お金の扱い方にその人の性格が出る

先日、支払いの予定があったため銀行へ行ってきました。

c0355521_21143565.jpg















私の場合、人様にお金を渡す予定がある時は、予め新札を準備し、

金子包みをしてからお渡しさせて頂いています。

月謝の類は言うまでもなく新札ですが、例えばちょっとした会費や、

御礼、御車代なども、出来る限り新札で準備します。

どうしても新札を準備出来ないときは、自分の財布に入っている一番綺麗な

お札を選び、先方にひと言添えてからお金をお渡しするように心掛けています。


お金の支払い方には、人間性が出るのでとても面白いです。

スーパーのレジでの支払いから、高級ホテルのお会計まで、

人のお金の扱い方は、十人十色だなぁと感じます。


レジでイライラしている人。

小銭を出すのにまごついている人。

財布の糸がほつれている人。

取り出したお札がしわくちゃな人。

お金をポーンと投げるようにトレイに置く人。

何でもかんでも、必ず会社宛で領収書をもらう人。

etc・・・


お金の扱い方、使い方は、その人の性格をも表すようです。


例えば、上記に挙げた、何でもかんでも会社宛の領収書で貰う人。

つまり、身銭を切れない人ですね。

身銭を切るってことは、本気ってことだと思うんです。

例えば、お祝いで頂いた品物が、経費で買った物と、個人のお金で

支払われた物だったら、あなたはどちらが嬉しいですか?


お金の扱い方は一番「個」というものが出ると思っていますが、

物の扱い方そのものも、やはりその人の「個」が出ます。


以前、このようなことがありました。


私よりも年上の女性だったのですが、その方とお茶をした後、

私が駐車券を頂こうと思ってスタッフの方にお願いしようとしたら、

「私がもらってあげる」

と言って、私が手に持っていた駐車券を、パッと奪い取ったんですね。

まさに、奪い取る、という言葉が相応しい取り方でした。


普通であれば、「お願いします」と言って私が彼女に駐車券を手渡しする

形だと思うのですが、その間もなく、一瞬の出来事でした。

別にそんなことは気にしない、と言う方が大半だと思います。

でも私は、「あぁ、こういう所作はしたくないな。」と思いました。


所作には、日頃の行動であったり、その人の想いが出るんだなぁと、

改めて思った出来事でした。


茶道の先生からは、

Rieさん、重たい物(水指など)は、軽く見えるように、

軽い物(お茶杓など)は重たく見えるように持ちなさい。


と、常日頃からご指導をいただいています。

所作には、丁寧さと美しさが必要なのです。


だからと言って、私がいつも完璧な所作が出来るわけでもありません。

心掛けというものの大事さを知った、というほんの一例です。


ビリオネアと呼ばれる方たちのお金の扱い方、使い方は気持ちがよく、

本当に見習うことが多いです。


私も気持ちの良いお金の扱い方、使い方を習慣にしたいと思う、

うららかな春の日でした。179.png



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-04-17 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る