カテゴリ:Flying Star( 42 )

秋の土用明け~立冬~11月のフライングスター風水~

土用期間が終わり、本日、立冬を迎えました。

冬支度はいかがお進みですか?


c0355521_00342093.jpg













暦上ではまさに、季節の変わり目なのですが、

今日もポカポカ小春日和になるそうで。


本日から、フライングスター風水の月飛星が変化します。


家の中央に年1・月8という良い組み合わせが来ています。

家の中央というのは、家全体の運気を司る場所でもあります。


今月は特にこのスペースは、物を置いたりごちゃごちゃさせず、

明るく綺麗に保ちましょう。


南西(年7・月5)には、シックな黒系、

ブルー系のインテリアを配置すればOK。

安忍水をお持ちでしたら設置させても良いです。

可愛いウォータープランツ(アクアプランツ)もお勧めです。

ここが既にお風呂場などの水場であれば、清潔に保てば吉。


今月は北東の月2よりも、北西の飛星コンビが厄介です。

月9が年2を強めていますから、早めに金を配置させましょう。


c0355521_00342944.jpg













12/3開催のフライングスター風水講座では、

飛星の組み合わせの使い方、用い方もご説明いたします。

飛星ってどうやって使えばいいの?

という方は、ぜひご参加くださいね。109.png


今日も素敵な一日をお過ごしください。


Rie


最新のフライングスター風水講座はこちら↓♡




[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-07 07:30 | Flying Star | Comments(0)

「風水の教科書~理論と実践~」

年内最後のフライングスター風水講座で

使用させていただく「風水の教科書~理論と実践~」は、

風水建築デザインコンサルタントとしてご活躍されている、

齋藤均先生が製作されたものです。


c0355521_09111944.jpg























「中国本場の伝統風水を広めたい」という私の使命に

共感してくださった先生より本の使用許可をいただき、

風水講座を開催させて頂くことになりました。


中身は、風水を知る上で重要なポイントが

凝縮されており、ここはぜひ知っておきたい!

という部分が効率的に盛り込まれ、

無駄な部分は削ぎ落とされています。


難解な言葉は使わずに、分かりやすく書かれているところ、

写真や解説図もたっぷりで、

初心者の方には嬉しいですね。


c0355521_08274799.jpg




















この教科書の良い点は、市販の風水本には

書かれていない部分や、貴重な情報も集約されているところです。


難しすぎない、簡単すぎない。

現代において実践できる風水の活用術を伝える。



この3つが、当風水講座の最大の特徴です。


風水の教科書の内容につきましては、

先生より直接ご指導を受けてきた中で、

正しく、忠実にお伝えしていく所存です。


はじめてフライングスター風水を学びたい方に

ピッタリの教材は、なかなか見つかりません。


まずは住まいの風水を整え、家の気の流れを良くし、

ご家族が健康に、笑顔で過ごせることが一番です。


その為に必要なことは、


良い土地、
良い建物を選ぶこと。



ではなく、


悪い土地、
悪い建物を選ばないこと。



これに尽きるのです。

(この違い、伝わりましたか?)


家の選び方の重要なポイントは、講座内でお話いたします。


風水好きの方、建築面からも風水を見たいという方には、

今後、間違いなく必携の書となることでしょう。


多くの方に伝統風水を知って頂き、

皆さまが心地よく快適な住まいで暮らすことが出来るよう、

微力ながらお手伝いをさせて頂けたら嬉しく思います。


Rie


最新のフライングスター風水講座はこちら↓♡





[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-06 07:30 | Flying Star | Comments(0)

方位の分け方とレインボー理論

以前アップさせて頂いた、「家の方位の分け方」という記事。



この記事は意外と反響がありまして、皆さん興味深く記事を

読んでくださったようで、大変嬉しく思います。


グリッドで分けるやり方を初めて知りました!という方も

いらっしゃいましたので、今回はもう少し掘り下げたいと思います。


まず玄空飛星派風水(フライングスター風水)では、

8つの方位に中宮を加え、図面の中を、全部で9つの部屋に分類します。


方位は8つなのですが、中宮を合わせ、象意は9つになります。

今年の年飛星で言うならば、中宮が「1」ですので、

1の象意が表れるわけなんですね。


それにプラスして、8方位、8つの象意がそれぞれに

あるというわけです。(←ザックリな説明です)


一番メジャーな方位の区分法に、パイカット式がありますので、

まずはパイカットで区分して図面を見てみましょう。


パイカット式というのは、家の太極(中心)を軸として、

ピザやホールケーキをカットする時のように、家の図面を

8方位に区分する方法です。


以下の図のように、図面を8分割した時に一つ疑問になるのが、

「中宮はどの範囲までが中宮となるのか問題」です。


c0355521_21371722.jpg












ちょうど図面の面積に対して、等分に中宮の面積を出すのが

最も正確なやり方だと思いますが、そうなると、丸はどんな形に

なるのかとか、どうやって正確に中宮の面積を計算するのかとか、

色々と面倒なことが出てきますよね。


上の図のように中宮を円形とすれば、

各方位の面積のバランスが大きく崩れます。(それで正解なのかも)


塗りつぶした緑丸のある方位と、塗りつぶしなしの緑丸の方位では、

使える面積が全然違いますから、風水改善をしようと思ったときに、

実際に使える場所がかなり偏ってきますよね。


というか、もうワンルームをパイカットで分けたら致命的です。

一部の方位が、ほぼほぼ潰れているという。(笑)


ですから、私の体感としては、ワンルームよりも、

大豪邸(広い家という意味)の方が、十分に風水の恩恵を受けられたり、

風水の作用が感じられやすいと思っているんです。


これは、それだけ「気」を大きく使える、という意味で、

ワンルームだから風水が使えないという意味ではなく。


上の図のようなワンルームタイプのお部屋ですと、

中宮のスペースに押されて(図で言うと塗りつぶした緑丸の位置)、

8方位部分のスペースがごく僅かな位置になってしまいますからね。



c0355521_21414884.jpg












一方、私が扱うグリッド式の場合は

簡単に部屋を9分割することが出来るのでとても簡単です。

中宮も、8方位も、それぞれバランスよく均等に方位を分けられ、

改善もしやすくなっています。


さらに細かいグリッド式の考え方、捉え方は、

風水鑑定や風水セミナーで詳しくお伝えしています。


どちらの方法が良い悪いはありませんが、

四角い建物に対して使いやすい、分かりやすいのは、

ご覧の通り、圧倒的にグリッド式です。


円形の建物でしたら(なかなか無いとは思いますが)、

パイカット式が上手く当てはまりますね。


変形の建物でしたら、グリッド式でもパイカット式でも、

臨機応変に使えます。


さて、もう一つの疑問です。


各宮を区分したときに、その区分の境目というのは、

きちっと分断されていると思いますか?


私は、この境目というのは、空に架かる虹のように、

色と色の境目がモヤモヤっとしているのではないか、

と考えています。


これを、「レインボー理論」(←勝手に命名。笑)とします。


c0355521_07560605.jpg












つまり、方位と方位の境目というのは、きっちりと線引きされている

わけではなくて、境目にある気と気がモヤモヤっと交じり合って、

ピンボケしているようなイメージを持っているんですね。


実は、超有名風水師の先生の中にも、

そこまで方位をきちっ、きちっと分けずに、ザックリ分けて

方位を見ている方もいらっしゃるんです。




c0355521_07531236.jpg












「気」や「方位」というものは目には見えない存在です。

方位の境目は羅盤で言うところの「空亡」にあたりますから、

気が少し不安定なんですね。(だから空亡に乗る家はダメなんです)



c0355521_08012871.jpg













玄空飛星派風水は、時間の流れを取り入れて吉凶をみる流派です。

いわゆる、「三元九運」と呼ばれている時間の流れのことです。


今は第8運ですが、2024年2月4日以降は、第9運に入ります。


その前後は「移行期」という言葉が適切かと思いますが、

まさに、8運から9運に移行する時に、その前後の時期の「気」が

少しずつ薄まったり強まったりして、ある程度の時期が過ぎていくと、

本格的な第9運が始まるイメージなんですね。


これは風水に限らず、他の占術でも言われていることですが、

点と点が繋がる時っていうのは、いきなりガラッと変わるのではなく、

前の時代を微妙に引きずりながら、徐々に、新しい時代へと移行していきます。


この「モヤッ」とした期間、そして空間。

この「モヤッ」があるからこそ、私たち人間も心身を徐々に慣らしながら

新しい時代、新しい空間に移ることが出来るのかもしれません。


風水は、目には見えない部分をどう捉えていくかということも

すごく大事だと思っています。


また機会があれば、少しずつ私が感じていることや

疑問に思うことなどを、少しずつご紹介できたらと思います。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-27 07:30 | Flying Star | Comments(0)

9月のフライングスター風水

本日、二十四節気の「白露」を迎えました。

今夜19時39分に節入りを迎え、本格的な9月が始まります。


c0355521_07392500.jpg



















今月のフライングスターは、中宮に「1」が回坐するため、

年のフライングスターである「1」と重なります。


つまり、全方位で全ての数字が同じく重なり、各方位の象意が強まる

ことを意味します。


今月は、南の5、北西の2には金で改善を。

西の3にはポイントで火、西南の7には水で改善を。


これでOKです。


ごちゃごちゃと風水アイテムを置かなくても改善出来ますので、

家にあるものを移動させたり、利用したりして、上手く使ってください。


ところであなたは、風水改善をした後の結果に注目したことはありますか?


例えば、先月フライングスター風水で改善をした方位がありますよね。

その方位の象意や、実際に起こった出来事などを、振り返ってみると

新しい発見があると思います。


なんでこんなことを申し上げるのかと言うと、理気(時間や方位の概念)

というのは、目に見えないものだから、なんですね。


多分多くの方が、必死になって風水をやっている方ってそんなにいないんじゃ

ないかなぁって思うんです。


きっと楽しんで風水を取り入れておられて、前向きな、ポジティヴな気持ちで

風水をなさっていると思うんですね。


不安に塗れて、何とか怖いことが起きないように・・・

というネガティヴな心で風水をしている人もゼロではないかもしれませんが、

私の理想としては、ぜひ楽しんで取り入れていただきたい。


だから、改善の結果にも注目してみてください。

この風水改善の結果が、あなたのパーソナルな風水統計になるんです。


私自身は、事細かにいちいち分析して、先月はこうだった、ああだったと

一喜一憂することはありませんが、全体を見て、印象的な出来事だったり、

特別な出来事があったときは、風水を交えて分析しています。


先ほど今月の凶星をお伝えしましたが、なぜ凶星をお伝えするかというと、

凶(悪)を避けていれば、必然的に吉(良)に、または平(並)に趣くからです。


趨吉避凶


この考え方を、趨吉避凶(すうきちひきょう)と言います。


吉星のある方位は、基本的に綺麗にしておけば何もしなくても良いです。

また、改善が出来なかったからと言って、必ず不運が訪れる訳ではありません。


今月も凶を避けて、心穏やかに過ごしましょう。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-07 07:30 | Flying Star | Comments(0)

誰もが安心してフライングスター風水を学べる環境を。

私は日本ではまだ少ない、中国本場の伝統的な風水を扱う

女性風水コンサルタントとして活動しているわけですが、

日本に蔓延する商業的な風水にハマり、何十万、何百万も

お金を注ぎ込む人たちを救いたいとか、助けたいとか、

そういうことを思ったことはないんです。


c0355521_22240847.jpg















それはなぜかと言うと、そもそも、そういう人たちは

自分が伝統風水に救われたいだなんて、微塵も思っていないからです。(笑)


いわゆるニューエイジ系の風水と呼ばれている分野ですけれど、

それにハマって信じている分には、その人は幸せを感じているかも

しれないんです。


だからそういう人たちに対して、救いたいとか、助けたいとか、

そういうのは単なる自分のエゴにしか思えないんですね。


親切の押し売り


という言葉がありますけれど、私にとってはまさにそれなんです。


私は自分が学んだことや、経験したことを、セミナーのお生徒さんや

風水鑑定をご依頼くださっているクライアント様に還元しています。


そして、その内容は決して押し付けるものではなく、あくまでも

受け手側がメリットになるような提案の仕方、教え方をポリシーの

一つとしています。


つまり、受け手側は、

選べる

と言うことなんです。


だから、もしあなたが、

私がやってきた風水って、偽風水だったの?

と思われたとしても、ご安心ください。


それはそれで、何か一つくらいはあなたにメリットが

あったかもしれません。(デメリットもあったかもしれませんが。苦笑)


しかし、あなたがこれから伝統風水を知ることによって、

もっともっと快適な住まいが手に入れられると私は信じています。


伝統風水を広めることは、私にとって「正義」ではないんです。

真の正義は、振りかざすものではないと思っています。


今後、誰もが安心して、純粋に伝統風水を学べるような、

そのような環境を作っていきたいと思います。


Rie


179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png


最新の風水講座はこちら♪


179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-14 07:30 | Flying Star | Comments(0)

家の方位の分け方~9glid method~

私が陽宅(人が住む家)の風水鑑定で用いている家の図面の区分法は、

図面を9つの宮に分けて区分する、グリッド式(九宮法)と呼ばれる方法です。


日本でお馴染みの区分法と言えば、丸いピザやケーキをカットするときのような、

中央から八方位に方位を分けるパイカット式が有名です。



c0355521_15524770.jpg












ピザーラより


グリッド式の場合、ワンルームのように比較的狭い空間や、

真四角ではない建物でも、柔軟にアプローチすることが可能です。

そしてさらに、場所ごとに細かく分けて見ることも出来ます。


また、一般の住宅は大体が四角い形状をしていますから(例外を除く)、

四角い区分法は建物に対して自然に当てはまり、無理が生じません



パイカット式の場合、方位を大きく分けると8方位、細かく分けると24方位となります。

私がパイカット式を使用するときは、恋愛(桃花)や財運星をピンポイントで刺激したい

場合に使うことがほとんどです。


その場合、部屋のある特定の位置の度数を導き出すテクニックが必要となるため、

自分で出来ない場合は、風水師や風水コンサルタントに依頼すると良いでしょう。


また、陰宅(お墓)で方位を用いる時はさらに細かく、吉爻と呼ばれる点を用います。

こちらは私が使用している羅盤に描かれた吉爻点で、墓石の坐向を見る時に使用します。


c0355521_22465626.jpg

















羅盤は円形なので全体で360度ありますが、吉爻区分はさらにそれを上回る数で

決められており、初めて見た方はその細かさに驚かれる方も多いです。


では早速、具体的に、ある図面を例に見てみましょう。

以下の2枚の図面は、両方全く同じ図面です。

(※ 説明のため、便宜的に図の上を向きとします。)

c0355521_23181367.jpg





















グリッド式では、玄関が南東にありますね。


しかし、八方位に分けるパイカット式を当てはめてみると、

玄関には南が入ります。



c0355521_15420357.jpg






















こうなると、どちらを取るかで飛星盤が変わってきます。

風水に長けた人であれば、飛星盤を2つ作盤して、家の事象と合わせて・・・

といった具合にされることもあるかもしれませんが、風水の初心者の方、

風水が全く分からない方にとっては、混乱することでしょう。


また、新築宅の場合や、引っ越したばかりで住み始めて間もない場合であれば、

家の事象は現れていないことがほとんどで、それこそ判断のしようがありません。


世界的な風水マスターと呼ばれている人たちにも、グリッド式を採用している

風水師は多く存在します。



風水マスターによっては、パイカット式を用いたり、グリッド式を用いたり、

建物の形状を見て、ケースバイケースで用いる先生もいます。


こちらは良くあるワンルームの間取りを、八方位に分けた時の図です。


c0355521_17285927.jpg












キッチンはバッサリ2方位に分かれてしまい、クローゼットは、ほぼ潰れています。


コンロ(火を扱う神聖な場所)は陽宅三要の一つで、大変重要な位置です。

このコンロがどの方位に入るかというのはとても重要なポイントですから、

飛星が変われば、風水に対するアドヴァイスも大きく異なります。


一方、グリッド式で部屋を区分した時は、以下のようになります。


c0355521_17294725.jpg












この違いがお分かりいただけましたか?


上記に書いた以外にも、グリッド式にはある風水的な考え方があります。

そして、この2つの区分法以外の分け方も、実は存在します。

詳細は、フライングスター風水セミナーなどでお伝えいたしますね。


あなたが今後、風水師や風水コンサルタントに鑑定を依頼するとき。

どんな区分法を用いるのか。そして、それはなぜなのかを聞くと良いでしょう。


もしあなたが、八方位に分ける方法で上手くいかなかった、ということが

あるようでしたら、コンサルの時にご相談くださいね。


Rie


179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png

最新の風水講座はこちら♪


179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png 179.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-11 07:30 | Flying Star | Comments(0)

自分で使える風水を身に付けないと意味がない



そろそろ引っ越そうかな・・・

もう直ぐ家を建てようかな・・・


そうなると、気になるのは引っ越し先や新築宅の風水ですよね。

引越や家の新築となると、よく皆さんが気にされるのは、


1、引越先の方位

2、命運の時期(四柱推命、算命学、西洋占星術などの占い)



この2つが多いのではないでしょうか。


どの方位に移動すれば開運出来るか。

どの命運の時期に引越(新築)をすれば運が良くなるのか。


しかし、これらよりも遥かに重要なことがあります。


それは、


引越し先や新築宅の風水


です。


どんなに移動方位を見ても、どんなに詳細に命運を見ても、

様々な事情でその日に移動出来なかったり、家族の都合上、

どうしても今年、来年には家を建てなければならない。


現実的な問題として、そういった悩みを抱える方々を多く見てまいりました。


まず、ご自身に風水の知識があると無いとでは、全く違います。

何が違うのかと言うと、風水の知識を持っていると、


自然に逆らわない、心地よい暮らし

住みやすさを兼ね備え、尚且つ、良い運に恵まれる住まい



これらを意識して住宅を選ぶことが出来るからです。


風水的に金運に恵まれる家、健康運に恵まれる家、それもOKです。

しかし、もっと大切なことは、


家族全員が、心地よく暮らせる住まいであること。


これが最も重視されるべきことなのです。


そして、今月開催させていただく風水講座においては、


地理的、建築学的な条件をクリアし、尚且つ、風水的にも恵まれている家。


についても学ぶことが出来ます。


土地の良し悪し、建物の良し悪し。

土地や家を選ぶ際、風水で重視すべきポイントはどこなのか。



さらに、ご自身で羅盤を使って家の方位測定が出来るようになること。

坐向の取り方や、考え方、様々な流派との違いなど、それらを知っておくだけで

今後一生、その知識を役立てることが出来ます。


自宅の風水を自己分析する。


これが出来るようになるOneDayの風水講座は大変少なく、

今回はその滅多にないチャンスです。


私もこの講座の一部を、講師として担当させて頂いております。


講座内での疑問、質問は遠慮なくお聞きください。

これを機に、フライングスター風水の魅力を存分に体感されてくださいね。



Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-02 07:30 | Flying Star | Comments(0)

「はじめてのフライングスター風水」が届きました♡

先日ご紹介させて頂いた、藤木梨香子先生のご著書が届きました。



本のタイトル通り、本当にはじめてフライングスター風水というものに

触れる方向けに書かれた、とても分かりやすい内容でした。


女性ならではの伝え方は、さすがの一言。

初心者を意識した程よいボリューム、写真を多く取り入れたレイアウト、

「では実際にどうすればいいの?」にしっかりと応えられた説明文。


印象に残ったのは、新宿伊勢丹の風水分析。

(私も↓睨んでおりました。笑)



詳細は、本の中でご確認くださいね。


c0355521_22161337.jpg






















私は自分が本当に良いと思ったものしか、人にはお勧めしません。

あなたがもしフライングスター風水を学ばれたいのであれば、

まずは入門書として、藤木先生の本を一番にお勧めさせて頂きます。


藤木先生は、以前当ブログでもご紹介させていただいた

ジョイヤップ氏の本の翻訳もされています。




ジョイヤップ氏のピュア風水、藤木先生のはじめてのフライングスター風水。

ご興味のある方は、ぜひ手に取られてみてくださいね。


今後益々、正しいフライングスター風水の知識が世に広まっていくことを

心から願っております。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-29 07:30 | Flying Star | Comments(0)

8月のフライングスター風水

私は最近色々な物や思考を捨てているのですが、

そうすることで自分を縛らなくなったし、前よりも快適です。


c0355521_17561426.jpg




















例えばこのブログ記事一つを取ってもみても、毎日更新しなきゃ!

なんてちっとも思ってないし(笑)、気が向いたときにUPしています。


1週間くらい更新しないときもあるし、毎日更新するときもあるけれど、

変わらず読みに来てくださるリピーターさんはいなくならないし(ありがとう!)、

ほんと、ブログって意外とそんなに真剣に読まれていないもんだと(良い意味でね)、

こちらも気負わず書いています。


読者さんって、敏感なんですよね。

集客されることに。(笑)


さて、来月8/7(月)16時40分に立秋(節入り)を迎えます。


8月のマンスリーフライングスターは、

南西に8がきていますね。


玄関など開放的な場所がある場合は、動く水(金魚鉢でも噴水でもOK)

などでアクティブにすると金運に良い刺激が入りそう。


この時期なら扇風機を置いてもOKです。

要は気を動かして、活性化させればいいのです。

リビングであれば、TVやMusicを流してもOK。


東の9も素晴らしい組み合わせですね。


基本的に、良い星が重なる場所にプラスαは必要ありません。

普通に綺麗にしておくだけでOKです。


8月は中宮に2、北東に5が回坐します。

来月の北東はちょっと強烈なので、しっかりと金で改善してくださいね。

時期的にも酷暑で身体がしんどい時期ですし、特にこの方位に寝室がある人は

お気を付けくださいませ。


さて、アメブロへのたくさんのアクセス、ありがとうございます!

こんなにも反響があるなんて、正直ビックリです。113.png


皆さまも、良い週末をお過ごしください。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-28 07:30 | Flying Star | Comments(0)

はじめてのフライングスター風水

いよいよ、藤木梨香子先生の著書が発売されます。113.png


c0355521_14493275.jpg






















フライングスター風水にご興味がある方は、ぜひご予約くださいね。



日本人女性が書かれた本格的なフライングスター風水の本は、

藤木先生が初めてではないでしょうか?


この世界は同業者批判がかなり多くて正直辟易しますが、

私は同じ女性としても、藤木先生のご活躍をとても嬉しく思っています。


本の内容が楽しみです。110.png


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-19 07:30 | Flying Star | Comments(2)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る