赤を味方につける

今日は羅盤の使用禁忌日です。


羅盤は、本場では「ローパン」と発音します。

いわゆる正確な方位磁石のことで、家の向きを判断する時、お墓を建てる時、

八卦を見る時、八宅を見る時など等、流派によっても使用する羅盤が異なり、

羅盤からはたくさんの情報を得ることが出来ます。


様々な風水師、風水コンサルタントの中でも、この羅盤禁忌日を

気にされる先生は少ないかもしれません。(存在すら知らない先生もいるかも)


さて、今日の東京は、気温が30度になるとのこと。

西日本を中心に夏日となりそうですね。


こうも暑くなると、休日にはサンダルを履きたくなります。

日々様々なタスクがあって、美へのプライオリティが半減・・・?


いかんいかん、と思い直し、ペディキュアを塗りなおしました。


c0355521_07241683.jpg











足元のカラーは決まってCHANELの赤です。

これ以外は塗らなくなってしまいました。

ペディキュアは、一年中しています。


ひと言で赤と言っても、色は複数あります。

今回は、昨年から発売された528番。


他の赤と違い、少し深みのある、大人なREDです。

カラーの名前は、ROUGE PUISSANT。


ピュイサンとは、フランス語で「最強」という意味だとか。

確かに、少し威厳のある赤です。

大人の女性の色、風格のあるREDですね。


これで安心してサンダルが履けます。


そういえば、羅盤の地の色も、赤ですね。(笑)

中華圏で赤は、魔除けであるとか、おめでたい色として扱われています。


熱中症にご注意されて、今日も素敵な一日を。


[PR]
# by hibikore-fengshui | 2017-05-30 07:30 | Beauty | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る