他人の人生を真剣に考える仕事

本当にごくたまにだが、こちらが助言をしている際、

稀に真剣に話を聞いてくださらない人がいる。


c0355521_11402544.jpg




















こちらも話していて、途中でそれに気付く。

「なるほど、そういうタイプの方か。」

と分かった所で、私は話すことを止める。


なぜなら、これ以上話しても無駄だから。


そういう人は、自分が成長することを既に放棄している。

風水や占いを面白半分で、斜に構えてみているのが伝わってくる。


だから、そういう人に真剣に話をすることがばかばかしく思える。


風水師や風水コンサルタントに関わらず、コンサルやアドバイスを

専門としている人なら共感してもらえると思うが、助言する側は、

お客様が思っている何倍もの時間と労力をかけ、準備、鑑定をしている。


途中で、「これ、半分ボランティアなんじゃ?」と思うくらいに

時間がかかることだってある。


他人の人生を真剣に見る仕事が、この仕事だから。


自分のことを真剣に考えてくれたその時間に感謝できたり、

自分も成長しよう、頑張ろう、と思えない人に対して、

何か助言して差し上げたいという気持ちにはなれない。


私が人から感謝されたいから言っているのではなく、

感謝すら出来ない人間に、運もヘチマもないということだ。


周りの人から応援される人になろう。

その為には、謙虚さ、感謝、己の努力が必要なのです。


Rie


風水鑑定のご相談はお気軽にどうぞ♡




[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-06-09 07:30 | 哲学 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る