世界にある風水の種類

私が扱う風水は、玄空飛星派風水(英名:フライングスター風水)

と呼ばれる風水術ですが、世界を見ると実に様々な風水が存在します。


例えば、インドのVASTU(ヴァーストゥ)。

VASTUの風水は、世界でも超有名なビッグネームの企業(マイクロソフト社や

アマゾン、NASAなど)が取り入れられていることで知られ、シンプル、自然、

太陽の動きを意識した風水術が特徴的です。


詳しく知りたい方は、多聞望美先生のHPをご覧ください。




また、お隣、韓国にも、歴史的な朝鮮風水が残されています。

韓国では風水のことを、풍수(プンス)と呼びます。


c0355521_08354050.jpg

















数年前に私は、景福宮(キョンボックン)に行ったことがあるのですが、

玄武にある白岳山(ペックァッサン)が印象的で、青龍、白虎、明堂である朱雀、

まさに四神相応の地であると感じました。


他には、ヨーロッパで人気のコンテンポラリー風水。

別名、ヨーロピアン風水とも言います。


コンテンポラリー風水は、方位を重視しない風水で、玄関や窓のドアなど、

気が入る場所、間取りを重視するのが特徴です。


八卦に基づいたバグアマップと呼ばれる図(玄空飛星で言うところの飛星盤)に

間取りを当てはめ、吉凶を見ていきます。


タイでも風水が人気なようですね。

数年前に旅行で行きましたが、とても親日で私も大好きな国の一つです。


世界の風水を、比較、研究してみると面白いかもしれませんね。


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-08-25 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る