カテゴリ:巒頭による形殺( 19 )

やってみないと分からないこともある

先週末に私が主催させていただいた風水講座にて、

実際、お生徒さんを目の前にして、改めて感じた

ことがありました。


c0355521_21483874.jpg




















それは、お生徒さんが「本当に知りたい最後の最後」、

「知りたいことの核心部分」を伝えることの難しさです。


例えば、一番多いご要望が

「講座内で自宅の宅盤を作盤したい」

というケースです。


作盤自体は、建物の建築年月、入居年、坐向などの

基本情報があれば作成することが可能です。


ここで問題になるのが、

講座内でどうやって坐向を決定させるのか。

というか、安易に決定は出来ないという問題点です。


今回の講座でも、ご参加くださったお生徒さんの

ご自宅の坐向の判断が話題になりました。


講座に参加してくださる方のほとんどの方の興味は、

ご自宅の家の坐向、改善がメインです。

正直、それさえ分かれば良いという方も

中にはいらっしゃると思います。


坐向の看方のポイントや、パソコン上で偏角度数をつけて

図面を見る方法、巒頭を加味しながら坐向を見る方法など

様々な知識、技術的指導をOPENにさせて頂きました。


頂いた多くの資料をもとに、講座内で90%の

ところまでは解明することが出来ても、残りの10%は、

お生徒さんの身に起きた現象や、候補に挙がった宅盤を

比較しながら判断することが必要です。


結局はご自宅に戻って本人に確認してもらうことが

必須になるので(←ここの問題が一番大きい)


そこで判断を間違えれば、大きな遠回りとなります。

(私のお生徒さんには、私がフォローさせて頂いています)


皆さんもご存知のように、最近は風水の衛星鑑定もあります。

いわゆる、現地に行かずして、グーグルマップや偏角度数などを

使用して風水鑑定を行うことです。


衛星鑑定自体は技術的に可能なことですが、

私自身は現地鑑定での経験を踏まえ、それ一本での

風水鑑定に対しては、疑問や危惧を感じています。


空亡(方位の境界線上)に乗る家や、周辺巒頭を確認するのに

過去の衛星画像(現状況と全く同じではないケースもある)では

信用性に欠ける部分が出てくるからです。


以下は千代田区内のグーグルマップ状況ですが、

2017年12月現在に対し、画像は約1年9か月前(2016年3月)のものです。


c0355521_22400331.jpg





















大都会の真ん中でさえ、1年9か月前です。

では、郊外になるとどうなるのかと言いますと・・・


c0355521_22485397.jpg



















こちらは一例ですが、鹿児島県鹿児島市にある

ごく普通の住宅街です。

最新画像の情報は、なんと2014年1月ということで、

今よりも3年11か月前(約4年前)の状況です。149.png


c0355521_09455906.jpg


















こちらは青森県の綺麗な住宅街ですが、2017年12月現在の

最新画像が、4年7か月前の状態です。


4年も5年もあれば、周りに建物が建っても不思議ではありません。

つまり、巒頭の状況が変わっている可能性もあるということです。


他の占術で例えるなら、四柱推命が良い例です。

四柱はその名の通り、個人が誕生した「年・月・日・時」という

4つの柱を見るからこそ分かる占いです。


しかし時々「出生時刻が分からなくても占えますよ~」という

占い師さんもいらっしゃいます。


でも、その占い結果はある程度の参考にはなっても、

決して精度が高い占いの結果とは言えません。

それと似たような話なのです。


私も鑑定前には必ず対象物件を衛星でチェックしていますし、

参考にもしていますが、結局はある程度の参考にはなっても、

参考の域を超えることは出来ないのだなと確信しました。


講座内という限られた時間、そして情報の中では、

参考となる情報の提供は可能ですが、「診断」を決定させる

ことに関しては、大変難しいというのが率直な感想です。


しかし、お生徒さんが知りたいのはあくまでも診断結果

ですから、そこが確定できないと、結局モヤモヤは

晴れないままになってしまいます。


私の力量不足はもちろんありますが、それでもやはり、

現地できちんと見て、

お客様のために風水コンサルティングの時間を設けて、

丁寧に
ヒアリングさせて頂きながら坐向を判断すること、

が改めて大事だと感じました。


昔の人たちは、グーグルマップどころか、

パソコンも、便利なソフトも、携帯アプリもなかった時代に、

現地に足を運んでその土地の風水を見ていたわけですから、

当たり前と言えば当たり前かもしれません。


この問題をクリアするには、直近の最新画像、

360度全景の動画を撮影してきて頂く
などの

必要が生まれます。


講座内で坐向を決定することには物理的な

限界がありましたが(どこでもドアがあれば解決するのに!)、

私に出来る最大限の情報はお伝え出来ました。


他流派の風水の判断方法、世界の風水師が使う方法、

巒頭の判断、羅盤の使い方、坐向を見るときのポイントなど、

これだけの情報があれば、ご自身でも今まで以上に風水を

よく見ることが出来ると思います。110.png


その部分は講座開催前からブログでもお伝えしていましたし、

自信を持ってご活用いただきたい内容を伝授出来たと思います。


今回は講座の反省点でしたが、良い面ばかりではなく、

こういった私のリアルな経験談を皆さんにお話しすることで、

読者様の今後の風水生活のヒントになればと思いました。


お生徒さんたちにとってはお土産という名の「宿題」を

持ち帰って頂いたことになります。


講座内で坐向に関してお伝え出来ることは、

あくまでも客観的な判断方法、看方、捉え方、考え方、

技術的指導などに止まりますが、お伝えさせて頂いた知識、

技術をフルに使っていただき、今後の風水改善に

お役立ていただければと思います。


現地に行かずしてそこで宅盤を決めちゃいましょう!

今は精度がいいので大丈夫ですよ、現地に行かなくても

全部分かりますよ、というのは、良いとか悪いとかいう

上辺だけの話ではなく、色々な意味で、指導側である風水師、

風水コンサルタントとしての「在り方」が問われる部分です。


一般の方を相手に、「講座終了後はご自分でどうぞ」

と言うのも、そこで不慣れな方が判断できるのか?という

問題もありますし、教える側としても一抹の不安が残ります。


私もそこは、今後も自分のポリシー(現場主義)を

大切にしたいと思いました。


まだまだ私も、手探りの中から経験を積ませて頂いています。


「やってみないと分からないこともある」


これからも、挑戦の日々です!


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-12-06 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

割れ窓理論と「風水」

先日外出中、ふと横に座っていらした外国人の男性の

スマホ画面が、バリバリに割れていたのを見ました。

彼は何事もなかったかのように、普通に使用しています。(笑)



c0355521_18231537.jpg











画像:trivia-japan.net


若い方にも多いみたいですが、スマホ画面の修理代は

お金がかかるため、放置される方が多いみたいですね。


環境犯罪学の理論に、「割れ窓理論」というものがあります。


ニューヨークの地下鉄の落書きを徹底的に消したところ、

犯罪が減少したという話は皆さまも一度くらいは聞いたことが

あると思います。


割れた窓が放置されているだけで、

ここは管理されていないのかな?

他の窓も割っても平気かな?


という具合に、一つの割れ窓がどんどん拡大して、

他の窓にも悪影響を及ぼすという事ですね。


以上のように、やはり目から入る情報は物凄く大事です。

なぜなら、自分は気にしていないつもりでも、目にする度に

潜在意識に深く刷り込まれていくからです。


風水で言うならば、「巒頭」になります。

自宅の周辺のチェックはお済ですか?


c0355521_18520655.jpg















巒頭を見ない風水は、風水とは言えません。

家の土地が、過去にどのように使われていたのか。

家の玄関やバルコニーから、何が見えるのか。


また、家の形や作り、エクステリアも大切です。

例えば、家の玄関に対して、あまりにも大きすぎる門は凶です。

逆もしかりで、小さな門構えに、大きすぎる玄関も凶です。


目に見えるチェックは難しいものではありませんので、

引越や新築の際は、ぜひ巒頭にまで気を配ってくださいね。


Rie


※↓締切間近です!ご検討中の方はお早めにどうぞ。

最新のフライングスター風水講座はこちら↓♡




[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-20 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

伝統風水を利用した土地探し

自宅の敷地に吉相地を選ぶことは最も重要ですが、

自宅の土地を含めたその土地全体の形が、どのような

形状になっているのか。


c0355521_08350330.jpg


















いびつな形か、安定した四角形か。

地図上で簡単に確認することが可能です。


c0355521_08373689.jpg






















近くに水の流れがある土地の場合。

川の流れの内側の土地か?外側の土地か?


これから引越する時や、不動産を購入する際は、

ぜひ事前に調べてみましょう。


風水的に見たときに良くない土地は、やはり地代が安いです。

三角形の土地、旗竿地、極端な変形地、沼地跡、など等・・・


また、丁字路にある土地、L字路にある土地の気の流れにも

注意しなくてはなりません。


家賃や土地代が安い理由は、必ず「あります」。


他にも、


▽ どのような土地が良くないのか。

▽ 事故物件を掴まされないために。

▽ 周辺環境についてはどこを見れば良いのか。

▽ 建物の色や形状も、人の運気に左右するのか。



etc・・・

12/3(日)の風水講座でお伝えしてまいります。110.png


不動産屋さんや、設計事務所さんのセールスに押されないよう、

風水の知識と建築の常識を持って、慎重に土地を選びましょう。


Rie


最新のフライングスター風水講座はこちら↓♡





[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-14 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

階段のデザイン

時々、まるでノコギリの刃のように、ギザギザした形が

建築デザインとして取り入れられている物件があります。


c0355521_12541296.jpg













もちろん、このようなデザインの物件が全て悪い、

というわけではありません。


しかし、目から入る「姿/形ある」情報というものは、

人間の潜在意識にまで深く深く影響するものです。


風水における巒頭では、周辺環境の土地、姿、形に着目します。


良い土地の上に家を建てられるか。

鋭利な形が家に向いていないか。

心象が悪くなるようなデザインがなされていないか。



例えば、下記の階段のお写真から、デザインから受ける

心象、イメージというものを考えてみましょう。



c0355521_12500628.jpg














出典元:HOME STYLE CENTRAL.COM
http://www.homestylecentral.com/


火を象徴する色の赤い階段に、ギザギザの横顔。

確かにオシャレかもしれません。

しかし、どこかに違和感を覚える方もいらっしゃるのでは?


c0355521_13230091.jpg




















Free Photo


上の写真の階段は、建築用語で側桁(がわけた)階段と言います。

階段の横に板がついていますので、スッキリと安定しており、

もっともオーソドックスな階段ですね。


間取りの中で、最も配置が難しいと言われるのが階段です。

家の中央にある階段、間取りの端にある階段など、どこに階段を

持ってくるかで、生活動線が様変わりしてしまいます。


c0355521_12494177.jpg



















出典元:UNI-CANTI
http://www.ainext.co.jp/uni-canti


こちらは片持ち階段と言われる、踏板のみのデザインです。

光も取り込める、現代的でオシャレなデザインですね。


高度な技術が用いられており、物理的にもかなりの重さに

耐えられる構造になっているようです。

手すりを付けたら、安定感もさらに増しますね。


c0355521_14182011.jpg
















福岡県、博多座にある馬蹄型の階段。

山笠を取り囲むように階段がデザインされています。

馬蹄とはまた、何とも縁起がデザイン良いです。


さて、あなたはどの階段がお好きでしたか?


★ どういった土地を選べば良いのか?

★ 風水から見て、どんな玄関が良いのか?

★ 家の外観をどう見れば良いか?

★ アパート、マンションを選ぶときはのポイントは?

★ 室内にも巒頭ってあるの?


etc・・・


あなたが心地よく感じるデザインの家で暮らせるような

建築的視点、そして、風水の点から見た重要なポイントを、

12/3のフライングスター風水講座でお伝え致します。


この講座で得られる知識は、一生モノです。


引っ越す度に風水師に家を見て貰わなくても、

ご自身で、風水のポイントが分かるようになるのです。


お引越し、新築をお考えの方にも、大変有意義な講座です。

ぜひ様々な視点を学びにいらしてくださいね。


Rie


最新のフライングスター風水講座はこちら↓♡




[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-12 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

スペースの有効活用は、時に悪い風水になるかも。

最近はとてもオシャレな家具が増えていて、

生活多様化のニーズに応えるものが人気のようです。


c0355521_08115262.jpg













ニトリより


例えば、子供向け家具の2段式ベッド。


こちらのお写真は3段!!ですが、風水の視点から見ると

下の段に寝ているお子様が圧殺を受けることになりますので、

あまり良いとは言えない家具の代表例です。


c0355521_08264766.jpg














ニトリより


勉強をしているときも、ずっと殺を受け続けます。

この家具はとても人気で普及していると思いますが、

あまりお勧めは出来ませんね。


c0355521_08183224.jpg
















また、こちらのお写真のように、斜め天井の下で

過ごすことも良くありません。


梁の下で眠るのは良くない、と聞いたことがある方も

多いかと思いますが、斜め天井の下も同じです。


c0355521_08333167.jpg















画像:removeandreplace.com


上から来る高圧的な形殺は、頭痛、体調不良、不眠の原因に

なりやすく、精神的にも気持ちが良いものではありません。


日本はどうしても土地が限られているため、狭い住宅に

なればなるほど、狭い空間をどのように効率的に使うか、

ということを重視しますが、効率化ばかりを狙うと、

悪い風水になることもありますので、気を付けましょう。109.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-09-29 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

家の窓から何が見える?

あなたの家の窓からは、どんな景色が見えますか?


c0355521_15393557.jpg














家の窓やベランダから見える景色。

それも、風水において影響があるとされています。


家の近くで見えると良くないとされる景色は、

・鉄塔
・線路
・送電線
・墓地
・病院
・警察署
・消防署
・刑務所
・ゴミ集積場
・ゴミ焼却炉
・ガソリンスタンド
・火葬場
・鏡面窓のビル
・鋭角な建物やオブジェ

などが挙げられます。

その他、自分が不快だと感じるものですね。


風水というと、主に家の中の間取りばかりが注目されますが、

本来の伝統風水では、周辺環境や土地の状態を見ることは必須です。


これから引越をされる方は、家の外にも注目してみてください。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-30 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

凶作用から逃れられない家

先日ご縁がありまして、周易、断易、紫微斗数に精通した

プロの先生とお話させて頂く機会がありました。


周易と断易って言葉は似ているのですが、見方が大きく異なって

いるんですよね。本当に驚きました。


多分、本格的な断易を対面でなさっている先生って、

日本でごく僅かなんじゃないかなぁ。


私は四柱推命は使っても紫微斗数は使わないので、

紫微斗数の星の読み方、導き方に圧倒されてしまいました。


これを覚えて本気で誰かを占おうと思ったら、

生半可な努力と経験では無理だなと一瞬で悟りましたよ。

どの分野でも同じですけれどね。(笑)


さて、本題に・・・


風水は大きく分けて、

▽ 姿・形、地勢などから吉凶を判断する巒頭派

▽ 時間の流れから吉凶を判断する理気派


この2つに大別することが出来ます。


周辺環境に関する


・騒音(耳からの情報)
・異臭(鼻からの情報)


一見、風水とは関係ないと思われがちですが、実はこれらも全て「煞」に入ります。


音や臭いは目には見えませんので形煞(目に見える煞)とは違いますが、

心が不快であると感じるものは住宅環境には適さないと判断することが出来ます。


・繁華街にある家で、人の大声が絶えず聞こえてくる。

・線路脇の家で、電車の通過音が常に聞こえてくる。

・家の近くを流れる川が濁っている、異臭がする。

・家の前にゴミ収集場があり、生ゴミ臭い。


etc・・・



このような家に住めば、落ち着いて生活できないことがほとんどです。

巒頭の影響(周辺環境)は、自分ではどうすることも出来ないのが特徴です。


家のお隣にあるお墓は移動できませんよね?

家の前にある警察署を取り壊すことはできませんよね?


ヤドカリなら家ごと移動できますが、私たち人間には到底無理な話です。



c0355521_09143131.jpg











だからこそ、お引越し前の風水判断、新築前の風水判断がとても重要です。

これからお引越し、新築をご予定されている方は、ぜひご相談くださいませ。


風水鑑定では、家を選ぶ際に最も気を付けるべき重要なポイントを指導させて頂きます。

お気軽にメールにてお問合せくださいね。109.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-22 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

建物の形が及ぼす影響力

伝統風水では、建物の形状や土地の地勢にも注目して見ていきます。

それらを総称して、巒頭(らんとう)と呼びます。


c0355521_17501053.jpg



















こちらの建物は、平成〇年に死体が発見された建物です。

凹字型の建物で、簡単に言えば太極が欠けた建物です。

様々な病気、死を招きやすい建物の形状と言われています。

内側の駐車場になっている部分が薄暗くて、強い陰の気が感じられます。


実はこちらの建物、川側が全て柵に覆われていて、出入口が奇妙な位置にあります。

周辺の地勢を見ても、お世辞にも住みたいとは思えない物件です。


こちらは、長崎県長崎市にある端島(軍艦島)にある建物です。


c0355521_07564927.jpg





















この建物に限らず、歪な建物に住む人たち全員が全員、悪いことが起きるという訳では

ありませんが、そういう傾向があるということは覚えておいた方が良いでしょう。


もし歪な建物にお住まいで引っ越せないのであれば、風水を施すことをお勧めします。

プロの風水師さんからアドヴァイスを頂きましょう。


一方、こちらは未だ繁栄を続ける、香港ペニンシュラホテル。


c0355521_07245354.jpg



















山、砂、明堂にある富の泉。

素敵な建物ですね。ぜひ宿泊してみたいです。


全然関係ないですが、TOPにあるヘリポート、

どのようなセレブリティがお使いになるのかしら~。113.png


有名なハイティー(アフタヌーンティー)は大変混みあっていて、日本人も沢山!

ということを友人から聞いたのですが、今はどうかしら!?


香港に行ったときは、機会を見つけて偵察してきたいと思います。

ついでにハイティーも。111.png


それでは皆さま、今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-14 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

のび太の成績不振は「風水」が原因だった!?

本日、暦では「甲子」(きのえね)となります。

甲子は、六十干支の中の一番最初にくる組合せです。

つまり、新たなスタート!!を意味します。


夏至前の甲子が本日ですから、気学では隠遁始めの日でもあります。

この時期が来ると、2017年も半分が過ぎるのだなぁと感じますね。

今日は大黒様の縁日でもありますから、ご信心されている方はぜひお参りに。


さて、のび太の部屋の間取りがいつの間にか変わっていた件!(笑)








旧:のび太の部屋
c0355521_22082502.jpg





















画像は「住まいのオンラインマガジン「イエマガ」」より、

私も本を持っております、大好きな「間取り探偵」さんの作品からです。

URL:http://iemaga.jp



まず風水チェックとして、襖をあけて一直線上に窓あり。

デスクの前にも窓があります。


新:のび太の部屋

c0355521_22261477.jpg




















風水的にさらに悪くなっています。(笑)

背後からの煞を受け、目の前は望空煞の気あり。

四神相応の関係から、本来玄武である背中側はどっしりとした山に

護られていることが理想的な配置となります。


背中側を人が通ったりすると、落ち着かない事ってありますよね?

あの感覚です。ずっと背中側が気になって、落ち着いて勉強出来ない。


そして、目の前は窓の為、つい外を眺めてボーッとしてしまう。

もし窓の前が交通量の多い道路だと、さらに煞を受けます。

たくさんの車や人の流れが、人の意識を逸らし、気を奪うからです。

つまり、そういった場所は勉強には適しません。

本棚からは尖角衝射あり。


これが、理気とは違う巒頭(姿・形、周囲環境)の影響力です。

私たちは日々、潜在意識の奥深くまで「巒頭の影響」を受けているのです。



成績、落ちそうです!!



助けて!!
ドラえも~~~ん!!






[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-06 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

漏財宅の家の対策

漏財宅は、以前にもこちらの記事でご覧いただいた通り、


玄関の扉を開けて、一直線上にバルコニー(掃出窓)があるような家のことで、

お金が入ってもどんどん流れ出ていくという相があります。


遮るものが無ければ、気は動きます。


もし仮に、玄関と掃出窓の間にある扉を一時的に閉めておくという

対策だけを取られているとしたら、よくよくお考えになってみてください。


閉めている扉を開けた途端、気の動きはどうなると思いますか?


もうお分かりになりましたね。


そうです、扉を開ければ気は一気に通り抜けていくのです。

家族が多ければ、必然的に開閉の回数も多くなることでしょう。


では一体、漏財宅の家はどうすればいいの?


漏財宅の家の対策は、まず、一直線上に気が抜けないよう、

気が流れる通路上に生活動線を壊さない程度の障害物を置くことです。


1、パーテーションを設置する

2、カーテンを玄関扉の幅の分だけ常に閉めておき動かさない



たったこの2つをするだけでも、気の流れは格段に変わります。

カーテンを閉めることにお金はかかりませんし、パーテーションも

気の流れを遮断出来るものであればお安いもので十分です。


障害物は24時間365日、掃除の時以外は出来る限り動かさないことです。


この対処法のポイントは、


障害物を作ることにより

常時、気の流れを漏れさせない


ということ。


扉であれば、開けた途端、気は真っすぐに通り抜けてしまいますよね。

しかし、パーテーションやカーテンで空間が閉ざされていれば、

そこを動かさない限り、直線的に気が通り抜けることは困難になります。


外から入ってきた気は、一旦、パーテーションやカーテンにぶつかり、

ぐるりと室内を循環し始めるのです。


普通、風水というと、気の流れを良くすることだと教えられますが、

早い気の流れはこのように「殺」(凶)になることもあるのです。


他にも代表的な例で言うと、


長すぎる廊下


が、挙げられます。

漏財宅にしても、長すぎる廊下にしても、直線的な形というのは

気の流れが速すぎるのです。


c0355521_21510768.jpg


















実は漏財の相、良い運が流れる相というのは他にもあります。

これについては、今後の風水セミナ-などでお話出来ればと思います。

もしあなたの家が漏財宅であれば、上に挙げた2つの対処法を

試してみてくださいね。110.png


さて、もうすぐGW!!

5月1日&2日にお休みを取られる方は、今週末から9連休ですね!

私はGWはバリバリ働いております!

今週も張り切っていきましょう!162.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-04-24 07:30 | 巒頭による形殺 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る