五千頭の龍が昇るお宮~聖天宮~前編

有難いことに、この度ご縁がありまして、

東京から最も近い日本最大級の道教寺院へ行って参りました。


こちらは日本式の神社でもお寺でもなく、道教のお宮です。

【聖天宮の由来】※公式HPより

聖天宮建て主は康國典大法師。 四十歳半ばにして不治の大病を患い、
ご本尊「三清道祖」と縁起をもたれたのを期に一命をとりとめ、
完治されました。

深謝の念と、何人にも神様のご利益にあやかれるお宮を建てたく
建造の地を探していたところ、なんと生国の台湾ではなく
日本国のこの地にとお告げを授かりました。

聖天宮の名、佇まいや方角もお告げがあり、当時、正面の道、
最寄の若葉駅もなかった雑木林のこの地を一から整地し
昭和五十六年より着工に至りました。

台湾の一流の宮大工を呼び寄せ、
十五年を掛け、平成七年に聖天宮を開廟しました。



c0355521_18043377.jpg


















とにかく、とにかく、素晴らしいお宮でした。


それと同時に、

「なぜこのド田舎場所にウルトラC(ミラクル)なお宮が!!笑」

(坂戸市民の皆さま、ごめんなさい!!宣伝するので許して~!!103.png


そのくらいに、凄まじかったです。

とても美しかったです。ぜひ毎年通いたいです。

もっともっと、有名になって欲しいです!!


c0355521_17570728.jpg

















台湾のお写真ではないです。

埼玉県の坂戸です。(←しつこい。笑)


c0355521_18082493.jpg























お宮の中には、ありとあらゆる場所に龍がいて、

なんと、五千頭もの龍がいるそうです。


c0355521_18095633.jpg

















中国式の御神籤も引けます。


c0355521_18124229.jpg


















チャムタン(筒)も、男女別に分かれていました。

中に入っているチャムテエッ(竹棒)を混ぜ混ぜして一本引きます。


c0355521_18194969.jpg
















そして、この籤でも良いか、シンプエーを投げてお伺いを立てます。

横浜中華街にある関帝廟と似たやり方なので、直ぐに分かりました。

陰と陽が揃ったら、籤詩(チャムシィ/おみくじ文)を頂きます。


c0355521_18262777.jpg




























どこを見ても素晴らしくて、ずっと天井を見上げていたので

四十肩がバリバリに・・・(笑)


c0355521_18241241.jpg




























素敵な回廊ですよね~。113.png

まだまだお写真があるので、後編に続きます♡


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2018-02-20 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る