羅盤針の動きが止まらない家

風水鑑定をさせて頂く中で、磁場が安定しにくい家が時々あります。


c0355521_14372783.jpg


















そういった家は、決まって羅盤の針が安定しません。

ゆ~らゆ~ら、ゆ~らゆ~ら、動いてしまい、針が止まらないのです。


風水鑑定の方位測定は、一か所での測定ではなく、必ず数か所で測定しています。

こちらも何とか針が落ち着いて欲しいと願うのですが、やはり磁場が安定しない家は、

周囲に貴金属が無いにも関わらず、針が、ゆ~らゆ~ら、ゆ~らゆ~ら。143.png


それと、家の目の前が直ぐに道路で、物凄い交通量だったりすると、

羅盤の針がビュビューーーッ!と旋回したりします。(汗)


また、方位が非常に決めにくい家もかなり存在します。

いわゆる、空亡(方位と方位の境目)に乗りやすい家の事です。


c0355521_00040210.jpg




















※こちら↑は実際に私が拝見したお宅の状態。


空亡に乗りやすい家は、必然的に気が安定しにくいようです。

家をご購入される予定の方は、風水師さんに坐向を測って頂いてから

ご検討されてください。


先週、風水鑑定でお邪魔させて頂いたお宅は、羅盤針がピタッ!

気持ちよく止まってくれる、非常に磁場が安定したお宅でした。


もし貴方のご自宅が、何となく心地よくないとお感じになられているようでしたら、

磁場が不安定であるという要素も考えられます。


こういった巒頭の問題は、今すぐ簡単に解決できるものではありませんから、

これから家をお選びになる際は、方位が安定して決められる家を選びましょう。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-06-12 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る