カテゴリ:茶道( 9 )

守破離の精神

しゅ‐は‐り【守破離】

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。
「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、
確実に身につける段階。

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、
良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを
生み出し確立させる段階。

※小学館大辞泉より


茶道を習う中で、基礎基本の大切さを悉く思い知らされ、
痛感させられ、日々、改めさせられています。

今までたくさんのお稽古事をしてまいりましたが、
茶道が一番、私に合っているようです。

c0355521_14485163.jpg













茶道の身のこなし、精神性、全てが大好きな世界観です。

守破離の「守」の部分ですが、これが出来ない人って、
実はすごく多い。

自分の師匠のことを、何も疑うことなく、全て丸ごと
飲み込んで、自分のものにする。

これがとても大切なのですが、これが出来ない人ほど、
自分という「我」が出てくる。批判する。言い訳する。

まぁ、そういう人は永遠に成長できませんが。
自分への戒めでもあり。(笑)

皆さまの中にもきっと、両親とか、上司とか、メンターとか、
いつもブログを読んでいる人とか、または憧れの人とか、
立場は違えど1人は「師」と思えるような人がいらっしゃると
思うんですよね。

そういう人が発する言葉、所作、1つ残らず自分に転写
させて、自分のものにしてみせる。

例えば貴方の「師」がミランダ・カーだとしたら、
ミランダが食べているもの、やっている運動、ミランダの思想、
全てを実践して、少しでもいいから自分のものにしてみせる。


c0355521_23110477.jpg















何かに迷ったとき、

ミランダならどっちを選ぶ?

ミランダなら、この時はどうする?

そうやって、憧れの人の意識を刷り込んでいく。
すると、世界への見方、そして自分自身が嫌でも変わっていくんです。

「我」を出していいのは、「守」を完璧に出来てから。
それまでは、極論「自分の考え」は要らないんです。(笑)

なぜなら、今まで変われなかったのは「守」が出来ていないから。
そこを自分で落とし込まないと、自分なんて簡単に変えられません。

まずは、自分が信じた人の言葉を、100%自分に写し取る。
そうやっていくと、自然とまた新しい扉が開いていきます。

今日も素敵な一日をお過ごしくださいね。053.gif

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『風水コンサルティング 個人鑑定のご案内』はこちら


[PR]
by hibikore-fengshui | 2016-09-05 07:30 | 茶道 | Comments(0)

初心、忘れず。

茶の心、ここにあり。

『和敬静寂』

c0355521_17284293.jpg















初心に戻っての掛軸です。
茶に触れるとき、一番最初に学んだ言葉。

和・・・

互いに心を開き和をもって接する心。和合。

敬・・・

互いに敬う気持ちを持つ心。

清・・・

目に見えるところも、心の中も、常に清らかに。

寂・・・

どんな時にも動じない心。

茶の時間は、主と客人が和をもって心通わせ慎み敬い、
部屋の設え、茶器の細部まで清浄を保つこと。

利休の精神を体現した言葉です。

和、Hermony.

敬、Respect.

清、Purity.

寂、Tranquility.

茶の湯の時間だけでなく、普段の生活からこの言葉が
生きてくる場面がたくさんあるように思います。

今日も「和敬静寂」の心をもって。

茶道が精神力の礎となっています。045.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-04-14 07:30 | 茶道 | Comments(0)

許状、無事取得☆

先日無事に、お免状を頂戴致しました。

短期的なことで言えば一つのゴールではあったけれど、
私としてはようやくスタートラインに立てた!という気持ちと、
先生方への感謝の気持ちで一杯です。

良いお仲間に恵まれたということが大きいですね。
つくづく出会いというものはご縁なのだと感じます。012.gif

c0355521_12551342.jpg












何事も、細く長く続けられるのが一番良い。


継続は力なり。


一つの事を続けられることも、一つの才能。

可能性に満ちた日々を、楽しんで過ごしていきたいです。053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-04-04 13:00 | 茶道 | Comments(0)

茶人の隠れ家

茶道具を揃えに。

c0355521_16023247.jpg











何でも揃うのがありがたいです。012.gif

勉強不足の私にもお優しく教えてくださる
スタッフの皆さま。いつもありがとうございます。

お店で淹れてくださるお茶もとっても美味しいです。
ご馳走さまでした。

無事にお買い物が出来てよかった。
お店の紙袋がツボ過ぎる~。053.gif

c0355521_16042638.jpg









素敵なお道具がいっぱい・・・!!

c0355521_16052720.jpg












歩き疲れたら、行きつけの茶屋で一休み。

c0355521_16061194.jpg












前回伺ったのが昨年のクリスマスシーズンだったから、
2ヶ月ちょっと空いてしまった・・・

c0355521_16202589.jpg












平日の昼間は、ほぼ有閑マダム(笑)しかいらっしゃらないから、
のんびりゆったり出来てありがたや。

スタッフの方もいつもとってもお優しくて、
大好きです。053.gif



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-12 07:30 | 茶道 | Comments(0)

「無事」

星の数ほどブログがある中、今日も小さな小さな
私のブログにアクセスしていただきありがとうございます。

最近は「掛軸」や茶道のことでも検索していらして
くださる方もいらっしゃるので、時々載せてまいりますね。


c0355521_17584436.jpg













今日の掛軸は、「無事」。

これは年末に床の間に掛けられていたものです。

この一年、色々なことがありながらも何とか「無事」に
過ごすことが出来た幸せ。

それを深く深く噛み締めるような、素敵な掛軸でした。


では逆に、無事ではない、とはどういうことなのでしょうか。

自分や家族にとって、良くないことが降りかかる・・・

仏教の言葉に、「因果応報」という言葉があります。

人は、良いことをすれば良い報いがあり、
悪いことをすれば悪い報いがある、という意味です。

人を攻撃すれば、いつか、自分が攻撃されます。
人に良くすれば、いつか、自分が良くして頂けます。
自然を害せば、いつか、人間に跳ね返ります。

因果応報は、宇宙の真理です。

私が毎日懸命に生きてこられたのも、おかげさま。
おかげさま、私が大好きな言葉です。

無事、という言葉に感謝できる心を持つことは、
私の中で、1つの大切な軸になっています。

私のことを本気で心配してくださり、叱ってくださり、
ご助言くださり、温かく心を開いてくださる皆さまに、
心から感謝しております。

今日も皆さま、「無事」でお過ごしくださいね。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-09 07:30 | 茶道 | Comments(0)

茶会を前に

もう直ぐ茶会。
あぁ・・・緊張するなぁ。012.gif

c0355521_20370520.jpg



















でもとっても楽しみ。

自分が今まで積み上げてきたもの、成果が試される
ときって、ドキドキワクワクしますよね。

お客様に、粗相がないようにしなくては☆



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-03 20:30 | 茶道 | Comments(0)

色即是空、空即是色

イギリス王室からウィリアム王子が初来日され、
浜離宮庭園にて茶会が開かれました。

ウィリアム王子にとって、茶の湯、茶の心は
どのようにお感じになられたのでしょうか。012.gif


さて、先日拝見した掛軸の中に、


「本来無一物」(ほんらい むいちもつ)


という禅語がありました。

ざっくりと簡単に言えば、

本来全てのものは空(くう)であって、
何かに執着したりする必要は全く無いのだよ。


という禅の教えです。

少し似た意味の言葉で、般若心経の中に、


色即是空、空即是色
(しきそくぜくう くそくぜしき)


という言葉があります。

こちらも、全ての色(物質)は空(くう)であり、
空これすなわち、色なんだよ。

という意味があります。


あるのに、無い。
無いのに、ある。


私たちは、いつもこのことを忘れがちです。


星の王子様は、

「本当に大切なものは目には見えない」

と、言いました。


普段は目に見えない空気も、目には見えなくとも
実際そこに存在しています。


見えない存在が、見えるものを生み出している。


森羅万象の全ては結局、空(くう)なのだから、
何かに執着することは無意味なこと。


自分に何かコンプレックスを持っているのなら、
そのことで悩む事はある意味、無意味である。


悩んでいる時間を、他の何かに使った方がいい。


そこを分かった上で毎日を過ごしていくと、
小さなことが気にならなくなるような気がする。


掛軸から見えてくる世界は、いつも私の心を広く大きく
包んでくれます。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-02-27 12:00 | 茶道 | Comments(0)

心の在り方の大切さ

「日出乾坤耀」(ひ いでて けんこん かがやく)

今年の初釜での掛け軸です。

「乾兌離震巽坎艮坤」(けんだりしんそんかんごんこん)

という言葉は易や八卦でも学びますが、
その中にも「乾坤」が出てきます。

ここで使われている乾坤とは、「天と地」という意味ですが、
乾坤には「陰と陽」、「男と女」、「上巻・下巻」のように、
対になっているものを表すこともあります。

天と地が出て太陽に照らされ、この世の全てが
一斉に光輝く。お正月らしい掛け軸です。

実は、この言葉にも続きがあります。

「雲收山岳青」(くもおさまりて さんがくあおし)

雲が収まると、山々がより一層青く見える、ということです。

自分の心が曇っていても、太陽は変わりなく昇り、
お日様が昇るお陰で、天地は輝くことができます。

心の中に暗雲が立ち込めていても、乾坤(自分の心)の
持ち方次第で闇は晴れ、太陽の日を浴びて輝くことが出来る。

まさに、自分の「心の在り方」の大切さを表した禅語です。

茶道を学んでいく上で大切なこと。

それは、御点前の上手い下手ではなく、自分の精神性を高め、
いかに客人をもてなせるかに尽きると思います。

毎週お稽古を付けていただいている時間、
頭の中がお茶のこと以外、一切の邪念が入らないのが
不思議でたまりません。

頭の中には次のお手前の所作のことで一杯になって、
他のことを考える余裕が全くないのです。

今まで色々なお稽古を習ってまいりましたが、
このような気持ちになるお稽古は他にありませんでした。

c0355521_09372787.jpg
















その時間が心から楽しくて、茶道の偉大さ、
そして懐の広さを幾度と無く感じています。

四季を感じながら、心安らぐ時間を大切に
過ごしてまいりたいと思います。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-02-26 08:00 | 茶道 | Comments(0)

茶道と風水

週に一度、裏千家の茶道を習っております。

c0355521_17190994.jpg
















綺麗に掃き整えられた砂利は美しく、
打ち水で清められた通りを歩くのは清々しい気持ちです。


こちらは、今年のお正月に訪れた京都の料亭にて。
床の間に飾られていた扇です。

c0355521_17231522.jpg












「竹上下節有」(たけ じょうげに ふしあり)


と書かれています。

竹には上下にはっきりとした節があります。
しかし、同じ一本の竹であることには変わりなく、
上下の優劣があるわけでもなく、平等である、
ということが書かれています。

男と女、同じ人間で優劣は無いけれど、
男性と女性の役割は違います。

親と子供、同じ家族ではあるけれど、
親の立場と子供の立場は違います。

会社に行けば上司と部下がいて、
同じ会社の人間だけれども、上下関係は存在します。


実はこの文には続きがあります。

「松無古今色」(まつに ここんの いろなし)

松は周りの変化に関係なく一年中緑色であることから、
いつも平等である、という意味を持っています。

周りに惑わされること無く、豊かな心を持って
人と接しましょう、という意味です。

日本には、「節目」という言葉があります。

お正月でしたので、料亭側としては
「2015になったという節目」として、お正月らしい
こちらの扇を飾られたことと思いますが、
私にとっては2015年は物凄い節目の年でして、
後々の私を、まるで予言するかのような扇で驚きました。

茶道をしていると、陰陽五行思想との深い繋がりを
感じる場面がたくさん出てきます。

日々学ぶものの中に、何一つ無駄なことはない。
何を学んでもクライアント様のためにご提供できる
知識、経験になると思い過ごしております。

竹にある節ですが、あの節がないと、竹はスクスクと
大きく成長することが出来ません。

天にも昇るような高さまで成長するためには、
「節目」が大切である、ということです。

私も茶道をもっと広めたいので、ブログの中でも
お茶の素晴らしさをお伝えしていけたらと思います。
  

[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-02-20 20:00 | 茶道 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る