実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水

張玉正(ちょう ぎょくせい)先生の著書が、

林秀靜(りん しゅうせい)先生の翻訳で出版されました。


実証!風水開祖
楊救貧の帝王風水



c0355521_14590102.jpg






















オールカラーでとても見やすいです。

写真も多く、大変勉強になります。


これらの膨大な記録を残すために、

たくさんの時間とお金を掛けられた張先生のご苦労は、

なかなか言葉では表せないものです。


これまでに出版されてきた伝統風水の本は

陽宅(一般宅)を中心としたものが多かったのですが、

こちらは陰宅(お墓)がメインの本となります。


「巒頭無理氣不靈,巒頭無理気不準」


という、私が風水を習った時に教わった「蔵風聚氣」の心得を

この本で改めて確認することができ、先生から教わった事の

大切さを深く噛みしめました。


理気をするにも必ず形勢が必要となり、

形勢が理気のスイッチを入れるボタンのようなもの。


これからも引き続き、「巒頭の重要性」を

皆様にお伝えしていきたいと思っています。


さて、こちらの本は伝統風水の初心者向けの本ではなく、

どちらかと言えばプロ向け、歴史好き、風水好きな方向けの

本だと思います。


風水の本を読んでも分かりません~145.png

という方は、ぜひ風水講座↓をご利用ください。





「帝王風水」の本は、繰り返し読み返したいと思います。

ようやく、風水の世界は少しずつ開かれ、新たな時代へと

向かい始めているようです。


今後の風水界がどのように発展していくのか、

とても楽しみですね。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-11-21 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る