風水の衛星鑑定についての危惧

私が基本としております風水鑑定は、実地鑑定です。

実際に自らの足で現場に赴き、巒頭の確認は当然の事として、

坐向測定も数か所で計測し、飛星盤を作っています。


そして、あらゆる角度から土地、建物、道路状況、空間状況などを見て、

総合的な判断に役立てています。


しかしながら、現代ではインターネットの能率も飛躍的に向上し、

衛星MAPなどを使えば、その場所に行かずとも簡単に土地を確認する

ことが可能な時代になりました。


そうなると、衛星写真や間取りだけを利用すれば
風水鑑定も可能なのでは???

と思われると思いますが、そうとは限りません。


私も鑑定前に、予め衛星MAPを使用しておおよその土地の特徴や

方位を調査しますが、これだけでは絶対に坐向判断は出来ません。


こちら↓の写真は、私が実際に鑑定にて測定した結果です。


c0355521_00040210.jpg





















こちらのご自宅を伺う前、当然私も、予め衛星MAPを見て

おおよその方位を確認してから鑑定に臨みました。


しかし、どの位置で測定しても、結果は上の写真の通りでした。


いわゆる、空亡と呼ばれる(方位の境界線に乗る)家だったのです。

このお宅の場合は、辰と巽が差錯(ささく)しています。


通常の衛星写真鑑定や、間取りだけでは、分かり得ない測定結果です。


この結果は実地計測を行ってこそ分かるものですし、方位の境界線上に

建つ家というのは意外と少なくないのです。


方位の境界線上に乗ってしまう家は、当然のことながら不安定な要素を

多く含み、忌み嫌う凶相と判断されます。


しかし、良識のある風水師、風水コンサルタントを選べば、このような状況で

あったとしても、何かしらの解決策を教えてくれるはずです。

どの鑑定法を選ぶかは、あなた次第です。

上の写真(現実)をご覧になっても、何万円、何十万円を支払って、

風水の衛星鑑定をご希望されますか?


Rie


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-02-16 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る