カテゴリ:通書擇日( 6 )

秋の土用

本日から秋の土用期間となりました。

そして、新月(14時06分~)も重なっています。


c0355521_08470399.jpg


















土用期間は11/6まで、18日間続きます。


土用という概念はもともと中国から伝わったものですので、

通書にも「土王用事」として記載されています。


土用期間と言うのは、季節がグンと入れ替わる時期なんですね。

皆さまも今まさに体感されていると思いますが、天気も不安定、

洋服も何を着たらよいのか分からないくらい、季節が移り替わっています。


さらに今日に限っては、他にも手強い凶神が付いていますので、

大事な新規契約事、契約書へのサイン、支払いなど等、

重要なことは控えた方が良さそうです。


雨なので皆さま遠慮されるとは思いますが、

土いじりはNG行動ですので、お気を付けください。


週末も素敵な日々をお過ごしくださいませ。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-20 07:30 | 通書擇日 | Comments(0)

思い立ったが吉日~正しい擇日の使い方~

思い立ったが吉日。

今日思ったのならば、今日変える。

       by,Noriko`Daisy Lin’Maeda




若干24歳にして、女性ファッションブランド、

「FOXEY」を立ち上げ、後に大成功を収める。


ファッションのみならず、母として、女性として、

強くて品格のある、彼女の生き方に共感する女性は後を絶たない。



c0355521_08285242.jpg




















画像:FOXEYオフィシャルWEBサイトより


彼女のお父様は、中国の方。お母様は日本と中国のmix。

ですから、彼女には中国の血が流れているんですね。


彼女のモットーは、

品格、清潔感、整理整頓。


「美」をご自身で体現されているような、そんな方ですね。


そんな彼女の言葉が、「思い立ったが吉日」。


占いが好きな方や、吉日を気にする人にとって、

「思い立ったが吉日」ほど、勇気のあることはないと思います。


思い立った日が、自分にとって物凄く悪い凶日だったら?

いいな!やりたいな!と思った日が、占いで最悪の日だったら?



さて、
あなたなら、
どうしますか?




Mrs,DaisyLinならきっと、直ぐに行動に移すと思う。

少なくとも私なら、行動することを選ぶ。


自分の直感とか、感性を大事にする人は、成功を掴むという

ことに対して、ある種の「覚悟」が感じられる。


どちらに転んでも、自分の始末は自分でいたします。


そういう心意気が見られるから。


だからきっと、どんな困難にあっても、結局は成功するし、

人から信頼される人になれるのだなと。


私は普段、通書という中華圏で発行されている吉凶暦を使って、

良い日、良くない日を習慣的に見ています。


c0355521_09045173.jpg





















でも、どんなに良い日でも、今やりたくないと思えばやらないし、

どんなに暦上で悪い日でも、今やらないときっと後悔する、

と思ったことはやります。


純金(99.99%)はとても柔らかくて、アクセサリーには

向きませんが、18金のように、750%のゴールドに、

250%の銀や銅を混ぜれば、大変強くて美しい金属になります。


何が言いたいかというと、何事も、100%完璧にしようと

すればするほど、弱くて脆くなりやすい、ということです。


ちょっとしたふり幅、ほんの少しの余裕を持たせた方が、

上手くいくことってたくさんありますよね。


擇日(吉日選び)で良い日を選択することはとても大事ですが、

本当にあなたがやりたいこと、やりたいと思ったエネルギーを、

暦の吉凶だけを理由に潰さないでくださいね。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-06 07:30 | 通書擇日 | Comments(0)

2018年度、通書を読んでみよう

今年の6月に台湾より直輸入しております2018年度の通書。




「日本では買えないので、私も欲しいです!」というご要望をお受けして、

在庫に限りがあるためクライアント様限定でお譲りしています。


クライアント様で欲しい方がいらっしゃいましたら

価格など併せてお問い合わせください。


通書が読めない方には、年末が近づいてきた頃、もしくは年明けに、

初心者向けの通書講座を開きたいと思っています。


開催は私の準備次第なんですが、内容はきちんとしたものにしたいと

思っておりますので、ご興味のある方がいらしたらメッセージくださいね。110.png


通書って何ー?と言う方も多いと思うので、改めて簡単に説明すると、

中華圏で今現在も使用されている「吉凶カレンダー」のような本のことです。


中身は、その年の吉凶方位、吉凶時間、その日はどんなことに適しているかなど、

事細かく書かれている暦で、家族全員で使えますので大変便利です。

香港では通勝(トンセン)とも呼ばれ、一般の人達に広く親しまれています。


通書にもたくさんの種類があり、流派もそれぞれに異なる場合があります。

サイズも数種類ありまして、一般の方であれば、平本と呼ばれる携帯用の

サイズが一番使いやすいでしょう。(写真左)


c0355521_12001968.jpg






















私は大きな桌上本(写真右)も使用していますが、

一般の方には見やすくて使いやすい平本で十分です。


中身は全て中国語です。日本人は漢字に親しんでいるので、

欧米の方よりは早く読めるようになると思います。


しかし、日本人が思っている漢字の意味と、中国語の漢字の意味は

大きく異なることがあります。


例えば「愛人」という漢字を見ると、日本では「今話題の不・・・」と

思うかもしれませんが(苦笑)、中国語で愛人とは「配偶者」のことです。


ですから、ただ単に漢字の意味を捉えてしまうと、

中国語の意味は分かりづらいかもしれませんね。


擇日の専門用語もありますので、分かる人に聞かなければ難しいかもしれません。


また、通書は基本的に農暦(旧暦)も使用します。

農暦は、私たちが普段使っている新暦とはサイクルが異なります。


c0355521_12061747.jpg


















通書の右上にある「洪潮和」(こうちょうわ)は人名です。

洪潮和は、擇日の元になっている協紀辨方書(きょうきべんぽうしょ)の

内容を改めてまとめ上げ、剋擇講義(こくたくこうぎ)という名の本を

出しました。剋擇講義は、通書を深く学ぶ上で必須の教科書となっています。


通書を知るには、天文学にも触れていきます。

宇宙や星に興味がある人は、とっても面白いかもしれません。


2017年度までの通書(下の写真)は紐綴じだったのですが、

2018年度の新しい通書(上の写真)は普通の本のように製本されていて、

なんか違和感が。(2018年通書の紐はプリントです。笑)


私は紐綴じの方が味わいがあって好きだったので、ちょっと残念。103.png

また少しずつご紹介していきますね。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-05 07:30 | 通書擇日 | Comments(0)

プロの力を利用しよう~吉日選び~

今日は、9月の始めですね。

お朔日参りに行かれる方も多いのではないでしょうか。


下の赤い本は、中華圏内で使用されている「通書」と呼ばれる本で、

簡単に言えば「吉凶カレンダー」のような暦表です。


c0355521_09045173.jpg





















中身は全て中国語ですが、擇日(吉日選び)を学んだ人であれば

ある程度の読み方、見方、使い方が分かるようになります。


通書で一つ困ったことがあると言えば、通書に書かれている表記が

時々間違っていたり、抜けていたりするところです。


例えば、通書用語の一つに「横天朱雀」(おうてんすざく)という

凶神があります。


最近ですと、8/30(水)がその日でした。


横天の日は種類が4つありまして、8/30の横天は建築に関わる上梁を

忌嫌う日とされています。


その為、風水コンサルタント(私の立場)からのアドヴァイスとしては、

8/30という日に上梁を用いることはありません。


上梁は、家の屋根を支える重要な柱です。

出来れば、この凶神の無い日に組み立てたいですよね。


では、次回の横天(上梁不可)はいつかな?と通書を確認します。

次は9/28だと分かっているので、その日の凶神を見てみますと、

ある通書には、横天の文字はどこにもありません。

(他の通書には書いてあることもあります)


つまり、省略されているのです。


横天がどのようにして巡ってくるのか、というロジックが分かっていれば、

「あぁ、この通書では省略されてるんだな」と分かりますが、多分そこまで

分かるのは、プロの先生や、よっぽど好きでお勉強されている方のどちらかです。


ちなみにですが、擇日にも流派が存在します。

私は三合派を使用していますが、風水師、風水コンサルタントによって、

使用する流派が異なる場合があるということを知っておいてください。


また、先生によっては六曜を用いる方もいらっしゃると思いますが、

日本でお馴染みの六曜と、中国で使用される擇日は全く異なるものです。


餅は餅屋、という言葉の通り。

ぜひその道のプロフェッショナルを頼られてみてくださいね。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-01 07:30 | 通書擇日 | Comments(0)

暦を知ってから、行動に移す。

今日は新宿伊勢丹の、夏のクリアランスセール初日です。

もちろん、仕事で行けません・・・むむぅ。


都内在住の方、特に伊勢丹LOVERならご共感頂けると思いますが、

新宿伊勢丹のセール時は戦場です。日本最高峰の。103.png


本当のお金持ちは、百貨店ではあまりお買い物をしないので

関係ないんですけどね。(笑)


c0355521_07373200.jpg


























本日の通書を見ますと、

しっかりと「財離」という凶神がついています。



財離とは、その名の通り「財が離れる」という意味です。

伊勢丹さんは、通書を見ながらセールの日程を決めているのかしら?103.png


このように、通書を読むことができれば、

「この日はこういうことに注意すればいいんだなぁ」

「今日はこういうことに良い日なんだなぁ」


ということが、一目で分かります。


本日初日にセールに参戦される方。

お財布の紐にはお気をつけくださいませ。126.png


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-12 07:30 | 通書擇日 | Comments(0)

2018年度版 通書便覧が台湾より入荷しました!

夏至も過ぎ、今年も残り半分ですね!


風水の仕事に携わる者にとっては、来年の暦をチェックしながら

対策や方針を立てる時期となりました。(私は遅い方で~。105.png


さて、来年度(2018年度)の通書が台湾よりドサっと届き始めました。


c0355521_16461086.jpg






















通書とは、主に台湾・中華圏で吉日選びに使用される暦のことで、

毎年新しい物が発行されています。


いわば、吉日カレンダーみたいなものです。



※通書は、日本の一般的な大衆書店では販売されておりません。


c0355521_07395735.jpg

















中華圏の方々が使うものなので、中国や台湾の人皆さんが読める(理解できる)

と思われがちですが、意外と読めない現地の方も多いようです。


それは日本人でも同じかもしれません。

例えば日本の大型書店の多くに置かれている「高島易断」の本や、

神社で頂ける「神社暦」がありますよね。


日本人であれば、なんとなく暦は読めると思いますが、突っ込んだ話になりますと、

占術に不慣れな方は「はて???」となりますよね。


例えば、十干であったり、二十八宿、九星のことなど、

占術について全く知識がないと、星の象意や言葉の意味が読めないはずです。


ですから、単純に中国語を勉強すれば通書が読めるようになるか、と言えば、

答えは「NO」となります。


通書は、ご予定されている、結納、ご結婚、入籍、お引越し、地鎮祭、ご旅行、

お仕事の開業日、ご契約日など、大切な日の吉日選びにお役立てください。


通書で選べる吉日は、他にもたくさんあります。

例えば、神棚や仏壇を設置する日、お友達との飲み会やパーティーに良い日、

入院に良い日、髪を切る日、エステに良い日、子宝に良い日、冷蔵庫を掃除する日、

動物の躾に良い日、爪を切る日、部屋のお掃除に良い日、など等・・・面白いですね。


日本に浸透している「六曜」(大安、仏滅など)とはかなり異なりますので、

この機会に通書の魅力に触れて頂けたら幸いです。


こちらは、擇日の古典書です。

c0355521_21254980.jpg















「欽定協紀辨方書」より


「欽定協紀辨方書(きんてい きょうきべんぽうしょ)」と読みます。

「欽定」の「欽」という字は、敬うとか、慎む、といった意味で、

皇帝の命令によって作られた(定めた)書、という意味です。


全部で36巻もある壮大なもので、ありとあらゆる擇日についてのことが

書かれている書物です。


どういう仕組みでその干支が回ってくるのかとか、

どの神煞を見れば吉凶が分かるのかとか、擇日の原理原則、etc・・・


c0355521_21293560.jpg


















有名な「剋擇講義」は、上の膨大な量の協紀辨方書をまとめた本で、

擇日を知るのに重要な教科書とされています。


こちらは、玄空大卦を用いた擇日法です。


c0355521_22540079.jpg



















玄空大卦の大きな特徴の一つと言えば、天の動きだけでなく、

地の運も読み取っていく面白さがあります。


▽ 次の旅行は、何月何日の何時に出発しようかな?

▽ 今度友達とパーティーをするけれど、良い日や良い時間帯はあるかな?

▽ 来月の家のリフォームはいつにしようかな?

▽ そろそろ庭に野菜の種を植えたいけど、良い日はあるかな?


など等・・・

「こんなことまで?」と、驚くほどたくさんの吉日が分かるのが通書です。


そういった日常生活でたくさん使えそうな吉日の見分け方を、

今後、ご縁のある方にレクチャー出来たらいいなと思います。


ご興味ある方、いらっしゃいますかね?(笑)

お一人でもいらっしゃったら、セミナーも実現できるかしら?と思っています。


通書による吉日選びなので、六曜と違ってかなり本格的です。

ご家族みんなで使えるところも良いですね。110.png


準備、頑張りますね。

多謝~。162.png


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-26 07:30 | 通書擇日 | Comments(4)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る