カテゴリ:風水の基本( 5 )

初めての風水~三元九運~

3/25(土)、伝統風水勉強会を開催いたします。emoticon-0152-heart.gif

お申込みがまだの方は、こちらをご覧くださいませ。


GW期間中、関西以西で風水鑑定を行います。


--------------------------------------------------------------------


玄空飛星派風水で使われる「理気」では、目に見えない無形のもの、
つまり、時間の流れや方位を考慮しながら判断していくのが特徴です。

その時間の流れで使用する概念が、三元九運です。

三元九運は、甲子から癸亥までの六十干支60年を「一元」とし、
上元・中元・下元のそれぞれ60年を3回、合計180年周期となります。

上元60年
一運 甲子~癸未の20年  一白水星(1864年~1883年)
二運 甲申~癸卯の20年  二黒土星(1884年~1903年)
三運 甲辰~癸亥の20年  三碧木星(1904年~1923年)

中元60年
四運 甲子~癸未の20年間  四緑木星(1924年~1943年)
五運 甲申~癸卯の20年間  五黄土星(1944年~1963年)
六運 甲辰~癸亥の20年間  六白金星(1964年~1983年)

下元60年
七運 甲子~癸未の20年間  七赤金星(1984年~2003年)
八運 甲申~癸卯の20年間  八白土星(2004年~2023年)
九運 甲辰~癸亥の20年間  九紫火星(2024年~2043年)

現在は第8運ですので、ピンク色の文字の部分になります。

フライングスターの吉数もこの地運からきており、
第8運から数えて、8・9・1の3つがラッキーナンバーです。

現在は第8運の時代にありますが、あと7年弱で、
いよいよ第9運の時代に入ります。

第9運というのは離の方位が力を持ちます。
方位は南(先天では東)で、この方位は中年の女性(定位では次女)を意味します。

風水業界で「第9運に入ると中年女性が活躍するのでは」と言われて
いるのは、これが理由の一つです。

いつの時代でもミドルの女性の活躍はパワフルだと思いますが(笑)
第9運に入ると、それがより顕著になる、というイメージですね。

なお、第9運が終われば、また第1運に戻ります。
これがずっと、順繰り順繰りと続いていきます。


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-23 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

初めての風水~後天八卦~

3/25(土)、伝統風水勉強会を開催いたします。emoticon-0152-heart.gif

お申込みがまだの方は、こちらをご覧くださいませ。


GW期間中、関西以西で風水鑑定を行います。


--------------------------------------------------------------------


後天八卦とは、その名の通り、先天八卦が登場した後に出来た概念です。


先天八卦が登場した後、禹(う)という人物が黄河の治水に関わっていた時、

洛水という河から神亀が現れました。


c0355521_09233691.jpg















その亀の背中に刻まれていた図は、「洛書」と名付けられました。


後に、周の文王がこの図をもとに、それぞれの数字を八卦に当てはめて

作られたのが後天八卦と言われています。


こちらは、江ノ島神社にある亀石。


c0355521_19055058.jpg










まるで神亀図のように、甲羅に模様が浮かび上がっています。

これは自然に浮かび上がった模様なのだそうですよ。


さて、亀の背中に記された洛書図を数字で表すとこのようになります。


c0355521_09230894.jpg












飛星図でもそうですが、このような図は下段の真ん中が北、

上段の真ん中が南を示します。


c0355521_09240650.jpg
















一(水)は北(坎)方位、

二(土)は南西(坤)方位、

三(木)は東(震)方位、

四(木)は南東(巽)方位、

五(土)は中宮、

六(金)は北西(乾)方位、

七(金)は西(兌)方位、

八(土)は北東(艮)方位、

九(火)は南(離)方位、


に、それぞれ配置されています。


前回の竜馬図と同じく、神亀図に描かれている〇は、

1・3・5・7・9が奇数で陽の数字。

2・4・6・8が偶数で陰の数字となります。


この数の表は「魔方陣」とも呼ばれており、縦・横・斜めを合計した

和の数が全て15になっています。

神秘的で、面白いですよね。


洛書図は、玄空飛星派で使う理論の基本的な図となります。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-22 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

初めての風水~先天八卦~


3/25(土)、伝統風水勉強会を開催いたします。emoticon-0152-heart.gif

お申込みがまだの方は、こちらをご覧くださいませ。


GW期間中、関西以西で風水鑑定を行います。


--------------------------------------------------------------------


先天八卦とは、中国の神話に登場する伝説の帝王、伏羲(ふっぎ)の時代に、

黄河から現れた竜馬の背中に描かれていた図がもとになっています。

c0355521_19002021.jpg













この背中の図は、河図(かと)と呼ばれており、

易で使われている八卦はこの図がもとになったと言われています。


太極が陰と陽の二つに分かれ、そこからさらに陰陽がそれぞれ二分割し、

太陰、少陰、太陽、少陽と4つ(四象)に分かれます。


さらにその4つ(四象)がそれぞれ二分割し、


乾、兌、離、震、巽、坎、艮、坤

けん、だ、り、しん、そん、かん、ごん、こん


という8つの新しい陰陽が生まれ、八卦となりました。


八卦は、一本の横棒「-」と、二本の横棒「ーー」で構成されています。

横棒は、「爻」(こう)と数えます。

真ん中が切れていない横棒が陽の棒。

真ん中が切れていて二本線になっているのが陰の棒です。


c0355521_19013849.jpg















「八宅明鏡」より原文


河図は1・3・5・7・9の奇数の陽が天の数とされ、

2・4・6・8・10が偶数の陰が地の数とされています。


玄空飛星派風水でも、この河図の関係はよく登場します。

ある数字の組み合わせによって、星のエネルギーを活用することが

出来れば、河図の良い影響を存分に得られることでしょう。

私が行う風水鑑定でも河図をみていきますが、この河図の組み合わせを

正しく使うことが、玄空飛星派風水のテクニックの一つでもあります。


なお、易経では8×8で64通りの卦(384爻)をもって吉凶を

占うことができます。

八宅派風水も、この八卦の原理を元に吉凶を見ていく風水術です。


易、八字(四柱推命)、風水。

この3つを十分に使いこなす人が、「風水師」です。


八卦の考え方は、風水の根底にあるものです。

最初は難しいと思いますが、少しずつ学んでいきましょう。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-21 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

初めての風水~五行理論~


3/25(土)、伝統風水勉強会を開催いたします。emoticon-0152-heart.gif

お申込みがまだの方は、こちらをご覧くださいませ。


GW期間中、関西以西で風水鑑定を行います。


--------------------------------------------------------------------


風水を学ぶ上で、基本の「キ」となる、

五行思想(五行理論)
についてお話いたします。

c0355521_16261568.jpg









青 → 相生関係 
赤 → 相剋関係


自然界のあらゆる事象を、五つの要素(木・火・土・金・水)に分けて

考えるというのが、中国古代から伝わる五行思想です。


この五行が循環することにより、この世の万物が産み出され、

自然界が作られていると考えます。


そして、五行にも相性の良し悪しがあります。

相性が良く、生じる関係を相生関係、

相性が悪く、剋す関係を相剋関係、

同じエネルギー同士、互いを強め合う関係を比和(ひわ)、

と言います。


【◎相生関係】
(上の図の青い→を時計回りに見ていきます。)

木は燃えて火を生じ、

火は燃えて灰、すなわち土となり、

土の中から金が生まれ、

金属が冷えて水が生まれ、

水を与えた木は成長する。


【×相剋関係】
(上の図の赤い→を星型☆に見ていきます。)

木は土の養分を吸収し、

土は水を塞き止め腐らせ、

水は火を消し、

火は金属を溶かし、

金属で出来た刃物は木を切り倒す。


この五行理論を基に、風水のバランスを考慮します。


これらの相関関係は、

生出/生じる関係(例:金は土のお陰で生じることが出来る)

生入/生じられる関係(例:木は水を吸うことにより成長する)

剋出/剋す関係(例:金は木を切り倒すために消耗する)

剋入/剋される関係(例:火は水に消され弱まり、水も火を消すために弱まる)

この4つで表されます。


五行を強めたい場合

木 3・4   水(生入)・金(剋入)・木(比和)

火 9     木(生入)・水(剋入)・火(比和)

土 2・5・8 火(生入)・木(剋入)・土(比和)

金 6・7   土(生入)・火(剋入)・金(比和)

水 1     金(生入)・土(剋入)・水(比和)


五行を弱めたい場合

木 3・4   火(生出)・土(剋出)

火 9     土(生出)・金(剋出)

土 2・5・8 金(生出)・水(剋出)

金 6・7   水(生出)・木(剋出)

水 1     木(生出)・火(剋出)


例えば、土のエネルギーを弱めたい場合。

その場合は、金が生出・水が剋出となりますので、改善法で

用いるアイテムは金属の物、または水(陰の水)となります。


最近、家の中で喧嘩が絶えなくて・・・3(喧嘩)のエネルギーを弱めたい!

という場合でしたら、火が生出、土が剋出となりますので、

3のエネルギーがある場所にキャンドルを灯したり(火の扱いに注意)、

赤系のインテリア、陶器製の物を用いたりすることで改善が見込めます。


この五行理論を使うことにより、さまざまなことに応用できます。

東洋医学やマクロビオティック食なども、全てこれらの五行理論が

深く関わり体系づけられています。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-17 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

初めての風水~陰陽思想~


3/25(土)、伝統風水勉強会を開催いたします。emoticon-0152-heart.gif

お申込みがまだの方は、こちらをご覧くださいませ。


GW期間中、関西以西で風水鑑定を行います。


--------------------------------------------------------------------


古代中国で生まれた陰陽思想は、風水を学ぶ上で一番最初に出てくる

最も基本的な概念です。



c0355521_09300526.jpg













有名なこの太極図は、陽の中に陰があり、陰の中に陽があります。

すなわち、陽が極まれば陰に転じ、陰が極まれば陽に転じることを意味します。

この太極図は最もバランスが取れた状態、東洋医学で言うところの

「中庸」である状態になります。


陽のエネルギーは、能動的であり、活発な力に満ちています。

陰のエネルギーは、受動的であり、消極的なエネルギーです。


光があれば(陽)、影があり(陰)。

男がいれば(陽)、女がいる(陰)。

硬いものものがあれば(陽)、柔らかいものがある(陰)。

etc・・・


このように、森羅万象の全てにおいて、必ず相対するもの、

対になるものが存在し、この両者の調和によって世界が保たれていると

するのが陰陽思想の基本的な考え方です。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-16 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る