カテゴリ:日々の出来事( 86 )

七夕~短冊へ込められた願い~

今日は七夕ですね。


街の所々にも七夕祭りの短冊が飾ってあって、

ふと、「誰かの願い」を目にする季節となりました。



「働かずに大金持ちになれますように」

「宝くじで1等が当たりますように」



こんな短冊も見かけたり。(笑)


働かずに大金を得ること。

それは、きっと誰しも一度は「夢」見ることですよね。


「夢」というのは、叶っても叶わなくても、どちらでも良いこと。

夢なら叶わなくても困らないし、叶わなくても悲しくない。


でも、「志」(こころざし)というものは、自分の中で絶対に成し遂げるという

意識を持って、ひたすらに努力し、必ず達成させるという目標、目的であると。



銀座にある、宝くじ売り場の1番窓口。

年末になると、その「億の細道」にはとてつもなく多くの方が並びます。


その行列を見て、


一体この中に、「血眼に働いて、必死で努力して、絶対に成し遂げてやろう」

という志を持った人って、何人いるんだろう?


そんなことを、思ったことがあります。



まるで何かが、自分に取り憑いたかのように。

見えない力に急き立てられ、居ても立っても居られなくなるとき。


そういう経験をしたことがある人って、少なくないと思う。


全ての事に理由を付けて行動を起こせない人は、

行動を起こせない自分を、まさに自分で選択している人。


人は、なるべく楽をしたいと思うのが普通だし、

人が見ていないところでは、気が緩んでしまうものだから。


夢も大事ですが、「志」も忘れずに持っていたいですね。


今夜は空を見上げて・・・

ロマンティックな七夕をお過ごしください。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-07 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

「礎」


「曾子曰く、吾、日に三たび、吾が身を省みる」
                   論語より


原文

曾子曰、吾日三省吾身、
爲人謀而忠乎、
與朋友交言而不信乎、
傳不習乎。



曾子がこうおっしゃった。

私は一日に何度も、我が身を振り返ってみる。


人のために、真剣に尽くせたかなぁ。

友達に接するとき、誠意を持って対応できていたかなぁ。

自分が知らないこと、よく知りもしないこと、人づてに聞いただけの話を、

他の誰かに教えることはなかったかなぁ。


-------------------------------------------------------------------------


風水を考えるとき。


私は常に基本に立ち返り、軸からブレていないかを確認します。


c0355521_22423878.jpg

























鑑定に携わり、「今回は良い家だったな」「今回は良い土地だったな」と、

「良かった」と思える時ほど、「本当に良かったのか」「何が良かったのか」と、

何度も振り返ります。


流派が違えば処方も異なる。


だからこそ、奇を衒った風水処方にならないようにすること。


特別な風水処方、風水の仕掛け、風水マジックを施すことよりも、

私が大切にしていることは、「趨吉避凶」、即ち、凶を避け、吉に趣くこと。


この思想がベースにある。


占術の世界では、秘儀・秘術ほど使えないものはない、と言ったりしますが、

その真意は別としても、ベースにあるものはシンプルな方がいい。


そして結局は、シンプルなベース(基礎)が一番用いられる方法であって、

一番の近道で、一番確実だったりするから。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-05 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

人生十五訣

中国の古い格言に、このような言葉があります。


一、命 (四柱推命・紫微斗数に代表される先天的な運)

二、運 (己の努力で変えられる後天的な運、成長運)

三、風水 (住んでいる場所、環境を整えること)

四、積陰徳 (日頃の行いを善くする、功徳を積むこと)

五、読書 (勉強、努力、技術、己を磨くこと)



一番最初に来るのが、自分の力では変えることの出来ないもの。

生年月日時(四つの柱)で決まる「命」のことです。


「変えられない運命」というと、

「じゃー努力しても無理だね」というのは早合点というものです。


例えるなら、命運、命式というのは、いわゆる自分の「癖」のようなもの。

癖とは、人生や本人に備わった「自分だけの傾向」のことです。


せっかち、頑張り屋さん、親と縁が薄い、子供に恵まれない、大成功する、

身体が丈夫、など等、自分には何かしらの「癖」があるのです。


その癖が、「命」です。


癖を直すことは難しいかもしれませんが、努力は出来ます。

箸の持ち方、鉛筆の握り方は、一度覚えたらなかなか直せません。

しかし、直す直さないは、本人の努力次第です。


例え天に逆らえない命を持っていても、必ずそこから何かを学ぶことが

出来るようになっているのが人生なのです。


そして、五番目が読書。

つまり、努力や勉強は、一番後で良いと。


風水は三番目です。

まずは環境を整えることが、いかに人間の心理や身体に影響を及ぼすのか。

風水は、努力や勉強以前の問題だよ、ということですね。


この続きがまだあります。


六、名 (姓名判断、名前の大切さ)

七、相 (面相、手相、骨相、動相、心相、衣相など)

八、敬神 (神様を敬う心、畏敬の念を持つこと)

九、交貴人 (立派な人「貴人」と付き合うこと)

十、養生 (健康を大事にする、早寝早起き)



名前は大事、中身は顔に出る、見えないものこそ大切に、

誰に出会うかで人生が変わる、健康あっての人生、と教えてくれています。

私のブログでは、もう少し続きまで書いておきますね。


十一、擇業與擇偶 (天職と良き伴侶を得ること)

十二、趨吉及避凶 (凶を避け、吉に赴く、風水・五術の知恵)

十三、逢苦要無怨 (苦に逢っても天を怨むべからず)

十四、不固執善惡 (善悪に固執しない、道徳心を持つこと)

十五、榮光因緣來 (栄光は、因縁・カルマから来るものである)



運命学や風水学は、人々を生きやすくする術、先人の智慧の一つであって、

占いの結果により自分の人生を結論付けてしまうことは、あまりにも浅はかです。

占いは、より良い人生を送るための、ツールの一つとして上手く利用できれば十分です。


人生十五訣を胸に、

当たった、外れた、の占いだけに振り回されない人生を送りましょう。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-27 07:30 | 日々の出来事 | Comments(5)

夏至の過ごし方

本日13時24分、太陽黄径90度で「夏至」を迎えます。

一年で最も日が長く、陽が極まる日です。


c0355521_07310347.jpg






















空が美しい日、夏至の前のご挨拶に。

来月は關帝誕の神事もございます。110.png


暦としては今日から少しずつ陰に向かい、次の冬至で陰が極まります。


今日はほぼ全国的に雨の地域が多いようですが、正午~夏至を迎える時間帯に

外の空気を感じられると良いですね。


都会で過ごされる方々は感じ難いかもしれませんが、

自然を感じながら時を刻んでいくことは、とても大切なことです。


「自然の流れに逆らわない」


風水の基本です。


自然に逆らうから苦しいし、自然に逆らうから不自然になる。


今日はちょうど雨も降っていることですし、いつもより「自然」を意識して、

自然に感謝出来る日でありたいですね。


素敵な夏至の日をお過ごしくださいませ。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-21 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

裏方の存在

伝統風水を公にお伝えし始めて2年と少し。

まだまだひよっこの風水コンサルタントです。


今までご縁があって鑑定させて頂いたクライアント様や、

セミナーを受講してくださったお生徒さん、お一人お一人のことを

思い浮かべて、改めて自分のビジョンを見つめ直していました。


私のビジョンは、とてもシンプルなんです。110.png


私の仕事は、黒衣のような存在です。

表舞台に立つ主役ではなく、裏方で地味な仕事をしています。


私のプロフィール写真がモノクロなのは、

そういったメッセージが込められています。


人を不安にさせる風水ではなく、

人を幸せに導ける風水を伝えたい。


これからも、誠実さと笑顔をモットーに、頑張ります。


「道雖邇、不行不至、事雖小、不為不成」 荀子


c0355521_22020352.jpg
















Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-09 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

東奔西走

GW最終日の昨日はお天気も良く、天赦日も重なり清々しい一日でしたね。

新茶の季節ということもあり、毎日美味しいお茶を飲みながら仕事を

しておりました。


5月に入り、お茶の世界も炉から風炉の季節へと移りました。

初風炉のお稽古が出来ず残念でしたが、時間を見つけてお茶を点てるひと時を

持ちたいと思います。


さて、GWの関西は気温が高く、汗ばむ陽気でした。

京都、大阪、神戸、岡山・・・etc

とにかく毎日歩き回っておりました。


c0355521_09395506.jpg














ふと、携帯の万歩計を見ると、一日で約10km歩いていました。(笑)


京都はトンボ帰りだったため、ご招待頂いたこちらには立ち寄れず・・・


c0355521_09295617.jpg














折角素敵なプリザーブドフラワーまで頂いておりましたのに、

チケットが勿体ないですね。


c0355521_09301507.jpg














クライアント様でチケットが欲しい方がいらっしゃいましたら、

お譲り致しますのでメールくださいね。162.png


会期は、~2017年8月6日(日)までです。




今週も素敵な日々をお過ごしくださいませ。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-05-08 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

与えているのに、豊かになれない人は・・・

自分が豊かになりたいのであれば、

よく人に「与えなさい」と言われますよね。


c0355521_08122065.jpg


















でも、「こんなに人に与えているのに、ちっとも豊かにならないんです!」

という人もいます。

その差、一体なんだと思いますか?


人に与えるということは、

相手が受け取ってはじめて、それを与えたことになります。


自分がどんなに与えたつもりでいても、相手が受け取れていなかったら

与えていないのと同じです。


もしあなたが経済的、精神的に豊かになれていないのであれば、

相手がきちんと受け取れているかどうかを疑ってみてくださいね。


伝統風水という膨大なデータを、いかに集約して、現代を生きる

皆さまにお届け出来るか。


皆さまがきちんと「受け取れる」ような、そんな伝統風水情報を

提供していくことが、今の私の小さな目標です。178.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-04-20 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

お金の扱い方にその人の性格が出る

先日、支払いの予定があったため銀行へ行ってきました。

c0355521_21143565.jpg















私の場合、人様にお金を渡す予定がある時は、予め新札を準備し、

金子包みをしてからお渡しさせて頂いています。

月謝の類は言うまでもなく新札ですが、例えばちょっとした会費や、

御礼、御車代なども、出来る限り新札で準備します。

どうしても新札を準備出来ないときは、自分の財布に入っている一番綺麗な

お札を選び、先方にひと言添えてからお金をお渡しするように心掛けています。


お金の支払い方には、人間性が出るのでとても面白いです。

スーパーのレジでの支払いから、高級ホテルのお会計まで、

人のお金の扱い方は、十人十色だなぁと感じます。


レジでイライラしている人。

小銭を出すのにまごついている人。

財布の糸がほつれている人。

取り出したお札がしわくちゃな人。

お金をポーンと投げるようにトレイに置く人。

何でもかんでも、必ず会社宛で領収書をもらう人。

etc・・・


お金の扱い方、使い方は、その人の性格をも表すようです。


例えば、上記に挙げた、何でもかんでも会社宛の領収書で貰う人。

つまり、身銭を切れない人ですね。

身銭を切るってことは、本気ってことだと思うんです。

例えば、お祝いで頂いた品物が、経費で買った物と、個人のお金で

支払われた物だったら、あなたはどちらが嬉しいですか?


お金の扱い方は一番「個」というものが出ると思っていますが、

物の扱い方そのものも、やはりその人の「個」が出ます。


以前、このようなことがありました。


私よりも年上の女性だったのですが、その方とお茶をした後、

私が駐車券を頂こうと思ってスタッフの方にお願いしようとしたら、

「私がもらってあげる」

と言って、私が手に持っていた駐車券を、パッと奪い取ったんですね。

まさに、奪い取る、という言葉が相応しい取り方でした。


普通であれば、「お願いします」と言って私が彼女に駐車券を手渡しする

形だと思うのですが、その間もなく、一瞬の出来事でした。

別にそんなことは気にしない、と言う方が大半だと思います。

でも私は、「あぁ、こういう所作はしたくないな。」と思いました。


所作には、日頃の行動であったり、その人の想いが出るんだなぁと、

改めて思った出来事でした。


茶道の先生からは、

Rieさん、重たい物(水指など)は、軽く見えるように、

軽い物(お茶杓など)は重たく見えるように持ちなさい。


と、常日頃からご指導をいただいています。

所作には、丁寧さと美しさが必要なのです。


だからと言って、私がいつも完璧な所作が出来るわけでもありません。

心掛けというものの大事さを知った、というほんの一例です。


ビリオネアと呼ばれる方たちのお金の扱い方、使い方は気持ちがよく、

本当に見習うことが多いです。


私も気持ちの良いお金の扱い方、使い方を習慣にしたいと思う、

うららかな春の日でした。179.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-04-17 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

運の良さの正体

運の良さの正体とは、粘り強さのことだ。

運がいい人ほど気長にチャンスを待って努力を続け、

すぐに見切りをつけずにじっくりと観察して本質に迫ろうとする。

ギャンブルなどのような物を除き、人生における運のよさとは単なる確率の問題ではなく、

集中力と自己コントロールの問題なのだ。

(メンタリスト・DaiGo)


--------------------------------------------------------------------


もしあなたが本当に自分の運を良くしたかったら、

自分の運命を自分で勝手に決めつけないことです。


占いでは、今はダメな時期だから・・・

風水では、良くない家に住んでいるから・・・




で???




あらゆる占いも風水も、ある側面から見れば一つの壮大な統計学です。

確率が100%ではないものに対し、あなたは依存し過ぎていませんか?


c0355521_08572315.jpg















風水は利用するものであって、依存するものではありません。


もしあなたが命運やら、風水やらに本気で惑わされているのであれば、

思い切って全てを止めてみることです。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-29 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

エルメスが高くても売れる理由

世界最高峰の革ブランド、HERMES 。

誰もが憧れる高級ブランドですよね。


c0355521_07290142.jpg














前に買った雑誌、全く読んでいなくてピカピカのまま・・・(涙)


自社の製品に対し、凄まじい労力と、一切の妥協を持たない最高級の素材、

世界最高峰の物づくりの為なら、多額の費用がかかることも厭わない姿勢。


私はそんなHERMESが(一企業としても)大好きです。


HERMESが売っているものは、ただの物ではなく、HERMESという幸福です。


というのは、どなたがおっしゃった言葉だったかしら。。。


c0355521_07283048.jpg















世界中の人たち全員に分かってもらえなくても、HERMESを求めにきてくれる

お客様たちだけに分かってもらえれば、それでいい。

誰に媚びることなく、自分たちが納得できるものだけを提供していく。


HERMESが情熱を注ぎ込む労力に見合った「商品価格」。

それを高いと感じるか、適正価格と感じるかは、人それぞれ。


私が売っている風水鑑定という商品も、ただの鑑定レポートではなく、

風水鑑定書と言う名の「一人一人の幸せな未来を描いた道標」です。


私の鑑定を必要としてくださる方のために。

一人一人に必要な幸せへの道標を、完全オーダーメイドでお届けしています。


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-10 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る