初めての風水~陰陽思想~

古代中国で生まれた陰陽思想は、風水を学ぶ上で一番最初に出てくる

最も基本的な概念です。



c0355521_09300526.jpg












有名なこの太極図は、陽の中に陰があり、陰の中に陽があります。

すなわち、陽が極まれば陰に転じ、陰が極まれば陽に転じることを意味します。

この太極図は最もバランスが取れた状態、東洋医学で言うところの

「中庸」である状態になります。


陽のエネルギーは、能動的であり、活発な力に満ちています。

陰のエネルギーは、受動的であり、消極的なエネルギーです。


光があれば(陽)、影があり(陰)。

男がいれば(陽)、女がいる(陰)。

硬いものものがあれば(陽)、柔らかいものがある(陰)。

etc・・・


このように、森羅万象の全てにおいて、必ず相対するもの、

対になるものが存在し、この両者の調和によって世界が保たれていると

するのが陰陽思想の基本的な考え方です。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-03-16 07:30 | 風水の基本 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る