フライングスター風水は占いなのか?

玄空飛星派(英名:フライングスター)風水とは、

9つの星の動きによって建物の吉凶を見ていく風水術です。


扱う数字は、1から9までの9つ。

三元九運(20年毎×9運=180年)という時間の流れをもとに、

数字の吉凶が決められています。


互いの数字の組み合わせや、河図と呼ばれる特殊な理論、

巒頭(室内外の環境)を加味しながら吉凶を見ていきます。


さて、ここで質問。



フライングスター風水は
占いなのでしょうか?




私は、フライングスター風水自体は、

かなり占いに近いものだと思っています。


つまり、当たりもすれば、ハズレもすることでしょう。


効果が高い♪

よく当たる♪

世界中で使われている風水術♪



と言われている人気の風水術ですが、

必ず数字通りの象意が出るという保証はありません。

そういった意味では、占いとなんら変わらない感覚ですね。


念のため誤解のないよう書いておきますが、

占いが悪いんじゃないですからね。(笑)



占いを楽しむことが大事なんですよ。102.png

占いに飲まれるな、ってことです。


一方、何度もこのブログでも取り上げております

巒頭については、占いとは言い切れない面が多くあります。


まず、目に見える環境(=ここでいう巒頭)には、

人間への心理的な作用、影響力があるという事実です。


例えば、あなたの顔の前に、尖ったナイフを突きつけるとします。

さぁ、あなたはどう感じますか???


嫌な感じ、怖い感じを受けませんか?


簡単に言えば、それが「巒頭」(形殺)の影響力です。


この世の中、フライングスター風水を知らない人は

たくさんいらっしゃいます。


c0355521_08470399.jpg


















そういう人たちは、もちろん、自分の家の玄関が

フライングスター風水のどういった数字が来ているか

なんて知りもしませんし、気にもしていません。


しかし、風水を全く知らない人でも、分からない人でも、

周辺環境の違和感を感じる人はいると思います。


周囲の騒音、大きな看板、鬱蒼とした場所、ゴミの匂い・・・etc

そういった環境が、そこに暮らす人に与える影響力。


その環境が、自分のマインドやメンタルに与える影響力。


やはり、風水、特に巒頭の影響力って侮れないなぁと

ひしひしと感じます。


私は、風水鑑定や風水セミナーにおいて、

風水において大切なことは、


巒頭8割:理気2割


とお伝えしています。

理気とは、飛星、時間の流れを加味した吉凶のことです。

つまり、フライングスター風水のことですね。


この割合は、あくまでも私個人の感覚ですから、

必ずしも玄空飛星をされている方が、全員同じように

感じるとは限りません。


フライングスター風水は、どこか数秘術的な、

数遊び的な要素があることも、面白さの一つでしょう。


ちなみに、玄空飛星では大凶とされている2・5の数字は、

ヌメロロジー(数秘術)では、2は調和や結合、5は自由や

行動力などの意味があるそうです。


数と数の組み合わせや、数がもたらす象意の他にも、陰陽五行、

時間の流れを使った吉凶など、フライングスター風水には様々な

魅力があります。そして、風水の面白さ、奥深さにハマり、

のめり込む人たちが後を絶ちません。


皆さんもぜひ、巒頭風水、そしてフライングスター風水を

生活に取り入れて、楽しい風水Lifeを送られてくださいね♡


Rie


[PR]
# by hibikore-fengshui | 2018-01-12 07:30 | Flying Star | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る