<   2017年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

世界の風水建築

香港、マカオ、深圳など等、本場にはたくさんの風水建築が存在します。

私たちが住むような、一般宅の風水とは大幅に異なる作りがされているため

風水に興味がある人が見れば、とても面白い建築物だと思うのでご紹介しますね。


Grand Lisboa Hotel

c0355521_07591000.jpg














※お写真はHPより

こちらはマカオにあるホテルです。

くびれ!が印象的なホテルですね。


MGM Macau 美高梅


c0355521_08033208.jpg




















通常、このように建物の表面がうねうねするのは凶とされますが、

この建物はとってもうねうねしています。(笑)


こちらは深圳にある、供電局の建物。


c0355521_08092240.jpg



















この外観、香港や日本にも似た建物ありましたね!


地王大廈

c0355521_08213076.jpg















一番左、角が2本生えている建物が地王大廈です。

その手前にある細長い建物が可哀そうになるくらいですね。

一番右の建物は、日本のyokosoビルにそっくり。

yokosoビルはあの形ですが、とても人気があってあまり空室がないんです。

場所も良いですし、使い方によっては便利なのでしょうね。


こちらは私のお気に入りビル、Golden Centre!!

金龍中心

c0355521_08311968.jpg






















周囲に大量の「煞」を振りまくこの建物!!(笑)

圧巻のゴールド鏡面張り!!


c0355521_08330723.jpg












極めつけは、この平面図。

中国の凄さを感じずにはいられない建物です!

こちらは蘇州にある財富広場

うーん、いい名前!113.png

c0355521_08442578.jpg
















こちらはショッピングモールなのですが、こういう風に建物内に明堂、

吹き抜け、エレベーターを意図的に設ける作りは多いです。


高雄にある、東帝士85ビル


c0355521_08505302.jpg


















LEGOで作ったみたい。

ご覧のように、真ん中が大きく空洞になっています。

ビルの中心を意図的に抜けさせる建物はたくさんあります。


建物を建築するときは、周囲の気の流れを考慮しながら外観を決めていきます。

ラスベガスの超有名ホテルなどが良い例だと思いますが、良い気をさらに吸い上げて

建物の中に富貴を取り込んでいくんですね。


まだまだご紹介しきれませんが・・・

以上、世界の風水建築でした。177.png


今日は期末の最終日!

明日から新しい門出を迎える方も多いのではないでしょうか。

新しい風を受け、希望と自信に満ちた日々を過ごすことが出来ますように。179.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-31 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

家の外側の環境も大切です

風水の改善法において、建物であれば基本的には何かしらの改善法を

アドバイス出来るものだと思います。


しかし、巒頭から見て凶相のある環境については、風水的な改善は

非常に難しく、限界があります。


絶対に改善方法がないというわけではないのですが、

ほとんどの場合が気休め程度にしかならないでしょう。


私が個人鑑定を行うときに、建物で一番重要視しているのが「陽宅三要」

といって、①玄関、②台所、③寝室、この3か所です。


この3か所に特別な凶相がなければ、その家は100点ではなくても

まあまあ良い、にはなります。


しかし、これが家の外側の環境、室外巒頭になると話が変わってきます。


度々ブログでも登場する路殺、高圧線の鉄塔近く、高速道路の近くなど、

殺気が帯びている地域に家があれば、理気により室内をどんなに改善したとしても、

住み心地はなかなか良くならないですよね。


理気派は万能ではないため、必ず巒頭派と併せて風水を見ることが大切です。


こちらは、よくある集合住宅のパターン。


c0355521_07505207.jpg















あなたなら、どの家を自分の住まいに選択しますか?

それとも・・・


判断に困った時は、あなたが信頼する風水師、風水コンサルタントに

ご相談ください。


一生、後悔する前に!!



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-30 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

運の良さの正体

運の良さの正体とは、粘り強さのことだ。

運がいい人ほど気長にチャンスを待って努力を続け、

すぐに見切りをつけずにじっくりと観察して本質に迫ろうとする。

ギャンブルなどのような物を除き、人生における運のよさとは単なる確率の問題ではなく、

集中力と自己コントロールの問題なのだ。

(メンタリスト・DaiGo)


--------------------------------------------------------------------


もしあなたが本当に自分の運を良くしたかったら、

自分の運命を自分で勝手に決めつけないことです。


占いでは、今はダメな時期だから・・・

風水では、良くない家に住んでいるから・・・




で???




あらゆる占いも風水も、ある側面から見れば一つの壮大な統計学です。

確率が100%ではないものに対し、あなたは依存し過ぎていませんか?


c0355521_08572315.jpg















風水は利用するものであって、依存するものではありません。


もしあなたが命運やら、風水やらに本気で惑わされているのであれば、

思い切って全てを止めてみることです。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-29 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

和やかな伝統風水勉強会でした♪

都内会議室にて、無事に勉強会を終えました。

先日の伝統風水勉強会にご参加くださった皆さま。053.gif

貴重な時間をご一緒させて頂けて、本当に楽しかったです。

終始和やかなムードで進み、途中、ご質問にお答えさせて頂いたり、

ほほーっ!あり、笑いありの、楽しい時間を過ごさせていただきました。

遠方よりお越しいただいた方々にも深く御礼申し上げます。

ご参加、ありがとうございました。


c0355521_20393096.jpg

















ご覧の通り、私の主要媒体はこのブログしかなく(笑)、

広く宣伝もしておりませんし、一日のブログアクセス数も

数千、数万というようなこともありません。


当初は「どなたもいらっしゃらなかったら一人で勉強会しよう~007.gif」と

考えておりましたのに、皆さんが集ってくださって、感謝以外にありませんでした。


c0355521_22033947.jpg

















皆さまへお配りした、レジュメを入れたクリアファイル。

お持ち帰りいただき、とても好評でした☆


直ぐに飛星の飛ばし方もマスターされ、呑み込みの早い皆様に

驚くとともに、安心して勉強会を進めることが出来ました。

これで風水師さんに頼らなくても、何年先まででも、ご自分の手で

飛星盤を作盤し、フライングスター予測が出来るようになりましたね。

素晴らしい・・・!!


その他にも、皆さまとたくさんの学びを共有することができ、

腑に落ちなかった部分が少しでもクリアになっていたら嬉しいです。


----------------------------------------------------------------------

以下、アンケートにお答えくださったご参加者様のお言葉の一部を
ランダムにご紹介させていただきます。

----------------------------------------------------------------------

お名前(HN):AK168様
ご年齢:30代

Q、本日の勉強会はいかがでしたか?

A、わかりやすかったです。あっという間の2時間でした。
 内海さんの勉強会はとてもバランスがいいので
こうでならなければらならない、とか、寛容しながらなので)
 肩肘はらず?に参加しやすいです。


Q、開催場所はいかがでしたか?

A、立地も雰囲気も申し分ない。

☆その他何でも、ご自由にメッセージを頂けたら嬉しいです。

内海さんがこの先考えられている勉強会のテーマがいくつかあったら、
事前にインフォメーションいただけると、より参加しやすくなるかなと思います。

----------------------------------------------------------------------

お名前(HN):C・I様
ご年齢:40代

Q、本日の勉強会はいかがでしたか?

A、素朴な疑問点も伺えたので良かったです。
 テキストページ数は少なかったですが、それでも時間が足りない気がしました。
 テキストページ数少ないけど…というのは、少ないけど内容が盛りだくさんで
 時間が足りないということで…
 逆に枚数多くても時間的に消化は難しいというほど内容が濃かったです。

Q、本日の勉強会の内容はいかがでしたか?


A、とても参考になった。
 もし、今後も回数を重ねて開講する機会があるのでしたら、
 受講時間が長くてもいいので事例やレメディの実践方法を教えて
 いただきたいです。受講料アップでも構いません。

Q、主宰者の対応や教え方、雰囲気はいかがでしたか?
  
A、とても歯切れ良く、分かりやすく説明していただきました。
 
-----------------------------------------------------------------------

ほんの一部のご紹介ですが、その他にもお答え頂きました皆さま、

大変参考になるお言葉をありがとうございました。


特に作盤のプラクティスは、一般の方だとなかなかやる機会のない作業なので、

「教えてもらえて良かった」との嬉しいお言葉も頂きました。


次回の伝統風水勉強会の時期はまだ未定ですが、皆さまと風水を共有でき

とても楽しかったので、また開催させて頂きたいと思っています。


勉強会は2時間・1回完結なので、気軽に参加できるところが魅力。

今後は基礎からしっかりと風水を学んでいただくために、セミナー開催も

視野に入れて、じっくり焦らず、準備してまいりたいです。


勉強会とセミナー、それぞれのメリットを活かしていきたいな。


今回時間の都合がつかずご参加できなかった皆さまも、

次回ご都合が合えば、ぜひご参加くださいね。053.gif



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-28 07:30 | 勉強会&セミナー | Comments(0)

必要なセミナーの見極め方

分かりやすい記事を見つけたのでご紹介いたしますね。


もしあなたがこれから何かのセミナーに参加される予定でしたら、

上の記事をご一読して頂いて損はないかと思います。


記事に出てくる、1番目の権威催眠はよくある手法。

「世界が~」とか、「有名人を~」とか、聞くと「すごい!」と

思ってしまいがちなフレーズを多用している場合です。


「今すぐ運命を変えられます」「受講後すぐにプロになれます」など、

甘い言葉を呼び水にカモを誘います。


8番目のフロントエンド商法も、多方面で存在している

マーケティング商法です。


フロントエンドのセミナーだけで終わる単発の講座なのか、

それとも、その先にある本セミナーに勧誘させるためのセミナーなのか。

それを見極めることが出来たら、必要以上のお金を使わなくて済みますね。


マーケティング戦略のカモになるのは簡単ですが、その先に何が待ち受けて

いるのか?を意識しながら選ぶと、詐欺には引っかかりにくくなります。


あえて(故意に)マーケティングに乗っかって勉強しにいく、という

荒修行もありますが。(一般の方は進んでやらないように。笑)


相場がある業界であれば、相場を見てから決めるということも出来ますね。


値段に見合った商品、内容(適正価格)かどうかは、売り手が決めると

思われていますが(実際に値を付けるのは売り手なので)、実は買い手の

ジャッジであったり、満足度によって価値は決まります。


自分がその講座に対して価値があると思えばそれでOK。

価値が無いと思えば、行かなければOK。


行ってみて、満足することが出来ればラッキー。

行ってみて、満足することが出来なかったら、それは人生の勉強代。


これは風水セミナーに限らず、あらゆる場面で起こりうることです。

レストランなどが良い例でしょうか。

実際に食べてみないと、味は分からないというのと同じですね。


c0355521_09075483.jpg

















私が開催する講座は、ラッキーか、残念ながら勉強代だった、

料理が美味しかった、不味かった、のような2択ではなく・・・


あなたから学べて良かった!

あなただから参加できた!



と思ってもらえるような、そんな講座をこれからも開催していきたいです。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-27 07:30 | 勉強会&セミナー | Comments(0)

生を大事にしよう

昨年末エントリーした、GIVENCHYのTEINT COUTURE FLUIDが

そろそろなくなりそう。


元CAの友人に最近おススメのファンデは?と聞いたところ、

今なら絶対にクッション!とのことで、いざカウンターへ。


c0355521_18082732.jpg















一押しのクッション、頂きました。053.gif

BAさんにチークも勧められ、ちょうどパウダー以外の物が

欲しかったのでGood Timing!

ピンク色のケースは限定らしいです。


私好みの生ツヤ肌系ファンデ。

上からお粉は乗せません。

生艶のままが好きです。


艶とテカリは紙一重!!


生醤油とか、生ビールとか、生チョコレートとか、生ハムとか、

生っていいですよね。(笑)


艶を消さない生チークも、かなり良いです。

すっかり魅了されました。


春~夏手前まではこれでいけそうです。016.gif

吉日から使い始めます♪


コスメに限らず、「生」って大事です。


生(なま)は、生(せい)とも読みますが、つまるところ、

生(なま)も生きるも、今、この瞬間。


生身の人間、生の情報、ライブで見たときに感じる新しい発見!!

明日の勉強会は、しっかりと「生」をお届けしたいと思います。

「生」の私に会いたい!と思って頂けることが何よりも嬉しいです。

ご参加の皆様にお会いできるのがとっても楽しみ。053.gif


明日は一般の書店やネットでは見られない風水情報を持参しますね。

会場までお気をつけてお越しくださいませ。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-24 07:30 | Beauty | Comments(0)

初めての風水~三元九運~

玄空飛星派風水で使われる「理気」では、目に見えない無形のもの、
つまり、時間の流れや方位を考慮しながら判断していくのが特徴です。

その時間の流れで使用する概念が、三元九運です。

三元九運は、甲子から癸亥までの六十干支60年を「一元」とし、
上元・中元・下元のそれぞれ60年を3回、合計180年周期となります。

上元60年
一運 甲子~癸未の20年  一白水星(1864年~1883年)
二運 甲申~癸卯の20年  二黒土星(1884年~1903年)
三運 甲辰~癸亥の20年  三碧木星(1904年~1923年)

中元60年
四運 甲子~癸未の20年間  四緑木星(1924年~1943年)
五運 甲申~癸卯の20年間  五黄土星(1944年~1963年)
六運 甲辰~癸亥の20年間  六白金星(1964年~1983年)

下元60年
七運 甲子~癸未の20年間  七赤金星(1984年~2003年)
八運 甲申~癸卯の20年間  八白土星(2004年~2023年)
九運 甲辰~癸亥の20年間  九紫火星(2024年~2043年)

現在は第8運ですので、ピンク色の文字の部分になります。

フライングスターの吉数もこの地運からきており、
第8運から数えて、8・9・1の3つがラッキーナンバーです。

現在は第8運の時代にありますが、あと7年弱で、
いよいよ第9運の時代に入ります。

第9運というのは離の方位が力を持ちます。
方位は南(先天では東)で、この方位は中年の女性(定位では次女)を意味します。

風水業界で「第9運に入ると中年女性が活躍するのでは」と言われて
いるのは、これが理由の一つです。

いつの時代でもミドルの女性の活躍はパワフルだと思いますが(笑)
第9運に入ると、それがより顕著になる、というイメージですね。

なお、第9運が終われば、また第1運に戻ります。
これがずっと、順繰り順繰りと続いていきます。


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-23 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

初めての風水~後天八卦~

後天八卦とは、その名の通り、先天八卦が登場した後に出来た概念です。


先天八卦が登場した後、禹(う)という人物が黄河の治水に関わっていた時、

洛水という河から神亀が現れました。


c0355521_09233691.jpg














その亀の背中に刻まれていた図は、「洛書」と名付けられました。


後に、周の文王がこの図をもとに、それぞれの数字を八卦に当てはめて

作られたのが後天八卦と言われています。


こちらは、江ノ島神社にある亀石。


c0355521_19055058.jpg









まるで神亀図のように、甲羅に模様が浮かび上がっています。

これは自然に浮かび上がった模様なのだそうですよ。


さて、亀の背中に記された洛書図を数字で表すとこのようになります。


c0355521_09230894.jpg











飛星図でもそうですが、このような図は下段の真ん中が北、

上段の真ん中が南を示します。


c0355521_09240650.jpg















一(水)は北(坎)方位、

二(土)は南西(坤)方位、

三(木)は東(震)方位、

四(木)は南東(巽)方位、

五(土)は中宮、

六(金)は北西(乾)方位、

七(金)は西(兌)方位、

八(土)は北東(艮)方位、

九(火)は南(離)方位、


に、それぞれ配置されています。


前回の竜馬図と同じく、神亀図に描かれている〇は、

1・3・5・7・9が奇数で陽の数字。

2・4・6・8が偶数で陰の数字となります。


この数の表は「魔方陣」とも呼ばれており、縦・横・斜めを合計した

和の数が全て15になっています。

神秘的で、面白いですよね。


洛書図は、玄空飛星派で使う理論の基本的な図となります。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-22 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

初めての風水~先天八卦~

先天八卦とは、中国の神話に登場する伝説の帝王、伏羲(ふっぎ)の時代に、

黄河から現れた竜馬の背中に描かれていた図がもとになっています。

c0355521_19002021.jpg












この背中の図は、河図(かと)と呼ばれており、

易で使われている八卦はこの図がもとになったと言われています。


太極が陰と陽の二つに分かれ、そこからさらに陰陽がそれぞれ二分割し、

太陰、少陰、太陽、少陽と4つ(四象)に分かれます。


さらにその4つ(四象)がそれぞれ二分割し、


乾、兌、離、震、巽、坎、艮、坤

けん、だ、り、しん、そん、かん、ごん、こん


という8つの新しい陰陽が生まれ、八卦となりました。


八卦は、一本の横棒「-」と、二本の横棒「ーー」で構成されています。

横棒は、「爻」(こう)と数えます。

真ん中が切れていない横棒が陽の棒。

真ん中が切れていて二本線になっているのが陰の棒です。


c0355521_19013849.jpg














「八宅明鏡」より原文


河図は1・3・5・7・9の奇数の陽が天の数とされ、

2・4・6・8・10が偶数の陰が地の数とされています。


玄空飛星派風水でも、この河図の関係はよく登場します。

ある数字の組み合わせによって、星のエネルギーを活用することが

出来れば、河図の良い影響を存分に得られることでしょう。

私が行う風水鑑定でも河図をみていきますが、この河図の組み合わせを

正しく使うことが、玄空飛星派風水のテクニックの一つでもあります。


なお、易経では8×8で64通りの卦(384爻)をもって吉凶を

占うことができます。

八宅派風水も、この八卦の原理を元に吉凶を見ていく風水術です。


易、八字(四柱推命)、風水。

この3つを十分に使いこなす人が、「風水師」です。


八卦の考え方は、風水の根底にあるものです。

最初は難しいと思いますが、少しずつ学んでいきましょう。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-21 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

初めての風水~五行理論~

風水を学ぶ上で、基本の「キ」となる、

五行思想(五行理論)
についてお話いたします。

c0355521_16261568.jpg








青 → 相生関係 
赤 → 相剋関係


自然界のあらゆる事象を、五つの要素(木・火・土・金・水)に分けて

考えるというのが、中国古代から伝わる五行思想です。


この五行が循環することにより、この世の万物が産み出され、

自然界が作られていると考えます。


そして、五行にも相性の良し悪しがあります。

相性が良く、生じる関係を相生関係、

相性が悪く、剋す関係を相剋関係、

同じエネルギー同士、互いを強め合う関係を比和(ひわ)、

と言います。


【◎相生関係】
(上の図の青い→を時計回りに見ていきます。)

木は燃えて火を生じ、

火は燃えて灰、すなわち土となり、

土の中から金が生まれ、

金属が冷えて水が生まれ、

水を与えた木は成長する。


【×相剋関係】
(上の図の赤い→を星型☆に見ていきます。)

木は土の養分を吸収し、

土は水を塞き止め腐らせ、

水は火を消し、

火は金属を溶かし、

金属で出来た刃物は木を切り倒す。


この五行理論を基に、風水のバランスを考慮します。


これらの相関関係は、

生出/生じる関係(例:金は土のお陰で生じることが出来る)

生入/生じられる関係(例:木は水を吸うことにより成長する)

剋出/剋す関係(例:金は木を切り倒すために消耗する)

剋入/剋される関係(例:火は水に消され弱まり、水も火を消すために弱まる)

この4つで表されます。


五行を強めたい場合

木 3・4   水(生入)・金(剋入)・木(比和)

火 9     木(生入)・水(剋入)・火(比和)

土 2・5・8 火(生入)・木(剋入)・土(比和)

金 6・7   土(生入)・火(剋入)・金(比和)

水 1     金(生入)・土(剋入)・水(比和)


五行を弱めたい場合

木 3・4   火(生出)・土(剋出)

火 9     土(生出)・金(剋出)

土 2・5・8 金(生出)・水(剋出)

金 6・7   水(生出)・木(剋出)

水 1     木(生出)・火(剋出)


例えば、土のエネルギーを弱めたい場合。

その場合は、金が生出・水が剋出となりますので、改善法で

用いるアイテムは金属の物、または水(陰の水)となります。


最近、家の中で喧嘩が絶えなくて・・・3(喧嘩)のエネルギーを弱めたい!

という場合でしたら、火が生出、土が剋出となりますので、

3のエネルギーがある場所にキャンドルを灯したり(火の扱いに注意)、

赤系のインテリア、陶器製の物を用いたりすることで改善が見込めます。


この五行理論を使うことにより、さまざまなことに応用できます。

東洋医学やマクロビオティック食なども、全てこれらの五行理論が

深く関わり体系づけられています。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-17 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る