隔角殺の家の対策

告知です。173.png

GW期間中、関西以西にて鑑定を行います。


--------------------------------------------------------------------


隔角殺(かくかくさつ)とは、巒頭における形殺の一つで、

以下の図のように、相手の家の角、その他鋭利なもの、突起物などが

自分の家の建物に向いている状態を指します。

※ ブログでは便宜上、殺(さつ)と記していますが、正しくは煞(さつ)と書きます。


c0355521_07313927.jpg















例えば、鉛筆の尖った方を自分の顔の前に向けられたら

良い気持ちはしませんよね。

尖ったもの、角のあるものには、その部分が殺気を放っていると

解釈します。


その家の住人が精神的な圧迫を受けたり、気が不安定になり、

様々なトラブルに見舞われると言われています。


対策としては、簡易的なものであれば暖簾、カーテンなどの設置、

大掛かりなものとしては生垣の設置など、とにかく住人が暮らす上で

なるべく視野に入らないようにすることが大事です。


前回のセミナーでは実例をお写真でご覧頂きましたが、世界を見ると

大砲のオブジェを置くとか、八卦鏡を置くとか(笑)、実に様々な対処法が

ありましたね。


個人の家のレベルで大砲のオブジェやら八卦鏡やらは不必要ですので、

対象の位置が窓であればカーテンをしっかりと閉めること。


玄関などでどうしても使用しなければならない位置であれば、

園芸店で簡単に手に入るような生垣を設置する、遮光ネットのような、

目の詰まったネットを隔角の範囲のみにかける(必要な日光は取り入れる事)

といったことも出来ますね。工夫次第で素敵なエクステリアにもなりそうです。


以下は一例です。

c0355521_08024864.jpg









LIXIL HPより


このような大掛かりなものでなくとも、園芸店に行けばお安い

グリーンネットが多種類売られていますので、急な対策も十分に可能です。


隔角殺の心理的影響は、かなり大きいものと思われます。

原因不明の頭痛や、精神的不安定に悩まされていらっしゃる方にとって、

これらが千円、2千円程度で買えるものなら、試してみる価値はありそうですね。


開運への道は、行動ありきです。

実践したい方は、土用期間が終わったら(5/4以降~)試されてみてくださいね。110.png



[PR]
# by hibikore-fengshui | 2017-04-19 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る