春節を祝う~横浜中華街 vo.1~

春節のお祝いで賑わう、横浜中華街へ。
大変賑わっておりました。

c0355521_15144557.jpg












日本なのに、中国の雰囲気たっぷり。
まるでちょっとしたアミューズメントパークのように
心躍る空間です。

午前中に用事があってランチがまだだったので、
軽く(ではない。笑)蟹フカヒレ麺をいただいてから散策スタート!


まずは、関帝廟からです。

c0355521_15253709.jpg


















関帝廟
の詳細はHPでご覧ください。016.gif

入り口右側にあるのは、蝋燭を供える場所です。

c0355521_15274864.jpg


















大極のマークと赤い色が中国らしいですね。
私もお供えさせていただきました。

受付で物凄く長いお線香を購入し、専属のスタッフの方に
火をつけていただきます。

c0355521_15310434.jpg



















火がついたお線香は、1から5番まである香炉を順番に
周り、お線香を1本ずつお供えします。

本堂の中に奉られている關聖帝君は、西暦160年前後の後漢、
三国時代にかけて活躍した実在の武将です。

ものすごくお髭が長くて、お顔が赤くて、見るからに
強そうです。066.gif

本殿回廊にある立派な石龍柱は、台湾から運ばれたもの。
ものすごく立派でエネルギーを感じます。

神殿前では両膝をひざまづき合掌し、
住所、氏名、生年月日をお伝えした後に願い事を言うように
お話がありました。

ご利益は、交通安全、商売繁盛、入試合格、学問成就とのこと。
他にも奉られている神様がいらっしゃるので、主神にお参り後は
自分の願いに合わせて他もお参りされると良いかと思います。


神殿内では、おみくじを引くことができます。
ちょっと変わったおみくじのなのでご紹介しますね。043.gif

「セイチェン」というおみくじ棒の入った筒を手に持ち、住所、
氏名、生年月日、具体的な願い事を1つ告げてシャカシャカ回し、
おみくじ棒を1本振り出します。

次に神筈(しんばえ)という2つの三日月形の神具を床に落とし、
表と裏が出たら、おみくじ棒の番号を係の人に伝えておみくじの
結果をいただきます。

筈が表・表、あるいは裏・裏が出るときは、おみくじ棒を
振り出すところからやり直しです。

筈を3度落としても表・裏が出ないときは、後日改めて
おみくじを行うことが望ましいそうです。054.gif


中国の方は、本当に深刻なことで聞きたい事があるときに
おみくじを引くそうです。日本とは少し違いますよね。

ここぞ!というときにおみくじを引くため、結果は当たって
いることも多いそうですよ。

皆さんも何か悩まれているときに、メッセージをいただきに
関帝廟を訪れてみられてはいかがでしょう。

きっと心にガツン!とくるメッセージを頂けると思いますよ。049.gif

 

[PR]
# by hibikore-fengshui | 2015-02-24 07:00 | Power Spot | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る