カテゴリ:神社仏閣( 18 )

夏越の大祓え~2015~

本日6/30(火)は、夏越の大祓えの日です。

奈良時代から続く宮中行事が今現在も残っているもので、
別名「茅輪神事」とも呼ばれています。

お正月から今日まで、知らず知らずのうちに犯してきた
罪穢れを祓う神事であり、今年前半の感謝を神様にご報告、
御礼をお伝えする大切な日です。

今日のラッキーアクションは、神社でのご参拝、茅の輪くぐり、
車の洗車、水場・トイレの掃除、不要品の整理、小豆を食べる、
部屋で煙の出る香を焚く、麻素材の服を着る、白い服を着る。

早朝の伊勢神宮、五十鈴川。

c0355521_07462636.jpg


















分単位で動いていらっしゃるような、忙しい成功者の方ほど、
こういったしきたりを重んじ、とても大切にしています。

本日の神社へのご参拝は早朝~午前中までにご参拝されることを
おススメ致します。

お昼の12時から1時間程度は一番太陽が高く昇る時間帯で、
悪縁を切りやすい時間帯です。

午前中までに参拝すれば、悪いご縁も昼頃を境に次第に切れて、
午後には心身共にスッキリとしていることでしょう。

尚、神社により午後~夜にご神事があるところもございますので、
HPなどでチェックなさってからご参拝くださいね。

皆さまもぜひ、ご神縁を結びに足を運ばれてみてください。053.gif




[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-06-30 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

大人の遠足~初夏の鎌倉~

汗ばむほどの日差しの中、久しぶりの鎌倉。
もう何度も訪れている大切な場所です。

まずは坂ノ下で、力餅を買いに。053.gif

c0355521_17413365.jpg











5月下旬までの限定で、力餅のお餅がヨモギなのです。
この時期にしか味わえない力餅。とってもいい香り~。

海沿いをお散歩です。

c0355521_17440503.jpg











サーファーの皆さま、気持ち良さそう!
波の音で浄化されていきます。

テクテク歩いて成就院へ。

c0355521_17445980.jpg















ここが現世と仏域との「結界」です。

c0355521_17453018.jpg











このように分かるように結界が張られているお寺、
大変珍しいです。

c0355521_17472967.jpg











現在工事中の成就院で工事に数年かかるそうですが、
完成した後がまた楽しみですね。

極楽寺の入り口。

c0355521_17490231.jpg











中の撮影は禁止されています。
とても小さなお寺ですが、趣があって好きなお寺です。

c0355521_17495840.jpg











極楽寺の周辺はとても静かで落ち着いています。
これがまた一つの魅力ですね。

長谷まで戻り、お馴染みの長谷寺へ。

c0355521_17503509.jpg











観音様へのご報告も兼ねて、日頃の御礼参りです。

なんと、お寺の脇に大変立派なお手洗いが新設されていました!
中もとても綺麗で、きちんと管理されていました。

c0355521_17512929.jpg
















いつ見ても癒される良縁地蔵さま。

c0355521_17522631.jpg











紫陽花も色づき始めました。

c0355521_17525678.jpg











上からの景色は最高の眺めです。

c0355521_17532426.jpg











雨が降ったらもっと風情が出そうですね。

c0355521_17535351.jpg















様々な品種が一度に見られるのも大きな魅力です。

c0355521_17542166.jpg











これから6月にかけて紫陽花が満開となりピークの人手と
なるので、いつもちょっと早めに伺っています。037.gif

久しぶりにお会いした十一面観音菩薩さまは
温かく私を迎えてくださいました。

いつ伺っても絶対に受け入れてくださる温かさ。
だから何度も訪れてしまうのですね。

鎌倉の紫陽花、お近くの方はぜひ。053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-05-29 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

牛に引かれて善光寺~7年ぶり御開帳~

もう何度も訪れている、大好きなお寺。

信州 善光寺。


c0355521_08545904.jpg










7年ぶりの御開帳ということで、

7年前に授けていただいた回向柱の御礼参りのため

参拝させていただきました。


c0355521_08574498.jpg














こちらが本物の回向柱。

紐のように見える手綱の先には、御本尊様がいらっしゃり、

この回向柱を触ることで御本尊様と繋がることが出来ます。


回向柱には、梵字で

キャ・カ・ラ・バ・ア・キリーク

と書かれています。


キリークとは「阿弥陀如来」様のこと。


「キャ・カ・ラ・バ・ア」とは、

「空・風・火・水・地」

「青(緑)・黒(紫)・白・赤・黄」

という宇宙を意味する五大要素を表しています。


仏教や古代インドは、中国とは少し異なる五行思想です。


回向柱は卒塔婆を表し、ご先祖様の追善供養にもなりますので

お守りとしてお授け頂き、自宅でその御影をお奉りできるのは

とても有難いですね。


c0355521_08585520.jpg










日本全国、いえ、世界中から訪れる参拝者の方々。

国内に多数の有名寺院あれども、この人気の凄まじさは

さすが、善光寺・・・!!


c0355521_09003133.jpg










本堂内で金色の目をした獅子?を見つけました。

この獅子だけが金色の目。不思議です。


c0355521_09042216.jpg













早朝9時前でもこの行列です。037.gif

おススメは、宿坊に前泊すること。

朝事にも参加出来ますのでおススメです。


早起きは三文の徳ですね。053.gif


次の御開帳は7年後。

御開帳は来週5/31(日)までです。


さて、本日は新月と重なる天赦日です。

ひと月に2回も天赦日があるのはとても珍しいです。


今日は貴重な一日となりそうです。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-05-18 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

天国への送金~うちかび~

沖縄県は何度か訪れている大好きな場所です。

沖縄本島を始め、石垣島、伊良部島など等、
かなりディープな場所にも行きました。

さて、その沖縄の風習として根付いている文化が
「うちかび」(紙銭)というものです。

「うちかび」というのは、あの世のお金のこと。

ご先祖様があの世でお金に困らないように、
燃やしてあの世に送るという文化です。

c0355521_10235939.jpg














実はこの「うちかび」という文化は道教が起源となっており、
先日訪れた横浜中華街にある関帝廟などでも神様への御礼として
紙銭(真四角の金紙)を見ることが出来ます。

中国雑貨を取り扱うお店などに行くと、「天地銀行券」として
うちかびが販売されています。

使い方はただ燃やすだけなのですけれども、
火の扱いにはくれぐれもご注意ください。

このうちかび、一説ではあの世で一枚数千万円~数億円の価値が
あるらしいのですが(笑)、少しでも何かの足しになってくれたら
子孫としても嬉しいものです。

仏教の経典に「七分逆一」という言葉があります。

七つの功徳をしたら、その内六つは自分自身に還ってくる、
という思想なのですが、つまり、七回ご先祖様の供養をしたら、
六回は自分の功徳となるけれど、ご先祖様への供養は一回にしか
ならない。

だから、ご先祖様の供養は繰り返し何度でも続けることが大事である。

ということなのですね。

「うちかび」も生きている子孫からのある意味「祈り」であり、
ご先祖様を大切に思う心です。

これをやるやらないは全くをもって個人の自由ですが、
こういった文化は大切に残っていくといいなと思っています。

お彼岸も明けたので、今からうちかびを燃やしたら
送金手数料かかるのかなぁ・・・037.gif

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年度、玄空飛星派風水・個人鑑定については、
左サイドバー「個人鑑定のご案内」をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-25 11:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

ご神気を浴びる

都内に突如として現れる素晴らしい森。

c0355521_07415513.jpg


















明治神宮です。
お祀りされているのは、明治天皇と昭憲皇太后。


c0355521_07414892.jpg


















ここでは私利私欲のための願い事は控え、
日頃の感謝と、日本の平和と発展を祈ります。

明治神宮はパワースポットブームに乗って
一時期大変注目されましたが、神宮の中にも陽の気と
陰の気があり、面白半分で訪れるのはパワーダウンの元。

神社参拝は午前中が基本です。
お正月、ご祭事以外では午後16時くらいまでに。
日が暮れ始めると陰の気に満ちてきます。

明治神宮は幼少期からご縁があるので、
これからも大切に訪れたい場所のひとつです。045.gif



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-24 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

先祖供養と神仏信仰

お彼岸も中日が過ぎました。
既にお墓参りに行かれた方も多いと思います。

ご先祖様への感謝。

私は物心付いた頃から、ご先祖様への感謝、
そしてお墓参りを物凄く大事にしてきました。

特別両親に教えられたとか、周りから言われて
育ったとかではなく、不思議なことに自分の役目は
しっかりとご先祖様を供養すること。

そう自覚していました。

道教の教えにも先祖供養は大変に重要であると
説かれていますが(私は特別に道教徒というわけでは
ないのですが)、最近ではお墓参りもインターネットを
使ったりお墓参り代行業者さん(驚!)もいらっしゃるようで、
この時代の流れに驚きを隠せません。

家族全員でお墓参りに行けたら最高の供養ですが、
核家族が進む中でそれも難しいことがあります。

そういう時は、心の中でも、一日の中で時間を作り
祈りと感謝を捧げる時間を持つこと。

それだけでも全く違います。

先祖供養の次に大事なのが、産土信仰。
これは、宗教とは違います。

最低限、自分が生まれた土地の神様(産土神社)と、
自分が住んでいる土地の神様(氏神神社)を
大切にする言うことです。

産土神は、自分自身が生まれてから死ぬまで、
一生変わることなく見守ってくださる神様のことです。

氏神様は引越しなどで変わることがあり、その土地、
その土地を守護する神様のことです。

どこのパワースポットに行こうが、どんなに有名な
神社仏閣を訪れようが、産土神社と氏神様を疎かに
しているようでは本当の意味でのご神縁を結ぶのは、
私の今までの経験上、難しいように思います。

伊勢神宮、出雲大社、戸隠奥社、斎場御嶽、etc・・・
のような誰もが
知っているパワースポットから、
あまり知られていない知る人ぞ知るパワースポットまで、
日本全国様々な場所を周って参りましたけれども、

この歳になって改めて、

自分のルーツを重んじること

神仏に対し畏敬の念を持つこと


というこの2つが、自分の中心軸になっているのだと
深く感じています。

自分のルーツを重んじている人は、どっしりしています。
ふわふわしておらず、肝が据わっている感じで、
顔つきや風貌に表れて出てきます。

自分のルーツから目を背いて生きるということは、
ご先祖様を否定して生きていくことと同じ。

これでは本当の意味での感謝は得られません。

神様に対し畏敬の念を持つことは、森羅万象、
自然への感謝を持ち、生かされていることへの感謝を
持つことと同じです。

会社経営でも何でもそうですが、成功されている方の
多くはご先祖様への思いが強く、きちんと供養の気持ちを
持って大切になさっています。

そして、節目節目で必ず神仏にご報告させて頂いたり、
感謝したり、お参りをさせて頂いています。

ご先祖様を思う心。
そして、神仏を敬う心。

この2つは、これからも一生をかけて大切にして
いきたいと思っています。045.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-23 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

ご縁のある方にしか知られない神社

世の中にはたくさんの有名なパワースポットが
あります。

その一方で、世の中にあまり知られていない
パワースポットも存在しています。

それらの多くは口伝(いわゆる口コミ)で広まり、
本当に信仰心の厚い方にしか伝わらないのかもしれません。

真に価値ある情報とは、人からの口伝でしか伝わらない
ものなのでしょう。

私は今まで日本全国、多分一般の方よりも多くの神社仏閣、
そして霊場を巡ってまいりましたが、そんな中でも最近
特にお気に入りの神社があります。


それが、こちらの神社です。
 

c0355521_15524026.jpg












場所は、都心の中の都心。

戦時中に本殿が無くなり、戦後に再建されているため
比較的新しくて綺麗な本殿です。


綺麗な梅が咲いておりました。
もう春はすぐそこに、ですね。

c0355521_15570651.jpg













こちらにご鎮座されている神様は美容に関する
神様のため、美容業界に携わる名だたる著名人の方や
自分の技術を向上させたい方、発展させたい方、
そして古くから住む地元の皆様から深く信仰されています。

某美容院グループの社長も深く信仰されているのだとか・・・

女性の美を導いてくださる神様なので、綺麗になりたい!
という向上心のある女性には、ぜひ参拝されて欲しいです。

こちらの神社はよくあるパワースポットの本などには
一切紹介されていません。HPも勿論ありません。

気になった方は、こちらの神社にご縁がある方かも
しれませんね。

鑑定の時に聞いていただければ、
私から口伝させていただきます。043.gif

真の情報は人の口から。
今も昔も変わらない、基本中の基本です。
  


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-01 16:00 | 神社仏閣 | Comments(0)

神様からのお手紙

昔から神社仏閣を巡るのが好きです。

「職業柄」とも見えるかもしれませんが、
それを抜きにしても、純粋に神社仏閣を訪れ、
自分の心に向き合う時間を大切にしています。

神社やお寺にある「おみくじ」。
こちらは、私が特別な思いのある日に引いたものです。


c0355521_22355362.jpg


















おみくじの引き方、見方、というものがあります。

まず、おみくじの引き方。

必ずお参りを済ませた後に引きます。
引くときに、自分が今一番神様に「何を聞きたいのか」を
思いながら、おみくじに集中して一枚引きます。
 
次に、おみくじの見方です。

通常ですと「運勢」の部分にフォーカスしがちです。
大吉であるとか、凶であるとか、ですね。

しかし一番大切なのは、その部分以外に書かれている
文章です。

上にある私が引いたおみくじは、
有難いことに大吉でした。

桃桜
花とりどりに
咲き出でて

風長閑なる
庭の面哉


長閑な庭の美しい花の咲き匂って、
春の盛りの楽しいように上吉の運に向かう

という内容のメッセージです。

油断せず信心して行い正しくすれば
道が開ける、ということも書かれています。

自分には一見関係がない分野のところにも目を通し、
おみくじは「神様からのお手紙」である、ということを
思って、有難く、じっくりと読んでみてください。

おみくじは、引いたその日から大体3ヶ月くらいの
運勢を占っていると思ってください。

1年に1回しかおみくじを引かない!という方は、
その1回を1年の運勢として見ても構いませんが、
基本的には1年の中でも自分の節目、節目でお参りが
できるのが理想です。

きちんとお参りされる習慣のある方は、
一日参り、十五日参り、と言って、1ヶ月のうちの
一日と十五日は欠かさず氏神様にお参りをさせて頂きます。

結果を見て、自分が持ち帰りたいと思ったら
持ち帰り、ご加護を願って神様と神縁を繋ぎたいと
感じたのであれば、境内に設けられているおみくじを
結ぶスペースに結びます。

大吉だから持ち帰り、凶だから結んで帰る、
という決まりは特にありません。

例え凶でも、自分にとって必要なメッセージが書かれて
あると感じたなら、持ち帰って何度も見返すと良いです。

私の場合は、大吉の場合は自分のお気に入りのノートに
貼り付け、何月何日に、どこで引いたものかを記載します。

そして、その時に自分が感じたことをメモしておきます。
数日、数週間、数ヵ月後に見返したとき、そのメッセージが
どのような結果をもたらしたのか検証しています。

おみくじの結果だけに一喜一憂することなく、
「有難いお言葉を頂く」という姿勢で引いてみてくださいね。049.gif
  

[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-02-20 08:00 | 神社仏閣 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る