健康への感謝

先日、ずっと前から気になっていた体内の糖化測定に行ってきました。


最初は病院で測定して頂こうと思っていたのですが、もし数値が悪かったら

しばらく立ち直れないと思い(笑)、気軽に試せる有名店にお邪魔致しました。


医師よりアドヴァイスを受けたい方は、取り扱いのある病院でも測定が可能です。


AGEとは何か。4分弱の映像ですので、ご興味のある方はぜひご覧ください。


美容や健康に関心のある方なら「糖化」と聞いてピンとくると思いますが、

糖化測定とは、体内の焦げ付き度を専用の機械で数値化させる検査です。


キャラメルを作る時、砂糖とミルクを混ぜますよね。

温めてゆっくりと混ぜると、段々とキャラメル化していきます。


糖化とは「糖が化ける」と書きます。糖とタンパク質が合わさり、

焦げ付いた塊(異常物質)に化けるのが、糖化現象です。


その現象が毎日私たちの体内で行われていて、キャラメル化した

AGE(終末糖化産物)
が、日々体内に蓄積されています。


現時点では、この蓄積物(AGE)は一生減ることはないと言われています。


その日の体調によって、測定結果の僅かな差などはあるようですが、

AGE自体が非常に減りにくい物質で、生涯、体内に蓄積され続けます。


一度キャラメルになった塊は、もう砂糖とミルクには分けられませんよね。

それと同じようなことが体内で起こり、蓄積されているというわけですね。


検査結果は、生まれたときから今の今まで、のAGEの量です。

例えば30歳の方であれば、30年分の蓄積結果となります。


これが溜まる位置によって発症する可能性のある病気が異なり、

脳にたくさん溜まればアルツハイマー病、脳溢血、脳梗塞、血管に溜まれば

動脈硬化、目に溜まれば白内障など等、とにかくAGEを体内に溜めないことが、

健康寿命を延ばす鍵となります。


c0355521_07463480.jpg

















私の糖化測定の結果は・・・

AF:1.5

という数値でした!

糖化年齢は、なんと、20代の判定を頂きました。

0.1ポイントの差で、±4歳くらい糖化年齢が違うそうです。

もし仮に私がAF:2.0の数値だとしたら、今よりプラス20歳も

糖化年齢が上がる計算になります。


検査結果表から、私の健康寿命はななんと100歳を超えていて(笑)、

このままバランスの良い食事と運動など、トータルバランスを大切に

お過ごしくださいとのことでした。


c0355521_07462677.jpg

















100歳まで生きる自信はありませんが、この数値を一つの目安として、

これからも健康でいたいなと思いました。


ちなみに、食品に対して熱量を加えたもの、例えばお菓子であれば、

冷やし固めたゼリーなどよりも、高温で焼いたクッキーやケーキの方が、

体内が糖化しやすくなるそうです。

ステーキも、ウェルダンではなく、レアかミディアムレアにすると◎。

牛乳も、電子レンジでチンするだけで、糖化度が高くなるということは

今まで知らなかったので、とても勉強になりました。


【結果測定例】
c0355521_07461621.jpg













体内の糖化によってコラーゲンなども破壊されますから、

シワ、たるみ、シミの蓄積と、体内糖化は美容にも悪いです。145.png


AGE除去の研究は、久留米大学医学部教授の山岸先生によって

進んでいるようですので、除去物質の確立が早く実現すると良いですね。


炭水化物やお菓子が好きな方、お酒が好きな方、生活が不規則な方、

ぜひ一度AGE値を調べて、健康的な生活を見直されてみてくださいね。162.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-05-01 07:30 | Beauty | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る