初めての風水~五行理論~

風水を学ぶ上で、基本の「キ」となる、

五行思想(五行理論)
についてお話いたします。

c0355521_16261568.jpg








青 → 相生関係 
赤 → 相剋関係


自然界のあらゆる事象を、五つの要素(木・火・土・金・水)に分けて

考えるというのが、中国古代から伝わる五行思想です。


この五行が循環することにより、この世の万物が産み出され、

自然界が作られていると考えます。


そして、五行にも相性の良し悪しがあります。

相性が良く、生じる関係を相生関係、

相性が悪く、剋す関係を相剋関係、

同じエネルギー同士、互いを強め合う関係を比和(ひわ)、

と言います。


【◎相生関係】
(上の図の青い→を時計回りに見ていきます。)

木は燃えて火を生じ、

火は燃えて灰、すなわち土となり、

土の中から金が生まれ、

金属が冷えて水が生まれ、

水を与えた木は成長する。


【×相剋関係】
(上の図の赤い→を星型☆に見ていきます。)

木は土の養分を吸収し、

土は水を塞き止め腐らせ、

水は火を消し、

火は金属を溶かし、

金属で出来た刃物は木を切り倒す。


この五行理論を基に、風水のバランスを考慮します。


これらの相関関係は、

生出/生じる関係(例:金は土のお陰で生じることが出来る)

生入/生じられる関係(例:木は水を吸うことにより成長する)

剋出/剋す関係(例:金は木を切り倒すために消耗する)

剋入/剋される関係(例:火は水に消され弱まり、水も火を消すために弱まる)

この4つで表されます。


五行を強めたい場合

木 3・4   水(生入)・金(剋入)・木(比和)

火 9     木(生入)・水(剋入)・火(比和)

土 2・5・8 火(生入)・木(剋入)・土(比和)

金 6・7   土(生入)・火(剋入)・金(比和)

水 1     金(生入)・土(剋入)・水(比和)


五行を弱めたい場合

木 3・4   火(生出)・土(剋出)

火 9     土(生出)・金(剋出)

土 2・5・8 金(生出)・水(剋出)

金 6・7   水(生出)・木(剋出)

水 1     木(生出)・火(剋出)


例えば、土のエネルギーを弱めたい場合。

その場合は、金が生出・水が剋出となりますので、改善法で

用いるアイテムは金属の物、または水(陰の水)となります。


最近、家の中で喧嘩が絶えなくて・・・3(喧嘩)のエネルギーを弱めたい!

という場合でしたら、火が生出、土が剋出となりますので、

3のエネルギーがある場所にキャンドルを灯したり(火の扱いに注意)、

赤系のインテリア、陶器製の物を用いたりすることで改善が見込めます。


この五行理論を使うことにより、さまざまなことに応用できます。

東洋医学やマクロビオティック食なども、全てこれらの五行理論が

深く関わり体系づけられています。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-17 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る