建物の形が及ぼす影響力

伝統風水では、建物の形状や土地の地勢にも注目して見ていきます。

それらを総称して、巒頭(らんとう)と呼びます。


c0355521_17501053.jpg



















こちらの建物は、平成〇年に死体が発見された建物です。

凹字型の建物で、簡単に言えば太極が欠けた建物です。

様々な病気、死を招きやすい建物の形状と言われています。

内側の駐車場になっている部分が薄暗くて、強い陰の気が感じられます。


実はこちらの建物、川側が全て柵に覆われていて、出入口が奇妙な位置にあります。

周辺の地勢を見ても、お世辞にも住みたいとは思えない物件です。


こちらは、長崎県長崎市にある端島(軍艦島)にある建物です。


c0355521_07564927.jpg





















この建物に限らず、歪な建物に住む人たち全員が全員、悪いことが起きるという訳では

ありませんが、そういう傾向があるということは覚えておいた方が良いでしょう。


もし歪な建物にお住まいで引っ越せないのであれば、風水を施すことをお勧めします。

プロの風水師さんからアドヴァイスを頂きましょう。


一方、こちらは未だ繁栄を続ける、香港ペニンシュラホテル。


c0355521_07245354.jpg



















山、砂、明堂にある富の泉。

素敵な建物ですね。ぜひ宿泊してみたいです。


全然関係ないですが、TOPにあるヘリポート、

どのようなセレブリティがお使いになるのかしら~。113.png


有名なハイティー(アフタヌーンティー)は大変混みあっていて、日本人も沢山!

ということを友人から聞いたのですが、今はどうかしら!?


香港に行ったときは、機会を見つけて偵察してきたいと思います。

ついでにハイティーも。111.png


それでは皆さま、今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。



[PR]
# by hibikore-fengshui | 2017-06-14 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る