カテゴリ:神社仏閣( 19 )

12年に一度の酉年『酉の市』一の酉に参拝

毎年この時期になると心が躍ります。


鷲(おおとり)神社の酉の市にお参りさせて頂くのは、

毎年の恒例行事となっています。


c0355521_15590763.jpg


















今年もまた、大迫力の熊手を楽しませて頂きました。

すごいですね!熊手が船になっています!


ご商売をされている方は、ゲン担ぎで「一の酉」

(一番最初の酉の日)にお参りされる方が多いようです。

私にとって、感謝と御礼をお伝えする大切な行事です。


c0355521_15585566.jpg


















今年は酉年ですので、12年に一度だけ授与される

「勝幟守」を頂くことが出来ます。

一の酉から三の酉まで、3日間授与されます。

次回の特別授与は、12年後の平成41年です。



所定時間の30分前から整理券を配布してくださるのですが、

この整理券を頂く列に並ぶだけでも、大体2~3時間待ちは

当たり前ですので、時間に余裕を持ってお並びくださいね。


c0355521_15584603.jpg


















こちらも12年に一度だけ授与される、

長國寺(おとりさま)の特別な金運大熊手。


不況退散の文字が頼もしい限りです。


c0355521_16232268.jpg


















私も有難く、金運大熊手守りを賜りました。

この大熊手を頂く時、お寺の方が火打石を3回打って

清めてくださいます。


カチッ!カチッ!カチッ!と切火を切って下さるのですが、

私は3回とも、とても綺麗に火花が出たので、お寺の方から

「縁起が良いですね。来年も良い年になりますね。」と太鼓判を

押して頂き嬉しかったです。


私は毎年、同じお店で熊手を購入しています。

熊手をお店の方と一緒に選ぶ時間や、お支払いのときの

「お宝いただきました~」と威勢のいい声が聞こえると、

こちらも嬉しくなりますね。


最後の三本締めは、THE、お江戸東京。






こういう光景が至る所で見られるので、全く知らない人や会社の

三本締めであっても、一緒になって手締めをすると福を分けて

いただけますよ。109.png


c0355521_15594432.jpg

















お店の常連になると、色々な記念品を頂けます。

今回は来年のカレンダーと、干支(戌)の張り子飾りでした。

ありがとうございます♡


今年は三の酉まであります。

11/6(月) 一の酉
11/18(土) 二の酉
11/30(木) 三の酉


また来年も無事に、熊手を返しに来ることが出来ますように。


Rie


最新のフライングスター風水講座はこちら↓♡




[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-10 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

弁天様御縁日

誰もが思う、平和の願い。

そんなわけで、今日は弁天様のご紹介です。


少し前に、弁天様の御縁日にお参りに行ってまいりました。

弁天様の御縁日は、「巳の日」です。

ちょうど本日も「乙巳」なので、弁天様の御縁日です。


巳の日は12日に1度訪れますが、60日に1度訪れる「己巳」の日が

一番良い日とされていて、弁天様がいらっしゃる神社さんなどでは

弁天信仰を持つ方々で賑わっています。


この日は曇り、時々パラパラ程度の小雨。


c0355521_07471965.jpg
















龍神伝説が残るこの島には、雨はとっても相応しい。

晴れていると、富士山が見えます。


c0355521_07444193.jpg


















私は弁天様が大好きなんです。

女性の神様である弁天様は、その美しさからは想像できないほどに

力強く、逞しく、深い愛情を持って、参拝客を迎え入れてくださいます。


c0355521_07470646.jpg















洞窟にも足を延ばしました。

この洞窟内は、富士山と繋がっているポイントがあると

信じられていて、ここに来るとすごく元気を頂けたり、勇気が湧いてくる。

私にとって、大切な場所です。


今日も心を穏やかに。

皆さまもいつも通り、変わらずお過ごしになれますように。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-15 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

2017年、オススメの神社

今日は久しぶりに、神社のお話をさせていただきます。

日本全国、それはそれはたくさんの有名な神社仏閣がありますが、
どんな有名な神社仏閣に参ろうとも、自分が産まれた土地の産土神社、
そして鎮守神社、現在住んでいる家の氏神様とのご縁を大切にする方が
優先だと私は考えております。

生誕地と今の住まいが遠い場合は、せめて氏神様だけにでも
ご挨拶するのが筋であって、それを無視して、やれ伊勢神宮だの、
パワースポットの〇〇神社だの・・・

もちろん神様は私たちのことをお見捨てにはならないと思いますけれども、
やはりどの世界でも、「礼儀」は正しくしたいものですよね。


さて、それを踏まえた上で、少し支合の関係についておさらいです。


今年は丁酉年ということで、相性の良い支合は「辰」となります。

酉年の方、または、龍と相性の良い方が、今年「龍」に関係する神社に
行くことは相性が良いですね。


私も龍神様とは、日本全国、色々な場面で不思議とご縁があります。


c0355521_07323053.jpg

















こちらは、田無にございます「田無神社」です。

先月ご挨拶に伺ったので、「謹賀新年」の文字が。


c0355521_07322378.jpg













こちらの神社には、五龍のご神体が祀られている大変珍しい神社です。
ご祭神は、大国主命様です。


c0355521_07321507.jpg












こちらは五龍神のうちの、白龍様。

秋を象徴する西方、金属の守護神です。
他に倉庫・金運・飲食・結婚運等に関する事を司り
鉱脈を掘り出す様な収穫へと導くとのこと。


c0355521_07332669.jpg
















こちらは黒龍神様。


撫で龍、なるものもあります。


c0355521_07330355.jpg

















龍が持つ玉を撫でて昇運を授かるのですが、
龍の一部で絶対に触れてはならない場所がありますのでご注意を。
(知りたい方はわたくしまでお問合せください。)


c0355521_07331623.jpg
















五龍神方位除けのお祓いもしてくださいます。
厄年の方はどうぞ。


c0355521_07325316.jpg













作法としては、まず、五つ全ての龍神様にご挨拶することはもちろん
大丈夫ですが、五つ全ての龍神様にお願い事をするのは欲張りというもの。

出来れば、絶対に叶えたい願いに対応している龍神様のご神体一柱に
お願い出来ると良いですね。

また、神社内には「神心の碑」という不思議な場所があります。

この碑の前で、自分の体が両サイドに映るよう写真を撮り、
自分の表情が左右非対称に撮影されていると(表情が異なっていると)、
開運の兆しなのだそうです。

私も挑戦してみたのですが、これが本当に左右非対称に撮影されまして、
驚きました。左右対称の方もいらっしゃるようなので、ご興味のある方はぜひ。

地から突き抜けるようなパワフルなエネルギーを持つ龍神様に
お会いできる、数少ない貴重な場所だと思います。

お近くの方はぜひ、ご参拝されてみてくださいね。


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-02-10 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

本日は月次祭へ

今日から2月がスタートです!
朔日参りの方も多いのではないでしょうか。

神道では、1日(ついたち)と15日は特別な日とされています。
全国の各神社では、月次祭(つきなみさい)が執り行われる日ですね。

今日は気持ちも新たに、自己内省するにも良い日です。

寒の戻りでまだまだ寒さが続くようですが、暦上ではもうすぐ春。
積極的に歩いて、健康増進に努めたいです。


c0355521_07285032.jpg














インフルエンザが猛威を振るっているようですが、
10分~15分毎に、水やお茶を一口だけでも飲むと良いそうですよ。

喉についた黴菌が胃に落ち、胃酸で死んでしまうとのことで、
私も外を歩くときはお茶を持ち歩いてマメに飲んでおります。

皆さまも、こまめな水分補給でお元気にお過ごしくださいね。

今日も素敵な一日を。


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-02-01 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

自分のルーツ(家系)をたどる方法

雲一つない、美しい青空が広がる日の朝。
心穏やかな気持ちで、お墓参りに行ってきました。

なんと、ここ数日続いている最強寒波のせいで、
お墓の花瓶の水がこんなことに・・・!!


c0355521_14372009.jpg















年末年始にお墓参りをした時の方が暖かかったように思います。
ここ最近の気温は本当に凍てつく寒さです。


寒さのお陰でお花が長持ちするのは有難いのですが、
これでは、新しく持参したお花が差さりません~!

お墓をお掃除していると、ちょうど菩提寺の大奥様がいらしたので
持参したお花を御本尊様にとお渡しさせていただきました。

若奥様も一緒にいらしたので、女三人、仲良く歓談。041.gif

若奥様は私と同世代(多分。笑)なので、とても話しやすいんです。

お二人ともとても良い方なので、安心してお墓参りが出来ます。
こんなに素敵なご縁を下さったご先祖様に感謝、感謝です。

ここは江戸時代からこの地にお墓があり、代々子孫が守っています。
本当はさらに昔の時代からあるようなのですが、あまりにも昔過ぎて
私にもよくわかりません。(多分親戚の誰かが知っている。笑)

そして菩提寺には「過去帳」というものがあり、自分の家の筋の
家系図が記録されています。


貴方は、ご自身のルーツが気になったことはありませんか?

ご自分の家系図を、ご覧になったことはありますか?


実は家系図というのは、今からでも作ることは可能です。

その場合は司法書士や行政書士などの専門家に依頼するか、
自分で作るか、の2パターンがあります。

しかし、戸籍法の規則により、今から150年より前の除籍謄本は、
貴方が知らないうちに毎年廃棄されています
(戸籍法:平成22年6月1日改正)

他にも、戦争や、大震災、火事、その他天災、自治体の統合等など、
様々な時代を経て、戸籍がどこに行っているか分からない!!

という状況もあるかもしれません。

ご自分のルーツを知っておきたい方は、ご先祖様の戸籍が
破棄されてしまう前に!!ぜひ一度、ご自分の家の菩提寺や自治体に
確認されてみてくださいね。

きっと、ご先祖様もお喜びになってくださると思いますよ。045.gif



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-01-17 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

酉の市~2016~

毎年必ず参加させていただいている鷲神社の酉の市。



特に、経営者の方は「一の酉」にこだわってお参りすることが多く、
私も経営者の一人として一の酉へお参りさせて頂きました。


c0355521_09480904.jpg


















今年の一の酉はあいにくの雨でしたが、熱心なご信者の皆様が
たくさんいらしていました。



c0355521_09482074.jpg

















生粋の江戸っ子の血が流れているもので、
この雰囲気は血が騒ぎます。(笑)

今年はご縁があって、二の酉は花園神社へ。
祝日だったので、物凄い人出でした。


c0355521_09475431.jpg

















こちらは初めて伺ったのですが、土地柄なのか若い方の多いこと!!
そして、熊手をお持ちの方がとても少なく・・・

鷲神社に比べて、こちらはお祭りそのものを楽しんでいらっしゃる方が多く、
明るく楽しい、賑やかな雰囲気でした。

鷲神社は本家なだけあって、たくさんの方が熊手をお持ちになって
お参りされています。

そして、熊手の大きさもビックリ!するようなものから、可愛らしいものまで。
しゃがれた声の掛け声は本当に格好良くて、江戸っていいな~としみじみ。

来年も、社運繁栄、家内安全。
素晴らしい年になりますように。




[PR]
by hibikore-fengshui | 2016-11-29 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

日本のサンクチュアリ~伊勢~

明後日から伊勢志摩サミットが開催されます。
現地では警戒態勢が強まっているようですね。

私も先日、伊勢へと旅してきました。
この時はまだ警備は緩く、普段と変わらず周ることが
できました。

伊勢神宮へは何度訪れたことでしょうか。
つい100年前では考えられないことです。

c0355521_08273859.jpg













この日は雲一つない、気持ちの良い五月晴れ。
天に味方され、大変気持ちの良い参拝でした。


c0355521_08265660.jpg












神馬にも会う事ができました。

この日は外宮から参拝し、内宮へとまいりました。


c0355521_08272416.jpg













外宮でしか頂く事の出来ない開運御守りは、勾玉の形です。
(内宮の開運御守りは巾着型です。)

私も勾玉の開運御守りを、1つ大切に頂いてまいりました。


c0355521_08280391.jpg
















鳥居の50メートル手前くらいから、
明らかに空気が変わるのが分かります。

聖域とは、まさにここ。
日本のサンクチュアリです。


c0355521_08270897.jpg













伊勢の神様へ、個人的な願い事は致しません。
日々の感謝の心と、日本の平和と安全を祈るだけ。


c0355521_08275404.jpg
















誰もいない五十鈴川。
凛とした空気に満ちています。

国内外を問わず、旅が大好きです。
これからもずっと、旅をしていきたいと思います。

さて、今日も真夏日となりそうですね。
皆さま熱中症にはお気をつけくださいませ。

今日も素敵な一日を。053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2016-05-24 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

花まつり~2016~

昨日の雨で大分桜も散ってしまったでしょうか。
今日は暖かくて過ごしやすそうですね。

さて、本日4月8日は「花まつり」と言って、
お釈迦様のお誕生をお祝いする日です。

年に数回訪れる京都より。016.gif

c0355521_09011967.jpg











真ん中にいらっしゃるのがお釈迦様です。
天と地を指し、

「天上天下唯我独尊」
(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)

とおっしゃっています。

お釈迦様は裕福な家にお生まれになられたのですが、
「生・老・病・死」の4つの苦しみがあることに気付き、
29歳でご出家されます。

そして、35歳の時に悟りを開き、仏教の教えを広めて
いきました。

天上天下唯我独尊というのは、
「この世の中で自分という存在は、誰に代えられる
ものではなく、この命のままに尊い存在である」
という意味です。

お釈迦様の回りにあるのは「甘茶」というお茶で、
これをお釈迦様に注ぎお誕生をお祝いいたします。

今日は全国のお寺でお祝いのお祭りがあると思いますので
ご縁のある方はぜひ足を運ばれてみてくださいね。

それでは、素敵な一日を。053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2016-04-08 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

酉の市の魅力

先日、浅草酉の市に行って参りました。

神社に行けば開運する。

と思われている方も多いかと思いますが、実はそのように
短絡的なことではなく、神社仏閣にも「相性」というものが
存在すると今までの経験上感じます。

酉の市とは、関東近辺に存在する鷲神社にて毎年11月の酉の日に
行われる年中行事のことで、主に商売繁盛、来年のさらなる開運を
願って盛大に行われるお祭りです。

酉の市は毎年回数が変わります。
今年の11月は酉の日が3回あるので、酉の市も3回開催されます。
(※昨年は二の酉まででした)

経営者の方はゲン担ぎで「一の酉」にいらっしゃる方が
多いようです。

私も「一の酉」に行ってまいりました。
そして知人に誘われ、その次の二の酉にも行くことに。037.gif

ちなみに、関東三大酉の市は

浅草・鷲神社
新宿・花園神社
府中・大国魂神社

の三柱からなります。

有名なのは、露天に並ぶ「熊手」。

c0355521_15011219.jpg
















熊手の買い方にも幾つかポイントがあります。
売り子さん直伝のポイントです。

次回の記事で、ファン限定公開でUPいたしますね。

こちらは二の酉にて。

c0355521_15090801.jpg












夜に行くと提灯のライトがとっても綺麗です。

一の酉には日中伺いましたが、やはり夜に行くよりもずっと
空いていて(と言っても混んでいますが)、きちんと拝殿前まで
スムーズに動きました。

c0355521_15100190.jpg

















鷲神社で引かせていただく御神籤、そしてその隣にある長國寺で
お坊さんに引いていただく御神籤が不思議なことに毎回ドンピシャに
(怖いほどに)当たっておりまして、毎年驚きます。

やはり神社仏閣との相性というものは存在し、自分にとって
「ここは波長が合う」と感じたら、きちんとお付き合いさせて
いただくとより一層のご加護をいただけるような気がします。

今年は残すところ三の酉のみの開催となりました。
明日、11/29(日)が酉の日の最終日となります。

ちょうど週末、そして最終日なので混雑必至かと思いますが
ビビビ!と来た方はぜひ足を運ばれてみてくださいませ。053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-11-28 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

陰陽のバランス

いよいよ11月がスタートしました。
皆さまいかがお過ごしですか?

年内の個人鑑定は締め切らせていただきました。
ご縁をいただきました皆さまには、深く御礼申し上げます。040.gif053.gif

さて、今日のテーマは「陰陽のバランス」についてです。

私のブログの読者様には今更説明する必要もないかと思いますが、
風水の基本的概念の中に「陰陽思想」「太極」というものがあります。

太古の昔、宇宙は壮大なビッグバンによって創られ、その中で
微細なものを含めありとらゆるものが「陰と陽」に分かれたと
されています。

陰と陽は別々に孤立するものではなく、陰は陽を支え、陽は陰を
支えています。

陽は字の如く、太陽の陽です。

明るくて、熱くて、ギュッと詰まっていて・・・
大雑把に言うと、そのようなイメージです。

人間で言うと「男性」が陽に当てはまります。

陰は、暗くて、冷たくて、ビヨ~ンと伸びていて・・・
女性は「陰」に部類します。

全ての自然、食べ物など、宇宙に存在するあらゆるものが
陰と陽に分かれており、極端にどちらかに偏るのは良くありません。

例えば、「神社仏閣」についてもそうです。

神社ばかりに参拝して、お寺には全く行かない。

これでは陰陽のバランスが偏ることになります。

自分が信仰する産土神、そして、菩提寺などに表されるように
自分にとってゆかりのあるお寺、心地良いと感じるお寺にお参り
させていただくこと。

この2つのバランスが取れて初めて、運が開けるというものです。
皆さまも是非、陰陽のバランスを意識されてみてくださいね。

さて、こちらは愛用しております「塗香」(ずこう)。

c0355521_08584927.jpg
















西国を回っていた時にいただいた天然香です。

塗香とは、香木が細かいパウダー状になったものです。
一部、練香になったものもあります。

御香屋さんや仏具店などで塗香入れが売られていますので、
それらに入れると持ち運びし易いです。

塗香は元々仏教から伝来し、仏様に捧げる供物の一種でした。

現在はお寺や神社など神聖な場所にに行ったとき、手水舎が
使えなかったり、全身を素早く清めたいときなどに使用します。

使い方は宗派により異なりますが、先ず指ひとつまみの少量の
塗香を左手に受け、右手の人差し指と中指に少しつけ、口に含みます。

次に塗香を両手で何回か擦り合わせた後、その両手で胸に当てて塗ります。
胸元が開いていないお洋服の場合は、衣服の上からでもOKです。
その際、お洋服がシミにならないようご注意ください。

ちょっと身体がダルい。
何となく清めたい気分。

日常生活において、そういったシチュエーションにも使えます。

塗る場所としてのおススメは、「首の後ろ」です。
首の後ろは、色々なものが入り込みやすい場所です。

「背中がゾクゾクする」

そのような経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

代表的な厄除けアイテムとして「天然塩」はかなりポピュラーですが、
「塗香」をお持ちの方はまだまだ少ないようです。

気になる方は、一度お試しくださいませ。053.gif
 

[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-11-04 07:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る