早く成功者になれると思いますか?


しばし「運」という言葉はよく語られるテーマでもありますが、

「運」というものは、

あの時、私が運が良かったのはなぜか。

あの時、私が運が悪かったのはなぜか。


このように、振り返って考えることの方が大事なように思います。


占い師に「老後、私は金運に恵まれるでしょうか?」と聞く暇があるなら、

個人年金にでも入るか、資産運用して貯金を増やすか、一所懸命に働いて

せっせと貯金する方が良いのは当たり前。


占いの前に、「貯金をしなさい」。


「私は今年、選挙に出馬すべきでしょうか?」と聞く暇があるなら、

「今すぐ有権者に頭を下げて回りなさい」。


結果がどうなろうとも、その結果を受け止める器を築き上げるのもまた、人生。

今を懸命に生きている結果が、未来の自分を作るのですから。


成功したければ、成功者の話を聞けばいい。

風水を知りたければ、風水に詳しい人に聞けばいい。


運を味方に付けられる人は、自分に合った、正しい努力が出来る人です。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-10 07:30 | その他占術 | Comments(0)

南北相法~人相学・観相学~

内面の一番外側が、外見である。

所作はその人の心を表す。


というような内容を、このブログでも何度か書いていると思いますが、

それらの特徴の集大成がこちらの本に書かれています。


c0355521_07235461.jpg



















南北相法は、水野南北が書いた人相学の大著でありながら、

大変コンパクトにまとめられた優れた本です。


人相学の面白いところは、顔の作りがどうこうではなく、表情であったり、

癖であったり、動きによっても内面が分かるという事。


例えば、いつも人の悪口や不満を言っている人は「口がひん曲がるよ」と

昔、親御さんに言われたことがある方もいらっしゃるかもしれません。


元々自分が持っている顔立ちは資質(天性)の部分ですが、表情や目の動き、

しぐさと言うのは、とても後天的な部分が大きい。


おどおどしていれば、おどおどした表情になるし、

自信に満ち溢れていれば、黒目がキラキラと輝いているかもしれない。





私自身、人相・骨相・動相などの基礎、観方はこの南北相法で学びましたが、

日頃ニュースで話題になるような方々のお顔を拝見すると、南北相法に書かれた

通りの特徴をお持ちの方も結構多くて、水野南北の研究心の深さ、観察力、努力に

感銘を受けるものがあります。


この本には、対象者がどのような人なのかを見極める方法がたくさん書かれていますが、

その一節には「言語について」(P.68)も書かれています。


〇一、言語はそれを用いる人の貴賤をあらわすものである。

〇一、言葉が賤しい者はその心も賤しい。

〇一、高貴な人はその言葉も高貴である。


・・・

引用文献:「南北相法」水野南北 緑書房より


この先がまだありますが、上記のようなことが書かれています。

つまり、内面はあらゆるところで外に出てしまう。


自分が隠しても、隠そうと思っても、外見や発する言葉に滲み出てしまう。

100%のうちの99%に見えている部分ではなくて、見えにくい1%に、

人の本性や、素顔が隠れて見えたりする。


今の自分の顔(人相)を作ったのは、過去の自分自身。

という事は、今日の心掛けの積み重ねが、未来の自分の顔を作っていく。


自分は「どう在りたい?」という疑問を常に持つこと。

自分の在り方は、人生の在り方でもある。


どんな時でも、良い相で在りたいなぁと思う、今日この頃です。

いつも、相手を思う心を忘れずに。110.png


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-01 07:30 | その他占術 | Comments(0)

とっても簡単、福神日

福神日は10日に1度、どなたにでも巡ってくる日です。

予想外の幸運に恵まれたり、ツキがUPする日と言われています。



まずは、四柱推命を割り出すときに必要な自分の「日干」を

調べましょう。命式だけならインターネットで簡単に検索できます。


日干は「日柱」ともいいます。


四柱推命(八字風水)の四柱とは、年柱・月柱・日柱・時柱の

4つの柱のことを指しています。


ご自分の命式が分かったら、日干(日柱)を見てください。


ご自分の日干   福神日

甲(きのえ)  → 丙(ひのえ)
乙(きのと)  → 丁(ひのと)
丙(ひのえ)  → 戊(つちのえ)
丁(ひのと)  → 己(つちのと)
戊(つちのえ) → 庚(かのえ)
己(つちのと) → 辛(かのと)
庚(かのえ)  → 壬(みずのえ)
辛(かのと)  → 癸(みずのと)
壬(みずのえ) → 甲(きのえ)
癸(みずのと) → 乙(きのと)


例えば、ご自身の日干が甲の方は、福神日が丙となります。

本日7/20(木)は戊申の日ですから、日干が丙の方が福神日です。

明日7/21(金)は己酉の日ですから、日干が丁の方が福神日です。


と、こんな感じで見ていきます。

とっても簡単ですよね。


もっと詳細に吉日を決めたい!という方は、こちらの通書を使いましょう。





いよいよ梅雨明けし、暑さが厳しくなりました。

体調に気を付けて、今日も素敵な一日をお過ごしくださいね。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-20 07:30 | その他占術 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る