家相で家を建てるのはやめなさい

昨日の七夕、いかがお過ごしでしたでしょうか。

10年ぶりに、2017年7月7日という、「777」が揃った日でした。

ゾロ目って、何だか気持ちが良いですよね。


さて、最初に申し上げておきたいのは、この記事は家相の批判記事ではなく、

日本式の家相と伝統風水は違いますよ、という「比較」です。


家相は家相で、私は一つの文化であると思っています。




しかし、家相で家を建てようと思うと、必ずどこかで無理が生じます。

家相では、鬼門・裏鬼門を忌み嫌いますが、伝統風水では関係ありません。


玄空飛星派風水では、鬼門・裏鬼門が吉方位になることもあります。




家相と伝統風水の違いはたくさんあります。

今後、風水セミナーなどでも詳しくお伝え出来ればと思っております。


また、建築士資格もないのに間取りを決めたり、動線の配置を無視する

風水師、風水コンサルタントには十分お気をつけください。


今から家相で家を建てようと思っていらっしゃる方は、

ぜひその前に一度、伝統風水についてお問合せくださいませ。


Rie



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-07-08 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る