江戸時代の磁北

国土地理院HPの記事をご紹介させて頂きます。



上の記事の中で、

『東京周辺の偏角は、およそ西偏7度となり、
 この40年間で方位磁針の示す向きは、約0.7度西に変化しました。

と記載があります。


私としては、この0.7度って、結構大きく感じるんですよね。

単純計算ですが、80年で約1.4度のズレですものね。


大陸が地殻変動によって微妙に動いているように、

磁北もジリジリと動いているのですね。


ちなみに・・・


1,600年頃の江戸時代、西日本の磁北は真北から東に約5度前後

(当時の推測では東に約3.5度)、偏角していたとのこと。



c0355521_14241741.jpg

















今現在の二条城付近は、磁北が西に偏角、

約7度となっていますので、当時とは随分違いますね。


これから建つ家も、今住んでいる家も、オフィスビルも・・・

磁北の移動に伴い、家の向きも微妙に変化していきます。


方位のギリギリに家の向きがある場合、数十年経ったら

家の坐向が変わってしまいそうですね。103.png


逆を言えば、今現在、空亡に乗っているような御宅は、

あと数十年、百数十年~で、空亡から抜けられる可能性もあるかも!?

そこまで建物が現存していれば、の話ですが。(笑)


地球って本当に、大きな磁石の塊なんですね。


Rie


風水鑑定のご相談はお気軽にどうぞ♡




[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-07-09 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る