カテゴリ:日々の出来事( 88 )

女の嫉妬よりも怖い、男の嫉妬。

2003年のベストセラー本、「バカの壁」。


著者の養老さんがおっしゃる「バカの壁」とは、

自分で知ることに限界を作ることであったり、この先は

知らなくてもいいやという、脳の壁を作ることを指しています。


他人の言葉に耳を貸さない、というのも、

一種の「バカの壁」ですね。


この本が出版されてから、10年以上が経つわけですが、

最近面白かった「壁」が、「ジジイの壁」です。



c0355521_18525755.jpg




















「他人をバカにしたがる男たち」著:河合薫


・「ジジイの壁」は不滅。P.3

・「ジジイ」とは「自分の保身のため」だけを考えている人。P.4

・アンチロールモデルの脅威。P.5

・「ジジイ」は女性の中にもいる。P.5

・エリートほどネット炎上に加担しやすい理由。P.35

・犬が鳴く理由はストレス解消のため。P.43

・40代から始まる「老害」。P.45

・負け組になりたくない50代。P.77

・「正義」という名のエンビー型嫉妬。P.122

・紅一点の女性の難しさ。P.156

・権力は強さではなく、弱さに宿る。P.186

・「大切にされている」がSOCの土台。P.202


二冊目にご紹介させて頂くのは、

「ヒトは「いじめ」をやめられない」著:中野信子


いじめは子供たちの間だけではなく、

大人たちの間にも存在しているものです。


先の「ジジイの壁」とも話が繋がってくるのですが、

女性が社会で活躍しようと思ったら、必ずぶち当たるのが、

「ジジイの壁」と、「大人のいじめ」なんですね。103.png


現都知事も、痛いほど「ジジイの壁」を感じられていることでしょう。


・「向社会性」がいじめを生む。P.23

・「快感」は「理性」より強い。P.56

・女性はグループを作り、男性は派閥を作る。P.92

・男性の方が妬みを感じやすい。P.92

・男性の制裁行動は過激化する。P.98

・女性のサンクションは巧妙化する。P.100

・「メタ認知」を高める。P.130


脳科学の視点からも解説が入るので、大変興味深かったです。


これらの本は、決して性差的差別ではなく、

「男女の脳の仕組み」、その違いの解説が主体となっています。


安直に「男だけがバカにしたがるんじゃない」、

「女もジジイ化するなんて」と反論すること自体が、

もう既に「目障りなジジイ」なわけで。(笑)


風水で人間関係を良くする改善法もありますけれど、

やはり、普段から様々な分野の本を読んだり、色々な分野の

方々とお話をしたり、取り組んだりして、自分の視野を広げる

ことはとても大事です。


実際それが、良好な人間関係に繋がることも多いんですね。


目には見えない力、現実的な力を知る。

その両者を学ぶことは、自分にとって大きなプラスになります。


男女問わず、上記の本にご興味のある方は、

ぜひ手に取ってみてくださいね。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-26 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

五行をアレンジした開運風水財布

まず最初に断っておきますと、

伝統風水の項目に「財布」はありません。


風水を学ぶ上で大切な「五行思想」ですが、

これをアレンジし、様々な商品が産み出されています。


その代表例が、「お財布」でしょうか。


緑色のお財布は、金運を成長させる。
→成長を意味する「」になぞらえて。

黄色、黄土色のお財布は貯蓄運UP。
→養分を蓄える「」になぞらえて。

金色のお財布は、金そのもので金運UP。
→金色=お金を意味する「」になぞらえて。

黒色のお財布は、お金を貯める。
→秘密を守るという「」の象意になぞらえて。


意味はきっと他にもたくさんあると思いますが、

大体こんな感じでしょうか。


五行の中で、お財布に対して最も忌み嫌われ、

誤解されている色があります。


それが、火のエネルギーを持つ「」です。

紫や、濃い目のピンクも、火の仲間です。





「赤い財布が金運を失う」と人々に植え付けるのは、

なんとも最もらしい「こじつけ」です。


理論で言えば、紙幣は紙=「木」なので、

火が燃やしてしまうということですね。


同じ理論を使えば、プラスティック製のクレジットカードや

銀行のキャッシュカードも「火」に分類されますので、

紙幣の入ったお財布には一緒に入れられないことになりますけどね。(笑)




彼女のクロコのお財布も、赤でとても素敵です。


庶民が真似してはいけない。

こういうお財布は、エネルギーの高い人しか持ってはダメ。


お財布の開運商法あるあるです。104.png


また、八字(四柱推命)を使って、自分に足りない五行を補う、

または、活性化させるといった考え方を用いて、お財布の色を

アドヴァイスすることも可能です。


でもそれは風水ではなく、あくまでも「占い」であり、

ある意味では「プラシーボ効果」や「心理的効果」を狙ったものです。


色の効果だけで言うならば、自分の好きな色を身に付けるだけで

十分に心理的効果は得られるかと思います。


占い師に高いお金を払って、自分だけの金運UPの色を教えてもらう。

それだけで、既にお金(金運)が減っているような・・・103.png


お財布に限らず、物を買う時は、

自分が「好き」だと思える気持ちを大切になさってくださいね。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-16 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

結局あなたは、何屋さん?

私の場合、風水の分野で申し上げますと、

「玄空飛星派風水」を専門としています。


c0355521_16200489.jpg










今までに様々な占術を学んだり、資格を取ってみたり

しましたが、これが専門です、と言えるのはごく僅かです。


最近急速に増えている起業家さん、そして、多くの占い師さんも

大変に勉強熱心で、様々な資格をお持ちのようです。


プロフィール欄を拝見しますと、


・〇〇インストラクター
・△△セラピスト
・□□マイスター
・〇〇師
・△△コンサルタント
・□□カウンセラー
・〇〇認定士
・△△アドバイザー
・□□ティーチャー
・〇〇マスター
・△△アナリスト
・□□コンシェルジュ
・〇〇スペシャリスト
・△△ソムリエ
・□□クリエイター
・〇〇コーディネーター
・△△ディレクター
・□□プランナー
・〇〇トレーナー
・△△コーチ
・□□リーダー

・・・etc。


たくさんの資格の名前が連なっています。


さて、ここで。

あなたなら、このプロフィール欄をご覧になって、

どのように思われますか?


私なら、こう思います。



結局あなたは、
何屋さん?




例えば、メインとしているカウンセリング、占いなど、

何でも良いです。


あなたの専門が知りたいです、って思いませんか?


例えば、私のプロフィール欄に

・風水コンサルタント
・姓名判断士
・九星気学鑑定士
・家相診断士
・〇〇マスター
・△△セラピスト
・□□アドバイザー
・〇〇プロフェッショナル

・・・etc


と書かれていたらどうでしょうか。


「色々なことを勉強しているんだな。」

「こんな知識も持っているんだな。」


と思われる程度で、最後に行きつくのは、


結局あなたは、
何屋さん?



だと思うんですね。


例えば、家相と玄空飛星では、判断の仕方が全く異なります。

もちろん知識としては持っていますが、実際に使うという意味では

家相の判断は使用しませんし、適用外です。


つまり、例え知識を持っていたとしても、プロフィール欄に

載せるメリットはないんです。


メリットどころか、消費者を混乱させる要因にもなり得ます。


時々、院長一人の街のクリニックの看板に、

皮膚科、整形外科、内科、小児科

といった具合に書かれてある病院ってありませんか?


私は絶対にそういう病院には行きませんが、

で、結局あなたの専門分野は何なの?

と聞きたくなるような人って、世の中にたくさんいますよね。


伝統芸能で生きている方が、他分野(俳優業など)でもご活躍

できるのは、自分の軸が確固たるものだからだと思うんですね。


軸があるから、他所にも足を延ばせる。


しかし、軸が無いにも関わらず他所にも足を延ばしたら、

もう自分の現在地が把握できない迷子ちゃんと一緒です。


資格を取ることや、様々な分野を学ぶことが悪いことではなく、

自分の専門は何か、という部分がブレブレの人は、

結局何をやらせてもブレブレなんです。


私が「玄空飛星が専門です」と言うには浅学でおこがましい

のですが、自分の軸はこれです、ということは胸を張って

言えるように勉強を続けていきたいと思っています。


コロコロと頻繁に専門が変わる人。

あれも好き、これも好き、で軸が無い人。

ぶっちゃけ、専門外の分野を教えている人。


そういう人は、顧客との信頼関係を築きにくいのかなと。


自分の専門分野以外のことをすることが悪いのではなくて、

専門分野はある程度まで極めてから他所に行った方が、

説得力も増すよね、と。


あまりにも多過ぎる資格が無駄にならないように、

自分の中で一度整理する(捨てる)ことも必要かもしれません。


それでは皆さま、今日も良い一日を。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-05 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

十五夜~中秋節~

今朝はとても冷え込みました。

いよいよ秋も深まってまいりましたね。


本日は十五夜です。

明後日10/6には、満月を迎えます。


台湾で「中秋節」と言えば、「春節」、「端午節」と並ぶ

三大節句とされ、月餅を食べたり焼き肉を食べたりと、

大変賑わう祭日の一つです。



c0355521_23194838.jpg
















台湾のスタバにも、この時期にピッタリのMENUが。


台湾スタバの限定マグも可愛い。113.png

c0355521_23230387.jpg

















うさちゃんの耳と、真ん丸のしっぽが可愛いです。

c0355521_23231330.jpg

















台湾に行く時は、中秋節を狙って行きたいくらい。

c0355521_23374265.jpg


















日本にはないデザインが良いですね。

c0355521_23232454.jpg















今日のおやつは月餅に決定。

夜は焼き肉にしようかしら。(笑)

日本人なら、お月見団子にすべきか・・・。


皆さまも素敵な十五夜をお過ごしくださいませ。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-04 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

新嘗祭の前に

秋分の日も過ぎ、秋本番となってきましたね。


9月のフライングスター風水は、全て年の飛星と

月飛星の数字が重なる期間となっていますが、

何か変化は感じられていますか?


実りの秋、という言葉の通り、秋は豊穣を意味しています。

実りの象徴でもあるお米、既に今年の新米が出回っていますが、

なんと、天皇陛下は新嘗祭(毎年11月23日)が終わるまで

新米を召し上がることは無いとのことで、一般庶民の私たちの方が

先に新米を頂いているということを知ると、何とも恐れ多いと

思ってしまいます。105.png


だんだんと朝晩も涼しく感じられるようになり、

そろそろ冬の身支度を・・・という時期にもなりましたね。


この間、秋冬のお洋服を買いに行きましたところ、

なんとかフェアとかで、ノベルティをいただきました。



c0355521_07440648.jpg
















今のノベルティって、こんなに豪華なんですか?(笑)

ローションの香りなど、とても爽やかで落ち着いていて、

お手入れの楽しみが一つ増えました。


さて、いよいよ明後日から、私のメルマガがスタートします!

週末は、初日の人数の約2,5倍の方がメルマガ登録をしてくださり、

大変嬉しく思っています。





まだチェックされていない方は、ぜひご覧ください。


今週は9月の最終週ですね。

素敵な日々をお過ごしくださいませ。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-25 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

他者からの批判や攻撃について

昨日は、女性起業家の先輩とオシャレなランチをしてきました。

風水的にも良い立地は気分が上がりますね。


c0355521_23325783.jpg



















数年ぶりの再会が嬉しく、「起業家あるある」でも話が盛り上がりました。

今日は、ネット上での批判や誹謗中傷に悩んでいる女性起業家さん

向けての記事ですので、ご興味のない方はスルーしてくださいね。


--------------------------------------------------------------------------


さて、ネット上で、ある特定の人や、やり方などをいちいち批判して

自分を正当化させたり、悪く言うことによって、自分のファンを作ろうと

する人たちがいますよね。


そういう人が吠えれば吠えるほど、吠えた人の印象って、

普通に悪くなると思いませんか?


そして、それに共鳴する一部の層、つまり、同じ穴の狢、

同類の集団が出来上がっていきます。


そもそも、男性と女性の思考って違うんですね。


例えば男性なら、一番になりたい!という競争心や自尊心を本能的に持っています。

だから、目の上のたんこぶは、全勢力を持ってやっつけようとする、したいと感じる。


子孫を残すためには、何億倍もの競争を勝ち抜いて、

たった一つのおたまじゃくしと卵が一緒になるのと同じです。


ですから、男性が特別な存在になりたい、自尊心を傷つけられたら

攻撃したい、自分を守りたいと思うのは、自然な本能なんですね。


一方女性は、共感する生き物です。


あの人に憧れる!素敵!


一緒にいたい、会ってみたい、真似したい、憧れる、と思うのが女性。


例えば、ブスな講師より、美人講師から学びたいと思うのが

女性の本能なんですね。(シビアだな。笑)


そういう美人が、ちょっと弱い部分もあったり、泥臭いところもあると、

ますます魅力的になる。


ですから、男性に向けるメッセージと、女性に向けるメッセージって、

実は全然違います。


これを押さえている起業家さんは少ないのですが、

出来ている方は、やはり文章がお上手なんですよね。

ありきたりじゃないし、ちゃんと共感してもらえる文章を書かれている。


残念なことに、女性起業家さんが男性(女性)からブログやSNSで

バッシングを受けたり、口撃(攻撃)されたり、嫌がらせとも思える発言を

されたりして、迷惑を受けている方がたくさんいらっしゃいます。


実際に、こんな嫌なことがありました、言われました、という記事を

私も目にしたことがあります。


例えば、あなたの記事を読んで、勝手に自分のことを書かれたと勘違いして、

勝手に自分で傷ついて、勝手に口撃してくるタイプの人。


自己防衛機能が、異常に強いタイプの人ですね。


また、自分が思っていることと違うことが書かれてあったりすると、

それについて黙っていられず(理性が抑えられないタイプ)、いちいち反論、

批判をしてくる人々。


そういう人って実は、どんどんあなたのファン(アンチとも言う)になりやすい。


しかし、そもそも男性脳と女性脳は違いますから、それを知った上で、

気にしないのが一番なんです。


アンチ=あなたのことが気になる、つまり好き、ですからね。(笑)


あなたは自分が好きなこと、伝えたいことを誠実にしていれば良くて、

そこに批判屋さんや口撃大好き星人がきたとしても、自分は真っ直ぐに、

堂々としていればいい。


むしろ叩いてくれればくれるほど、自分の株はますます上がります。


わざわざあなたの貴重な時間を使ってまで
叩いて(反応して)くれてありがとう。

お陰様でSEO対策にもなり、
ブログのアクセス数も勝手に上がりました。


応援して(いつも見て)くださり、
ブログの滞在時間まで沢山稼いでくださり感謝です。


私のビジネスの売り上げも右肩上がりで、
ほんとにアンチ様様です。


って思えば、少しは心も鎮まりませんか?(笑)


女性のそういう部分って、したたかですよね。129.png


まずは、批判や口撃は怖いもの、という先入観を解きましょう。

言いたい人には、言わせておけば良いのです。


表があれば、必ず裏がある。


批判や口撃の裏には、あなたへの嫉妬、強い憧れ、お客様を取られたくない、

という感情からの恐れ、深層心理があるからです。


愛の反対は無関心、という有名な言葉があります。


あなたに関心がある(=好き)だから注目される。

本当に嫌いなら、とっくに無視されているはずです。

そもそも視野外ですよ。


全員から好かれたいだなんて到底無理な話ですから、

コアなファンを増やせば良いのです。109.png


まずは、批判、口撃にいちいち反応しないことです。

心がザワザワするのなら、見ない、シャットアウトする。


例えあなたの記事や意見、思想が、批判、誹謗中傷をされても、

あなたの価値が下がることは絶対にない。


これが面白いことに、むしろ上がるんです。

自分の味方、しかも、あなたを本当に応援したいと思う人が、

どんどん増えていくんです。


勝手に、自分の労力や大切な時間を割くこともなく、しかも無料で。(笑)


あなたが堂々と、真っ直ぐに、心根に正直に活躍すればするほど、

そういう層の人たちは、勝手に淘汰されていきます。


女性には、命を育み、生み出すほどの強さと、優しさと、逞しさがあります。

しなやかに強く、自分らしく前に進んでいきましょう。


頑張る女性の皆様、今日も笑顔で過ごしましょうね♡

この記事が、一人でも多くの女性起業家さんの胸に届いたら嬉しいです。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-11 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

満月の夜に

満月の夜ですが、東京はお天気が悪く・・・

皆様のお住まいの地域では、真ん丸お月様、見えていますか?







お月様が見えず残念なので、素敵な声を聞きながら作業したり。

次の満月は10月4日、中秋の名月です。


素敵な満月が見られるといいなと思います。

それでは皆さま、おやすみなさい。173.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-06 22:00 | 日々の出来事 | Comments(0)

大人の女性のマナー~カフェラウンジの使い方~

ホテルラウンジが好きなので時々お茶を楽しみに行くのですが、

ふと周囲を見渡すと、ビジネス系の人たちで溢れています。


c0355521_21120610.jpg





















先日ホテルラウンジでお茶をしていたら、ゾロゾロと起業女子の

団体さんがお隣に・・・まぁ、それは可愛らしくて良いとして。

そこからカシャッ、カシャッと携帯のカメラ撮影音、筒抜けのおしゃべり・・・


あーた、マナー教室にでも行ってらっしゃい。(デヴィ夫人)


日本ならではの光景ですよ。

ヨーロッパのホテルではあり得ないですよ。


私は今までにホテルラウンジやカフェで、複数人を集めるセミナーや

お茶会(営利目的)を一度も開いたことがない。


最近ますます増えた起業女子。

もうね、個室以外のカフェやラウンジで複数人集まるセミナーは止めた方がいいですよ。

自分たちだけのことしか考えていないビジネスモデルって、結局続かない。


私が複数人を集めて、カフェやラウンジでセミナーを開かない理由。

まず第一に、お店側に失礼や迷惑をかけたくないという事が一番。


本来カフェや喫茶店は、お茶を楽しんだり、会話を楽しんだりする場所。

高級ホテルラウンジに限っては、仕事の打ち合わせ、商談、コンサルをする場所、

取材を受ける場所にもなります。


しかし、そこでセミナーを開いている本物の成功者は一人もいないぞ。(笑)


フロントエンド商法のセミナーを開いたり、人を勧誘したり、

その場であからさまに商品を売ったり、金銭のやり取りをしたり、

営利目的に場所を使用すると、また意味が違ってくるでしょ。


カフェやラウンジで、ワイワイ悪びれもなく撮影会開始。

たかだか1,500円程度(ホテル価格)のコーヒー紅茶ー杯で、

2時間3時間と集客セミナー、繰り返しの写真撮影、自撮りを続ける起業女子たち。


もうね、他でやりましょうよ~~~。

会議室、借りるお金もないのかな~~~。


ま、これもただの私の独り言なんですが、(笑)

『人の振り見て我が振り直せ』ですね。


もっと愛を持って仕事をしよう。

もっと周りに感謝して、気を配って仕事をしよう。


ただそう思っただけ、悪気はありません。


今日は辛口記事で、ごめんなさい~。126.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-04 07:30 | 日々の出来事 | Comments(2)

近い将来、風水師がいなくなる!?

人工知能(AI)が凄まじい勢いで開発されています。

AIとは、人間の知的能力を機械で模倣したプログラミングシステムのことです。

それにより、あらゆることが便利に叶う世の中になりつつあります。


私は近い将来、

風水師や、風水コンサルタントもいなくなるかもしれないなぁ。

と感じています。103.png


将来無くなる職業として、以下100種類の職業が挙げられています。


c0355521_16294996.jpg






















代替可能性が高い職業100=NRIのニュースリリースより


風水師、風水コンサルタントは・・・

まだ項目にはないようですね。(笑)


しかしこれも、時間の問題かもしれません。


近い将来、自分の過去、現在、未来を占うような占術の類も、

ひょっとしたら人間の心のケアでさえも、AIで管理出来てしまうような

世界になるのかもしれません。


実際、メンタルケアを管理するAIが開発途中のようです。

精神科医のAIも誕生するのでしょうか?


アンドロイドが羅盤を持って坐向測定をする日が来るのかも・・・???

どうやら、想像も出来ないような未来が待っているようです。


AIに負けない人間力で、風水のお仕事を頑張ろうと思います。110.png


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-31 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

副業の在り方

週末は急な仕事を受けつつも、何とか自分の時間を捻出しようと努力。

お金や能力と違い、時間だけは、誰にでも平等にある。

時間を大切にし、毎日を丁寧に生きていきたいと改めて思った。


さて今日は、副業のお話を。


風水関係のお仕事だけで、生計を立てている先生は少ないと思う。

本業が別にあって、風水の仕事は副業です、という先生も多いかもしれない。



c0355521_07481262.jpg













私にとって風水の仕事は、副業ではなく、復業だと思っている。


副業と聞くと、

「本業の片手間、趣味程度でやっている負担の少ない仕事」

というイメージがあるが、私の言う復業とは、

「本業と同じくらいの熱意を持っている仕事」である。



これからどんどん、副業として風水師や、風水コンサルタントをする人が

増えると思うが、軽いノリの副業ではなく、本気の復業になるといいなと思う。


多くの人にとって、引越、不動産のキーワードは、人生のうちに数える程度だ。


その少ない機会に頼って下さるクライアント様に対し、

軽いノリで関わることほど怖いものはない。


風水師、風水コンサルタントの発言は、時に偉大な力を持つ時がある。


他人の人生の節目に立ち会う仕事であることを忘れずに、日々研鑽を積んで

真面目に取り組むことが、顧客への貢献に繋がると私は信じている。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-28 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る