カテゴリ:Feng Shui( 106 )

家相で家を建てるのはやめなさい

昨日の七夕、いかがお過ごしでしたでしょうか。

10年ぶりに、2017年7月7日という、「777」が揃った日でした。

ゾロ目って、何だか気持ちが良いですよね。


さて、最初に申し上げておきたいのは、この記事は家相の批判記事ではなく、

日本式の家相と伝統風水は違いますよ、という「比較」です。


家相は家相で、私は一つの文化であると思っています。




しかし、家相で家を建てようと思うと、必ずどこかで無理が生じます。

家相では、鬼門・裏鬼門を忌み嫌いますが、伝統風水では関係ありません。


玄空飛星派風水では、鬼門・裏鬼門が吉方位になることもあります。




家相と伝統風水の違いはたくさんあります。

今後、風水セミナーなどでも詳しくお伝え出来ればと思っております。


また、建築士資格もないのに間取りを決めたり、動線の配置を無視する

風水師、風水コンサルタントには十分お気をつけください。


今から家相で家を建てようと思っていらっしゃる方は、

ぜひその前に一度、伝統風水についてお問合せくださいませ。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-08 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

家の建て方のヒント

土地を選ぶ時は、四角い土地、長四角の土地が一番安定感があり、

風水的にも良い土地です。


土地が決まると、次は建物を建てなくてはなりません。


一番良い建て方は、


c0355521_14094906.jpg
















このように、土地に対し、平行に家を建てることです。


但し、グーグルマップで適当な住宅地をご覧いただくと分かると思いますが、

全ての建物が、土地に対して平行に建てられているわけではありません。


採光の面を重視するなどで、実際には土地に対して何度か傾いている家も多くあります。


c0355521_14095564.jpg
















なるべく平行にするのが良い、というのが風水の一般的な考え方ですので、

必ずしも、斜め=凶ではありません。吉方位に向けるため、わざと微妙に

斜めに配置させている建物もあります。


イレギュラーな土地は幾らでもありますので、ここでは省きます。


但し、土地に対し、下図のようにあまりに極端に、斜めに家を建てると、


c0355521_20075868.jpg














何か変な宗教に関与しているのでは?と変な目で見られたり、

周辺環境から浮いてしまって、ご近所付き合いが上手くいかずに

孤立してしまう可能性があるので、注意する必要があります。


c0355521_14100133.jpg
















また、特殊なやり方なので一般宅では推奨しておりませんが、

上記の例は玄関を吉方位に設定し、斜めに門を設ける風水造作です。


有名ホテルでも採用されている手法ですが、一般宅で同じことを真似ると

周辺環境や建物との不調和を生む可能性もありますので、プロの風水鑑定や

判断が必須となるでしょう。


ポイントとしては、


◎吉方位を向いた四角い土地に、吉方位に向けて四角い建物を
「平行」に建てられることが、一番気が安定しやすい。

〇上記が無理な場合、多少の角度差であれば建物だけでも不自然にならないよう
 吉方位に向け、周辺環境と調和するような家を建てること。
 (風水師にアドバイスをもらうのがベスト。)

×どうしても家の向きが吉方位にならない、巒頭が悪い土地であれば、
 その土地は最初から諦める。


その中で、より良い土地を見つけるためには、風水の知識を持つこと、

風水師や風水コンサルタントの助言を参考にすることがカギとなります。


風水師や風水コンサルタントに、
家の設計や、土地選定の最終決定権はありません。


家の間取りや土地の選定の最終判断が出来るのは、施主しかいません。

だからこそ、家を建てる前の下調べが重要です。


設計で疑問に思った部分はきちんと伝える、希望があれば伝える。

一番ダメなのは、「言われるがまま」、「鵜呑みをすること」です。


一度家を建ててしまってからでは、もう後には戻れません。


何も考えずに、よく分からないまま、不動産屋、建築士、風水師に言われた

とおりに家を建ててしまったら、将来「こんなはずではなかった」と思うことに

なるかもしれません。


実際に住むことになるのは、自分たちなのですから、

必死になって家について学んでも、損することは絶対にないのです。


私が新築から携わらせていただく時は、住む人の居心地、

住み心地を最優先とし、盲目的に風水だけにこだわった家造りにならないよう、

お手伝いをさせていただいております。


これから土地を探される方の参考になれば幸いです。


さて、本日は天赦日です。(次回は9月です)162.png

良い一日をお過ごし下さい。110.png


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-06 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

カーブミラーと石敢當

週末の鑑定&コンサル、無事に終わりました。110.png

いよいよ7月に入り夏本番の暑さですね。


さて、T字路の先にある建物が、風水で見て大凶であることは

皆さんもご存知だと思います。


こちらは、鑑定先の近くで見つけたカーブミラー。


c0355521_07301610.jpg



















ちょうどうまい具合に、T字路先に立っています。

私には、これが「石敢當」(いしがんとぅ)に見えてしまいました。

この建物に、味方してくれているのではないかと。



c0355521_07425974.jpg














以前、沖縄の離島でお土産に購入した思い出の石敢當。

沖縄では、T字路煞になる部分や、交差点などに、魔除けとしてこのような

石碑が建てられていることが多いです。


沖縄では風水のことを「フンシー」と言うそうですが、琉球で独自に発展

していった沖縄の風水は、陰宅(お墓)を含め、独特で面白いものがあります。


首里城を始め、大自然に恵まれた沖縄はその自然を活かした地理風水が特徴的ですね。


さて、上の建物は一般の立派なご邸宅で、家の入口は別の位置にあり、

T字路に当たる部分は全て壁に覆われていました。


もちろん鑑定先のお宅ではありませんし、お話も聞いたわけではないので

分かりませんが、通常のT字路煞よりもはるかに良い気が感じられました。


鑑定して見たかったなぁ。110.png


今日は西日本を中心に、猛暑の予報ですね。

適度に冷房を付けて、今週も暑さを乗り切っていきましょう!



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-03 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

私が「現場主義」にこだわる理由

この週末は、続けて風水鑑定と風水コンサルが入っています。

風水鑑定は基本的に外回りの仕事が多いので、

この時期は汗だくで頑張っております。103.png


c0355521_13560575.jpg













建物の周辺道路、つまり水脈がどう流れているのか。

周辺環境はどうなのか。

その土地はどういった状態なのか。

重要なポイントを一つ一つ見逃さないよう、とにかく歩き回ります。




今の時代は、WEB上で、まるで実際にその道を歩いているような感覚で、

遠方の土地を拝見することが可能になりました。


しかし、今までの鑑定では、地図には載っていない道があったこともありました。

衛星写真には写っていなかった建物、木があったこともありました。

遠隔では決して分からない、家の前で大きな工事があったこともありました。


WEBで見ているだけでは、その土地の匂いも感じられません。

その土地の環境の音も聞こえません。

どのくらいの交通量があって、どういった人たちが住んでいる土地なのか。


行かないと分からない重要なことが、本当にたくさんある。

これが、私が創業時から「現場主義」にこだわる理由です。


さて本日は、香港がイギリスから返還されて、20周年の記念すべき日。

随分と前に訪れた香港も、今はすっかり変わっているのでしょうね。


皆さまも良い週末を。110.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-01 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

羅盤針の動きが止まらない家

風水鑑定をさせて頂く中で、磁場が安定しにくい家が時々あります。


c0355521_14372783.jpg


















そういった家は、決まって羅盤の針が安定しません。

ゆ~らゆ~ら、ゆ~らゆ~ら、動いてしまい、針が止まらないのです。


風水鑑定の方位測定は、一か所での測定ではなく、必ず数か所で測定しています。

こちらも何とか針が落ち着いて欲しいと願うのですが、やはり磁場が安定しない家は、

周囲に貴金属が無いにも関わらず、針が、ゆ~らゆ~ら、ゆ~らゆ~ら。143.png


それと、家の目の前が直ぐに道路で、物凄い交通量だったりすると、

羅盤の針がビュビューーーッ!と旋回したりします。(汗)


また、方位が非常に決めにくい家もかなり存在します。

いわゆる、空亡(方位と方位の境目)に乗りやすい家の事です。


c0355521_00040210.jpg




















※こちら↑は実際に私が拝見したお宅の状態。


空亡に乗りやすい家は、必然的に気が安定しにくいようです。

家をご購入される予定の方は、風水師さんに坐向を測って頂いてから

ご検討されてください。


先週、風水鑑定でお邪魔させて頂いたお宅は、羅盤針がピタッ!

気持ちよく止まってくれる、非常に磁場が安定したお宅でした。


もし貴方のご自宅が、何となく心地よくないとお感じになられているようでしたら、

磁場が不安定であるという要素も考えられます。


こういった巒頭の問題は、今すぐ簡単に解決できるものではありませんから、

これから家をお選びになる際は、方位が安定して決められる家を選びましょう。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-12 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

土地柄、地域性を見落とさない。

風水鑑定では、初めて訪れる土地も多いです。

都内であれば土地勘があるので問題ありませんが、

それ以外の場所になりますと、初めての路線、滅多に使わない道路を

通ったりしますので、いつも以上に興味深く観察しています。


先日、風水鑑定で初めて訪れた土地。

慣れないものですから、本当はいけないことなのですが、つい歩きスマホで

グーグルマップを見ながら目的地まで向かっていました。


すると、横断歩道のところで、


おいおいおい!!
(訳:邪魔だよ、どけ!!)



と、怒鳴られてしまいました。

※歩きスマホは大変に危険です!!
 絶対に止めましょう~~~!!
 私も気を付けます!!


私はハッ!と気付き、直ぐに小走りで渡って頭を下げたのですが・・・

頭を上げてふとその方を見ると、なんと女性でした。(これ実話。笑)


ある意味、カルチャーショックです。


それぞれに「地域性」、というものがあると感じています。


親しみやすい人情味あふれる土地。

クールでスタイリッシュな土地。

学生で賑わう土地。

富裕層で溢れる土地。

閑静な住宅街の土地。

ちょっと危なそうな土地。

etc・・・


電車の路線を変えただけで、

「何だか客層が変わった・・・」

と感じる事ってありませんか?


これは単純に、「類は友を呼ぶ」なのだと思います。

似たような人が、似た地域で集まって生活している。


もし貴方が今から引っ越しを考えているのであれば、

引っ越し先は、貴方が憧れている街、暮らしたい街を選ぶべきです。


転勤など、特別な事情がある場合はまた別ですが。


毎月払う家賃も大事ですから、

家賃だけで決めてしまう人も案外多いと思います。


でもやっぱり、その街で暮らすわけですから、自分にとって心地よく

感じられる土地、地域性であるべきなのです。


その土地が自分に合う合わないは人それぞれですから、

まずは好みで判断されて良いと思います。


そして、その次に風水を見ればよろしいかと。


海外であろうが日本であろうが、犯罪が消えてなくならないように、

どの土地に行っても、必ず良し悪しはあるものです。


富裕層の多い地域では空き巣も多いかもしれませんし、

ある一部分だけをもって判断することは出来ませんが・・・


私が伝えたいのは、自分のテンションが上がる街に住もう!!

ということです。


c0355521_16470856.jpg













オシャレな街、人情味溢れる街、自然溢れる街、何でもいいです。

自分が「ワクワクする街」、「心地よい街」、「落ち着く街」を

選んで欲しいと思います。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-07 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

引っ越し前の風水相談

週末は風水鑑定、そしてメールでのフォローコンサルでした。


c0355521_09220485.jpg















近くまで行くと必ず立ち寄るスーパー。



c0355521_09240117.jpg















繁盛店の前には必ずと言って良いほど「水」がありますね。


さて、最近は伝統風水にご興味を持ってくださる方が増えてきたと

体感することができ、とても嬉しい反面・・・


家を建てる前にご相談して欲しかった!!


家を引っ越される前にご相談して欲しかった!!



と思うことも多々あるのが現状です。


鑑定にお申込みくださった方々には、自分が関わることによって

少しでもご自宅の風水状況にお気付き頂き、より良い生活を送って

頂きたいと心から願っています。


お引越し前の風水相談・鑑定や、新築を建てられる前の風水相談、

土地の鑑定などは、随時お受付しております。


特に、クライアント様のアフターフォローには力を注いでおります。

アフターフォローというと、大変面倒臭がる先生方もいらっしゃるようで、

まともに対応して頂けなかったり、鑑定から〇〇日以内、などの期間限定でしか

ご対応頂けなかった、などの声も聞きました。


私の場合、関わってくださったクライアント様には誠意を持って、

鑑定後もメールフォローや対面フォローを承っております。


新しい生活を始められる前に、ぜひご相談くださいね。

メールお待ちしております。


【お問合せ先】

rieutsumi189☆gmail.com
☆の部分を@マークに変更しお送りください。


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-05-29 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

「日選び」の重要性

今日は東京より大阪の方が暑いですね・・・!


c0355521_20243223.jpg












5月の風水鑑定は早々に満席を頂きありがとうございました。

6月の風水鑑定も埋まってきております。


さて、地鎮祭や入居日も、擇日で吉日を選定する必要があります。

天の気、地の気、人の気(これを三才といいます)が通じた吉日を選ぶことは

伝統風水においてとても重要視されているからです。


私が学んだ擇日は叢辰法(そうしんほう)と呼ばれるもので、大まかに言えば

本場華僑の方々が使用する通書(日選びのための暦)がそれにあたります。


えっ?吉日って、大安とか、仏滅とか、
いわゆる「六曜」のことでしょ?



大半の日本人が、今でもそう信じています。


本場中国の吉日選定は、日本で馴染みのある六曜とは異なるものです。

六曜には様々な俗説がありますが、迷信だと思って頂いて構いません。


六曜はその名の通り「6分の1」で暦が回ります。

基本的には、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口(※イレギュラーあり)で

順繰り暦が回っているのが六曜です。

しかし、擇日はそう単純なものではありません。


これからご結婚やお引越しなど、人生において重要な場面を控えていらっしゃる方は、

ぜひ擇日(中国本場の吉日選定)を取り入れてみられることをお勧め致します。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-05-26 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

家相大全、家相図解全書

日本で一般的に「風水」と呼ばれているものは、そのほとんどが

九星気学を基にしたものや、家相を基にした日本独自の風水です。


その為、世界に目を向けると「家相」で建てた家があるのは日本くらいです。


c0355521_22575087.jpg












「家相大全」著:松浦東鶏(久信)



日本の文化の一つとして発達した家相学は、鬼門、裏鬼門、


c0355521_23043846.jpg












張りや欠け、八方位と中央を含めた九方位を重要とする見方、

家族の十二支を考慮する、といった方法が取られています。


家相学は、日本の一つの文化として根付いているように思いますが、

私が今なお、学び続けている中国伝統風水とはかなり異なります。


c0355521_23084596.jpg















家相図解全書 神秘口伝 著:藤川悟山


伝統風水とは異なる見方もあれば、似ている部分もあります。

この本は読むと結構面白くて、一つの教本として為になりました。

私の生徒さんやクライアント様でご興味のある方は、メッセージください。


私自身、家相は否定しません。

誰が何を信じるかなど、私が決めることではないからです。


風水コンサルタントとして幅広い知識と教養を身に付けるために、

日々アンテナを張って過ごしていきたいと思います。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-05-17 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水の結果と因果関係

風水のお仕事をさせて頂いていると有難いことに、セミナー受講生や

鑑定を受けてくださったクライアント様から、その後さまざまな良いご報告を

頂くことがあります。

先日は、念願だった職場に異動が決まりました!とご報告がありました。

海外勤務は大変だと思いますが、ぜひ頑張って頂きたいです。


クライアント様から、


教えていただいた風水のお陰です!

ありがとうございます!



そうおっしゃって頂けることは、とっても嬉しいですのですが・・・

それと同時に、


それは、私が教えた風水術の力だけではありませんよ。


と、このように私は思っています。


風水を施した後の結果、つまり、良かった or 悪かったというのは、

実践者(クライアント様側)にしか決められないと思っています。


こちらがどんなに、

ほらね、言った通りでしょ?

風水の事象通りになりましたね。


と言ったところで、それは全て結果論ですから。


私のセミナーや鑑定を受けたことがあるクライアント様なら、

それは良くご存知ですよね。


人生というものは風水だけで決まるものではなく、天命、宿命、運命、

陰徳、努力、環境など、様々なものが重なり合って形作られています。


風水を施した後の結果が、風水とどのような因果関係にあるのかを

100%科学的に証明できる人はいませんよね。


例えば、キッチンで指を切ってしまったとしたら、それがただ単に

自分の不注意によるものなのか、ナイフに油が残っていて滑りやすかったのか、

風水のせいなのか、誰かの呪いなのか(笑)、自分が過去に犯した罪の償いなのか、

そんなことは神様以外、誰にも分からない訳です。


それを、「これは風水のせいだ~」とか、「これは呪いのせいだ~」と決めて

いるのは紛れもなく人間であり、その因果関係の解明は極めて困難です。


風水やあらゆる占術は「統計学」でもあると言われていますよね。

風水、人相学、手相、とにかく世の中たくさんの占術がありますけれど、

それらは全て、先人たちが築いてきた膨大なデータを基に体系づけられています。


こういう事象が起きやすい。

こういう風になりやすい場所、時期、などはもちろんあります。


それをお伝えするのが、風水師や風水コンサルタントのお仕事です。


でも、それと風水との因果関係は、誰にも分かりません。

分かるはずもないのです。

風水師は神様じゃないので。(笑)


私自身、世の中の人たちに伝統風水というものを知ってほしいと思い

風水コンサルタントとして活動しています。


誰かを幸せにしたいとか、誰かの人生を変えたいとか、

そんな大それたことは一ミリも思ったことはありません。


というか、それは本気で無理です。

私にそんな力はないです。(笑)


「幸せ」は「人にしてもらうもの」ではなく、「自分でなるもの」。

人生を変えるのは他人ではなく、自分自身です。


私に出来ることは、あなたが幸せになれるヒントを与えること。

風水の力で、あなたの背中をそっと押して差し上げること。

伝統風水の魅力を伝えること。


そんな、ちっぽけなことだけです。110.png


さて、今日はほとんどの地域で夏日になりそうですね!


c0355521_08373770.jpg
















アイスコーヒーの美味しい季節になりました。

体調管理に気を付けてお過ごしくださいね。178.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-04-18 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る