<   2017年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

スペースの有効活用は、時に悪い風水になるかも。

最近はとてもオシャレな家具が増えていて、

生活多様化のニーズに応えるものが人気のようです。


c0355521_08115262.jpg













ニトリより


例えば、子供向け家具の2段式ベッド。


こちらのお写真は3段!!ですが、風水の視点から見ると

下の段に寝ているお子様が圧殺を受けることになりますので、

あまり良いとは言えない家具の代表例です。


c0355521_08264766.jpg














ニトリより


勉強をしているときも、ずっと殺を受け続けます。

この家具はとても人気で普及していると思いますが、

あまりお勧めは出来ませんね。


c0355521_08183224.jpg
















また、こちらのお写真のように、斜め天井の下で

過ごすことも良くありません。


梁の下で眠るのは良くない、と聞いたことがある方も

多いかと思いますが、斜め天井の下も同じです。


c0355521_08333167.jpg















画像:removeandreplace.com


上から来る高圧的な形殺は、頭痛、体調不良、不眠の原因に

なりやすく、精神的にも気持ちが良いものではありません。


日本はどうしても土地が限られているため、狭い住宅に

なればなるほど、狭い空間をどのように効率的に使うか、

ということを重視しますが、効率化ばかりを狙うと、

悪い風水になることもありますので、気を付けましょう。109.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-29 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

第1回メルマガ、無事配信済みです♡

メルマガ記事を書き溜めている関係で、

ブログ更新がゆっくりめになっています。103.png


いつもブログにお越しくださる皆さま、

UP出来ておらず、すみません。


c0355521_19152436.jpg
















先週末は何が起こったのか、過去最高の訪問者数で、

有難く思っています。



c0355521_07570149.jpg

















読者様も毎日増え続けていて、募集してから

僅か数日で、登録者数が40名様を超えました。


私のブログの平均アクセス数から考えると、信じられないくらいに

たくさんの方からご登録を頂いています。

ありがとうございます!!


さらに驚くのは、その中から色々な方がメッセージをくださること。

普通、相手にメールを送るというアクションって、なかなか起こしづらい

ことだと思うんです。


必ず全員の方に、順番にお返事をさせていただいておりますので、

もう少々お待ちください。


メルマガの作成は、どんどん先まで進めているのですが、

書き進めるうちにだんだんディープになり過ぎてしまい、

再構成しているうちに、時間があっという間に立ってしまいます。105.png


兎にも角にも、気楽に読んでください。(笑)


内容も、友人に気兼ねなく語り掛けるような、

ラフな感じで進めています。


・・・が、内容は回を進むごとに斬り込んでます。


ある意味、とても素直に書いていますので、

そんな私も、楽しんで頂けたら幸いです。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-28 07:30 | メルマガ | Comments(0)

伝える心、伝わる言葉。

メルマガ登録をしてくださった、読者さま。


先ほど、記念すべき第1号のメルマガを配信させて

いただきましたが、無事に届きましたか?


99%の方に無事送信済みの確認ができましたが、

携帯電話でご登録をくださった読者様、一名様だけに、

配信エラーが確認されました。


同じ携帯電話会社のメルアドを使われてご登録下さった

読者様複数名には無事に配信出来ておりますので、

多分、個人の受信設定の問題か、入力違いだと思われます。


お心当たりのある方は、受信設定を許可していただくか、

メルアドを再度ご確認、または変更して、改めてご登録を

して頂けますようお願いいたします。


ご不明点がございましたら、遠慮なくご連絡ください。


配信30分後、メルマガ開封率は30.0%と表示されています!

嬉しいです。ありがとうございます!

今から24時間後、数字がどこまで伸びるか楽しみです。


さて、今日は「伝わる文章」について書いてみたいと思います。


メルマガが解除される理由のトップ3は、


1、読みたい記事が無い。(内容がつまらない、学べない)

2、配信数が多くてうざい。

3、宣伝や広告が多くて価値が無い。


と、大体こんなところでしょうか。


メルマガというのは、ストレートに「与えられる場」です。

こちらから相手に直接送ることが出来るお手紙ですから、

私にとってはすごく親しみを込められる場です。


その一方で・・・


実はメルマガって、書き方があるそうなんです。(笑)


だから、起業塾などでブログやメルマガの書き方を習った人の

文章って、どれもこれもテンプレートみたいで直ぐに分かるんですね。


私は、起業塾やブログの書き方塾みたいな講座には参加したことが

ないので良く分からないのですが、確かに、相手に伝わる文章の

ポイントや書き方は、テクニックとしてあると思います。


でも、そこに「心」がないと、文章が死んでいるんです。


そういう死んだ文章がある一方で、


この人、いいこと言う!!

うわ~、私も同じこと思っていたわ~!!

耳が痛いけど、私もそう思う!!


といったように、ただの共感ばかりではなく、

真意を見抜く、心に響く文章が書ける人もいます。


私は文才もないですし、なかなか良い文章は書けないのですが、

一人だけでも共感して頂けたらいいなと、ブログやメルマガで

発信していきますので、宜しくお願いいたします。110.png



第2回目のメルマガ配信は、10月11日(水)頃を予定しています。


【第2回メルマガ予告】

★九星気学風水vs中国伝統風水

★ここが変だよ、日本の風水!!




私の目線でぶった切ってます。(笑)

どうぞ、お楽しみに。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-27 21:30 | メルマガ | Comments(0)

リアルな風水事情

風水を学べば学ぶほど、これほどまでに奥が深いものかと

毎回打ちひしがれています。


c0355521_17180879.jpg
















先日、一級建築士の方々が集まる展示会に縁あって

参加させていただいてきました。


20軒以上~の住宅模型を一度に目にしたのは初めてで、

どれも興味深く見させていただきました。


一番感動したのは、長野県に建てられたという別荘。

屋根の角度、庭の作り、柱の渡し方など、全てが自然に沿っていて

本当に素晴らしい別荘でした。


私は風水学者ではありませんが、面々と受け継がれている風水術が、

今この時代、少しずつ途切れ始めているのではないかと危惧しています。


歴史ある風水術を受け継ぎたい。


そう思っている若い人が、本当にごく一部の限られた人たちで、

若い多くの方が「風水?何ソレ?気にしませーん」という人が

すごく多いと思う。


風水界には色々と深い事情があって(汗)、

秘儀・秘術が簡単に公開出来ない訳です。


その理由もメルマガに書きたいと思っているのですが、

話がディープになり過ぎて、ボツになるかもしれません。103.png


私も伝統風水の流派を正式に享受された人ではありませんが、

全てはご縁ですので、いつか良いご縁に巡り合えるときまで

精進していくつもりです。


明日はいよいよ、第1回目のメルマガ配信予定です。

まだチェックされていない方は、こちらをご覧くださいね。




Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-26 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

新嘗祭の前に

秋分の日も過ぎ、秋本番となってきましたね。


9月のフライングスター風水は、全て年の飛星と

月飛星の数字が重なる期間となっていますが、

何か変化は感じられていますか?


実りの秋、という言葉の通り、秋は豊穣を意味しています。

実りの象徴でもあるお米、既に今年の新米が出回っていますが、

なんと、天皇陛下は新嘗祭(毎年11月23日)が終わるまで

新米を召し上がることは無いとのことで、一般庶民の私たちの方が

先に新米を頂いているということを知ると、何とも恐れ多いと

思ってしまいます。105.png


だんだんと朝晩も涼しく感じられるようになり、

そろそろ冬の身支度を・・・という時期にもなりましたね。


この間、秋冬のお洋服を買いに行きましたところ、

なんとかフェアとかで、ノベルティをいただきました。



c0355521_07440648.jpg
















今のノベルティって、こんなに豪華なんですか?(笑)

ローションの香りなど、とても爽やかで落ち着いていて、

お手入れの楽しみが一つ増えました。


さて、いよいよ明後日から、私のメルマガがスタートします!

週末は、初日の人数の約2,5倍の方がメルマガ登録をしてくださり、

大変嬉しく思っています。





まだチェックされていない方は、ぜひご覧ください。


今週は9月の最終週ですね。

素敵な日々をお過ごしくださいませ。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-25 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

メルマガ登録ありがとうございます♡

昨日、ご案内させていただいたメルマガに

早速ご登録いただいた皆様・・・!!




本当にありがとうございます。110.png


たった一晩にして・・・


c0355521_07310750.jpg
















ドドドドド・・・と、

ご登録通知をいただき、大変嬉しいです。


私自身、読者数にはまーったくこだわっておりません。


さほど読まれていない100名の読者様よりも、

ご興味を持って読んでくださる5名の読者様がいればいいと、

そう思っています。


現在、第1号メルマガの下書きを見直したり、

配信設定を確認しているところなのですが、


第1回目の内容からディープな話になってしまったので、

再構成しているところです。(笑)


雑誌の後ろの方のページに、地味~にあるコラムのように、

気軽に読めて、なんとなく、人柄も感じられるような。


そして、皆さんに「ふふっ」と笑って頂けるような、

そんな文章にしています。


メルマガ登録完了の自動メールは、届いていますか?

もし届いていないようでしたら、ご連絡くださいね。


さて、現在はお彼岸中です。

9/26(火)が彼岸明けとなりますので、

お時間のある方はお墓参りに行けると良いですね。


第1号のメルマガ配信は、彼岸明けの翌日、

9/27(水)21時頃~を予定しています。


それでは皆さま、配信をお楽しみに。109.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-22 07:30 | メルマガ | Comments(0)

期間限定メルマガのお知らせ

皆さまこんにちは。

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。


今日はお知らせです。


この度、期間限定のメルマガを発行させて頂くことになりました。

配信期間を約「一年間」と決めてメルマガを発信していく予定です。


現在は色々と基本的な設定を確認中なのですが、

全てが初めてなものですから、上手く出来るか不安です・・・105.png


メルマガは不定期の発行で、登録料は無料です。

毎日届くような日刊メルマガではありませんのでご安心を。


約一年間の配信予定なので、雑誌の年間購読みたいなイメージです。


メルマガが少しでも充実するように、楽しんでいただけるような

記事の作成を頑張りたいと思います。


ちなみに、当たり障りのない文章のメルマガって、解除率が低いそうです。

なぜなら、誰の心にも響かないから。(笑)


そういうリアルな声を起業家さんたちから聞いて、メルマガって、

誰もが簡単に書けるようなツールとは、また違うんだなと思ったんです。


柔軟に、自分のやり方で発信していこう!と。


心にゆとりを持ちながらメルマガを配信できる、自分だけの環境を作りました。

もし要らなくなったらいつでも解除出来ますので、ご安心くださいね。


配信は、2017年9月末から~約1年間の予定です。


内容は、主にフライングスター風水のことや、それに関連した

風水情報、暦のこと、毎月の凶日、凶時間、私の思想哲学、中国や台湾のこと、

日本の風水界について、また、時には面白そうな情報も?あるかもしれません。


あ、時々はセミナーや鑑定の宣伝もさせてくださいね。(笑)


特にセミナーを開催する際は、メルマガ読者様限定で、

いち早く情報をお伝えし、優先的にお申込みをお受付したいと思っています。


メルマガは、私が心を込めてメルマガのための文章を書き起こします。

つまり内容は、「メルマガ読者様限定の記事」となっています。

ブログには一切転載いたしません。


これからどんな内容のメルマガが書けるか、自分でも楽しみです。

まずは一年間、挑戦してみます!


風水に関して聞きたいこと、知りたいことがありましたら、

ぜひメールでお寄せ下さい。


第1回目のメルマガは、来週9/27(水)21時頃に配信予定です!


【第1回メルマガ予告】

主な内容は・・・

☆私が風水コンサルタントになるまで
☆今すぐ知りたい!!10月の凶日、凶時間



パソコンや携帯電話のメルアドで簡単に登録できます。


ぜひ読者登録してくださいね。109.png


内海莉絵メルマガ~Rie's Notebook~登録フォーム


メルマガ登録後、直ぐに登録完了のメールが配信されます。

メールが届いていない場合は、お知らせくださいね。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-21 07:30 | メルマガ | Comments(0)

高層ビル、タワーマンションの風水

風水は、何千年も昔に中国で生まれた思想です。

しかし、本場中国においても、昔ながらの住宅は減る一方で、

現代の住宅事情も一変。


それに伴い、風水に関する対応の仕方も少しずつ変化をしている

ように感じています。



c0355521_23294855.jpg











香港政府Facebookより


風水の本場でも高層ビルが立ち並び、タワーマンションも

相変わらず人気を博しています。


ちなみに、世界の都市の超高層ビルの数の世界一は、

風水大国の香港であることをご存知でしたか?




日本では、高層ビルやタワーマンションの風水について、

様々な都市伝説が流れているようです。


例えば、

・大地の気を得られない

・子供が流産しやすい

・不健康になりやすい

・・・

などを、耳にすることがあります。


また、風水では「露風殺」(ろふうさつ)といって、周辺環境に

比べて、あまりにも高いビルは良くないとされる考えもあります。


これについては色々な見方があると思いますので、ここで議論は

いたしませんが、私個人の視点からお話ししたいと思います。


まず、地上の気を得られにくいという説について。

これについては、私は2つの視点から捉えています。


一つ目は、大地から受ける家そのものの「気」(エネルギー)。

二つ目は、大地から受ける人間に作用する「気」( 〃 )。


家そのものが大地から遠ければ遠いほど、大地からのエネルギーは

受けにくくなると考えるのは自然ですが、実は建物は「宙に浮いている」

のではなく、どんなに高いビルや高層マンションであっても、必ず大地から

(1階から)繋がって建物が作られています。


つまり、大地のエネルギーは、

「建物全体で受け止めている」

とするのが、私が考える一つの仮説です。


風水でいうところの「気」は、龍脈から流れてきた気を建物が受け、

影響していると考えます。上に行けば行くほど気が届き難い、というのは、

上に行けば行くほど酸素が薄くなる、という空気の考え方と混同している

のかもしれません。


ちなみに陰宅(お墓)の風水では、「気」についてとても重視して

いるんですね。


これを「人間」に置き換えてみます。

人間は、足の裏から、頭のてっぺんまでが繋がっていますよね。


重力の関係上、血圧の上下バランスは異なると思いますが、

心臓を拠点とし、血液は、足の裏から頭のてっぺんまで、常に循環しています。


頭は大地から一番遠い場所にありますが、足の裏は大地と繋がっていて、

身体自体が宙に浮いていること(大地との完全分離)はありません。


つまり、大地から受けた気は、身体全体を巡っていると考えられます。

これを建物に戻すと、建物も大地から気を受け、

建物全体を気が循環していると考えることも出来ます。


以上はあくまでも私の仮説ですが、気というエネルギーは目には見えないため、

どこまでに気が届いて、どこからは気が届かない、「気」は重力と関係して

いるのか、大地から受ける気はどのようにして人間に作用しているのか、などの

科学的根拠や説明は、かなり難しいのではと思います。


二つ目は、大地から受ける人間に作用する「気」について。


例えば、高層ビルに勤務されている人や、高層マンションにお住まいの人は、

一日中ずっと、その建物から外出しないわけではありません。


普通の生活をする上で、外に出て、大地を歩き、気を吸収しています。

つまり、高層ビルや高層マンションにいるからと言って、

人間の身体が大地からのエネルギーを受けていない訳ではない。


外を歩けば必然的に土地の気を吸収し、

しっかりと大地の気を体内に取り込んでいる。


高層階にいるから運動不足であるとか、そういう理由は本人の問題に

過ぎないのであって、高層階に勤務する人、住まう人が、必ずしも運動不足で

あるかどうかは、あくまでも個々の事情によるものであるということです。


1階、2階に住んでいる人でも、引きこもりの方は幾らでもいるでしょうし、

高い場所にいるからといって、不健康になる、子供が産めない、

大地の気を得られない、という考えは、少々納得に欠けるものがあります。


数百年後の世界で、家が空に浮いているようになったら(笑)、

また風水事情も変わると思うのですが、あくまでも現代において、

高層ビル、高層マンションについては、都市伝説は気にする必要は一切ない、

とするのが、今のところの私見です。


ところで、高層ビルの高層階は、家賃が物凄く高いですよね。

例えば、六本木ヒルズレジデンスの高層階は、1か月の家賃が100万円~は

ごくごく普通の価格です。駐車場代も、1か月5万、6万は当たり前。

地方では、広いアパートが借りられそうな価格ですよね。


つい100年前、200年前~の、高層建築の代表と言えば、

お殿様が住んでいた「お城」です。


名古屋城の高さで言うと、大体20階建ての高層ビルと同じ高さです。


庶民がお殿様よりも高い家を建てたら、お縄を頂戴になってしまうでしょうから、

昔の人はお城を見て憧れたり、お殿様の権威を感じていたのかもしれません。


高層になればなるほど、富裕層しか住めない、借りられない。

やはり、富裕層が住む建物には、自然と富気が宿っていると感じます。


さて、高層ビルと言えば、心配されるのが地震や火災の時です。


日本は地震大国のため、高層ビルを建てる際は、世界一と言われるほどに

厳しい建築基準で建物を建てています。


つまり、国内における高層ビル、高層マンションが倒壊するほどの

地震が来たとすれば、それはもう、その地域全体が全滅のレベルです。


そのくらいに、厳しい建築基準、建築水準で建てられているのが、

現在の日本の高層ビル、高層マンションです。


また、地震に限らず火災においても、高層ビル、タワーマンションは

危惧される点があると思います。


今年の6月に、ロンドンでグレンフェル・タワーという高層ビルが

火災になり、世界的にも大きな話題になったのを覚えていますか?


あのビルは、高層なのにスプリンクラーが設置されていませんでした。


高層化する建築物における防火安全対策 東京消防庁
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kk/pdf-data/21k-jt-all.pdf


日本ではこのような怠慢は少ないと思われますが、国内で高層ビル、

タワーマンションを選ばれるのであれば、比較的新しい建物の方が

最新の防火設備、防火対策が整っているかもしれませんね。


それこそ、いつどこでどのような地震、火災が起きるなど

誰にも分からないのですから、危険性があるのはどの地域でも同じです。


高層ビルの場合は逃げ遅れたりすると大変ですから、日頃から防災グッズの

点検をしたり、訓練に参加したり、防災に対する意識を高めておくと良いですね。


結論としては、防災意識を持つことであったり、高層ビルに対するメリット、

デメリットを把握することの方が重要だということです。


これから益々、世界の住宅事情も変わっていくことでしょう。


風水の基礎基本を大切にしつつも、住宅事情の変化に伴い、

風水の考え方や捉え方も、今後益々、柔軟性を持って対応していかなければ

ならないのかもしれません。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-19 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

弁天様御縁日

誰もが思う、平和の願い。

そんなわけで、今日は弁天様のご紹介です。


少し前に、弁天様の御縁日にお参りに行ってまいりました。

弁天様の御縁日は、「巳の日」です。

ちょうど本日も「乙巳」なので、弁天様の御縁日です。


巳の日は12日に1度訪れますが、60日に1度訪れる「己巳」の日が

一番良い日とされていて、弁天様がいらっしゃる神社さんなどでは

弁天信仰を持つ方々で賑わっています。


この日は曇り、時々パラパラ程度の小雨。


c0355521_07471965.jpg
















龍神伝説が残るこの島には、雨はとっても相応しい。

晴れていると、富士山が見えます。


c0355521_07444193.jpg


















私は弁天様が大好きなんです。

女性の神様である弁天様は、その美しさからは想像できないほどに

力強く、逞しく、深い愛情を持って、参拝客を迎え入れてくださいます。


c0355521_07470646.jpg















洞窟にも足を延ばしました。

この洞窟内は、富士山と繋がっているポイントがあると

信じられていて、ここに来るとすごく元気を頂けたり、勇気が湧いてくる。

私にとって、大切な場所です。


今日も心を穏やかに。

皆さまもいつも通り、変わらずお過ごしになれますように。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-15 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

秘密の風水が、秘密ではなくなる日。

風水は、もともと中国の皇帝や、貴族階級の人たちが使用していた

とてもとても機密性の高い情報でした。


そのため、国家事業に関わった風水師たちは、

後に殺されてしまった・・・という話も残っているくらいです。


また、風水術を他に漏らさないようにするために、自分たちの流派の本に、

わざと少しだけ間違ったことを書いて残しているという話もあります。


つまり、大事なことは、全て弟子たちの「口伝」で後世に伝えられている、

ということなんです。


だからこそ、風水を「誰から学ぶか」ということが重要なんですね。


そして、今この時代は・・・


インターネットが当たり前の世界になり、一瞬で世界中の人たちと

繋がることが出来る世の中になりました。


風水に関する情報も、以前このブログでもご紹介したように、

英語や中国語を使えば、かなりの情報が無料で見られる世の中になったのです。


もちろん、無料の情報には、多くの「間違い」も含まれています。

しかし、それを含めたとしても、本当に情報が一瞬で手に入る世の中に

なりました。


私はこれからの時代は、一部の人たちが「情報を握りしめる行為」って

無くなると思っているんですね。


というか、出来る限り無くなっていけばいいなと思っています。


もちろん、教える方もビジネスともなれば、何でも無料でヒョイヒョイと

教えてしまってはビジネスでは無くなってしまいますが、それでも、

もうある程度のことって秘密にしても、答えは世界中で手に入ります。

やはり社会で大成功をされている人って、与え上手です。


さてさて。


少し前にOAされたTV番組で印象的だったのが、ハンガリーから来日した、

天ぷらが大好きな若い男性のお話。


c0355521_23471951.jpg














天ぷらの老舗店に体験入門し、大好きな天ぷらを学ぶという内容でした。


彼は天ぷらを教わる中で、天ぷらに対する熱い気持ちがだんだんと

確信的なものになり、「いつか本気で教えて欲しい!」とお店の大将に

伝えるのですが、その時に返した大将のお言葉が、とても愛に溢れていて

大変感動しました。


僕の知っていることはみんな教えてあげる。


そこには、日本の伝統食への握りしめも、秘伝の握りしめもない。

僕が知っていることで良ければ、何でも盗みなさい。


という、まさに「本物」だからこそ言える、とても温かいお言葉でした。


きっと彼がハンガリーに帰って天ぷら屋さんを開店したとしても。

大将のやり方を真似たり、味を盗んだとしても、きっとこの大将は泣いて喜んで、

温かく見守ってくれるのだと思いました。


大将が持っている技術や情報、レシピが誰の手に渡ろうとも、

大将が揚げる天ぷらは、大将にしか揚げられないオンリーワンの天ぷらです。


誰に真似されてもまーったく困らない。

なぜなら、大将が本当に天ぷらを愛しているから。


天ぷらは誰のものでもない。

天ぷらの本当の良さを、みんなに知ってほしいと思っているから。

むしろ、広めてくれてありがとうと思っているから。


ありがとうは、必ず巡り巡って、ありがとうで返ってくる。

自分に自信があるからこそ、惜しみなく人に与えることが出来る。


一緒に頑張ろうよ。

天ぷらやろうよ、って言える。


格好良過ぎますね。


これを他の職業に置き換えると、色々なことが見えてきます。


秘伝や技術、知識を教える代わりに、生徒さんを縛り付けるのは、

私自身、ものすごく違和感を感じる。


例えば大将が、

『ハンガリーに戻ったら、私が教えた天ぷらを真似するんじゃないぞ。』と

言ったら、もうそれは愛じゃないわけで。


私が『教えた風水は真似しないでね。秘密だからね。誰かに喋ったら訴えるよ。』

って言ったら、皆さんどう感じます?(笑)


だからといって「何でもアリ」ということではないんですけどね。

最低限の、ルールやモラルは大事なわけで。


人に与えるって、本当はこういうことなんだと感じさせてくれた番組でした。

多分きっとこれは、どの業界でも同じなんだと思う。


愛が循環しないビジネスに繁栄はない。

握りしめる世界を捨てること。


私ももっと自由な発想で、皆さんに伝統風水の素晴らしさを

伝えられたらいいなって思っています。110.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-14 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る