五行をアレンジした開運風水財布

まず最初に断っておきますと、

伝統風水の項目に「財布」はありません。


風水を学ぶ上で大切な「五行思想」ですが、

これをアレンジし、様々な商品が産み出されています。


その代表例が、「お財布」でしょうか。


緑色のお財布は、金運を成長させる。
→成長を意味する「」になぞらえて。

黄色、黄土色のお財布は貯蓄運UP。
→養分を蓄える「」になぞらえて。

金色のお財布は、金そのもので金運UP。
→金色=お金を意味する「」になぞらえて。

黒色のお財布は、お金を貯める。
→秘密を守るという「」の象意になぞらえて。


意味はきっと他にもたくさんあると思いますが、

大体こんな感じでしょうか。


五行の中で、お財布に対して最も忌み嫌われ、

誤解されている色があります。


それが、火のエネルギーを持つ「」です。

紫や、濃い目のピンクも、火の仲間です。





「赤い財布が金運を失う」と人々に植え付けるのは、

なんとも最もらしい「こじつけ」です。


理論で言えば、紙幣は紙=「木」なので、

火が燃やしてしまうということですね。


同じ理論を使えば、プラスティック製のクレジットカードや

銀行のキャッシュカードも「火」に分類されますので、

紙幣の入ったお財布には一緒に入れられないことになりますけどね。(笑)




彼女のクロコのお財布も、赤でとても素敵です。


庶民が真似してはいけない。

こういうお財布は、エネルギーの高い人しか持ってはダメ。


お財布の開運商法あるあるです。104.png


また、八字(四柱推命)を使って、自分に足りない五行を補う、

または、活性化させるといった考え方を用いて、お財布の色を

アドヴァイスすることも可能です。


でもそれは風水ではなく、あくまでも「占い」であり、

ある意味では「プラシーボ効果」や「心理的効果」を狙ったものです。


色の効果だけで言うならば、自分の好きな色を身に付けるだけで

十分に心理的効果は得られるかと思います。


占い師に高いお金を払って、自分だけの金運UPの色を教えてもらう。

それだけで、既にお金(金運)が減っているような・・・103.png


お財布に限らず、物を買う時は、

自分が「好き」だと思える気持ちを大切になさってくださいね。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-10-16 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る