初めての風水~三元九運~

3/25(土)、伝統風水勉強会を開催いたします。emoticon-0152-heart.gif

お申込みがまだの方は、こちらをご覧くださいませ。


GW期間中、関西以西で風水鑑定を行います。


--------------------------------------------------------------------


玄空飛星派風水で使われる「理気」では、目に見えない無形のもの、
つまり、時間の流れや方位を考慮しながら判断していくのが特徴です。

その時間の流れで使用する概念が、三元九運です。

三元九運は、甲子から癸亥までの六十干支60年を「一元」とし、
上元・中元・下元のそれぞれ60年を3回、合計180年周期となります。

上元60年
一運 甲子~癸未の20年  一白水星(1864年~1883年)
二運 甲申~癸卯の20年  二黒土星(1884年~1903年)
三運 甲辰~癸亥の20年  三碧木星(1904年~1923年)

中元60年
四運 甲子~癸未の20年間  四緑木星(1924年~1943年)
五運 甲申~癸卯の20年間  五黄土星(1944年~1963年)
六運 甲辰~癸亥の20年間  六白金星(1964年~1983年)

下元60年
七運 甲子~癸未の20年間  七赤金星(1984年~2003年)
八運 甲申~癸卯の20年間  八白土星(2004年~2023年)
九運 甲辰~癸亥の20年間  九紫火星(2024年~2043年)

現在は第8運ですので、ピンク色の文字の部分になります。

フライングスターの吉数もこの地運からきており、
第8運から数えて、8・9・1の3つがラッキーナンバーです。

現在は第8運の時代にありますが、あと7年弱で、
いよいよ第9運の時代に入ります。

第9運というのは離の方位が力を持ちます。
方位は南(先天では東)で、この方位は中年の女性(定位では次女)を意味します。

風水業界で「第9運に入ると中年女性が活躍するのでは」と言われて
いるのは、これが理由の一つです。

いつの時代でもミドルの女性の活躍はパワフルだと思いますが(笑)
第9運に入ると、それがより顕著になる、というイメージですね。

なお、第9運が終われば、また第1運に戻ります。
これがずっと、順繰り順繰りと続いていきます。


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-23 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る