しなやかな身体に

休暇をいただき、久しぶりにホテルスパへ。


c0355521_08085100.jpg














たっぷり2時間半くらい?

ボディとフェイシャル、施術していただきました。162.png


施術後、担当セラピストさんから


とてもお疲れのようでしたが、とてもほぐれ易いお身体ですね。

普段から何かされていらっしゃるのですか?



と、聞かれました。


私自身特別なことは何もしていませんが、気が付いたときにストレッチを

したり、よく歩いたり、姿勢にはなるべく気を付けています。


私の理想は、軸はしっかりとあるのに、リラックスした状態を保つこと。

隙があるように見えるのに、神経や感覚が、ピン!と張り巡らされている状態。

何も考えていないように見えて、熟慮している状態。


物質で例えるとすれば、低反発のマットのようにぷにぷに柔らかいのに、

ストレスという名の「衝撃や重み」をしなやかに受け止められる身体。

コアを鍛え、柔軟な身体を保てば、自分自身も傷つき難くなります。


身体がタフな人(体力がある人)は、総じてメンタルも強いことが多いです。


だから、ほぐれ難い身体は良くない。

カッチコチの身体では、あらゆる病気や不運を招くはずだから。


しなやかな身体作り、今後も続けていきたいです。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-04-25 07:30 | Beauty | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る