風水で建てる家、暮らす家。

風水鑑定をさせていただくようになり、風水の知識と同じくらいに、
いえ、もしくはそれ以上に大切だと感じているのが建築に関する知識です。


通常の風水コンサルとは別に、現在携わらせて頂いている
新築の風水邸宅。

私のもとで、土地の鑑定から入らせて頂いております。

普通、風水鑑定と言うと、既に建っている物件に対して行うことが
圧倒的に多いんですね。そのため、風水的にマイナスの要素も多い。


しかし、土地の選定から入らせていただく場合は、風水のメリットを
最大限に生かすことが可能です。


新築を建てる場合は、様々な建築知識が必要です。

しかし、風水と言えば、世間一般では一種の占いのように思われています。

そして、大抵風水師(家相占い)が関わった物件というのは、
鬼門、裏鬼門がどうこう、張り、欠けがどうこう、といった物件ばかり。


伝統風水の視点から見ると、随分と異なる点も多いのが現状です。


こちらは、とあるオシャレ系雑誌から。


c0355521_22044404.jpg

















黄色=金運は根強い迷信です。


c0355521_22045271.jpg
















日本では定番の鬼門、裏鬼門。
伝統風水では使いません。


c0355521_08554253.jpg
















風水では「玄関は東!」と決めつけ過ぎです。
今年の東は三煞が回ってきているため、玄関がある場合は特に注意が必要です。


c0355521_22050838.jpg












一見おしゃれなこちらのお部屋。
風水視点で見ると、突っ込みどころが満載・・・

このように、伝統風水と家相占い風水では、基準点から異なることが多く、
それを知らずに家を建てても後の祭り。

また、風水の知識ばかりが詰め込まれた家も問題です。


c0355521_11063387.jpg














建築のプロが見れば、絶対にやらないような配置、おかしな間取りに
なることも、風水(?)設計で建てられた家では危惧すべき点です。


c0355521_11064989.jpg










風水師や風水コンサルタントは、不動産に関わる仕事です。

一番の仕事は、土地・建物に関する風水、その人の命運に沿った鑑定です。

一般的な風水師さん、風水コンサルタントさんは、
ここまでしかなさらない方がほとんどだと思います。


c0355521_11065753.jpg
















私のコンサルティングでは、建築に風水の要素を入れることは当然のこととして、
より快適な住まいづくり、ご家族が長く幸せに暮らせる家づくりが出来るよう
建築に関することを継続して学び、updateした知識を活かせるよう心掛けております。

ただ風水鑑定して、はい、おしまい。

では、本当の意味で住まいにまつわる悩み、
人生に関わる悩みは解決したとは言えないでしょう。

これは家を建てる人だけではなく、既に住んでいる家に対しても、
そして、これからお引越しをなさる方に対しても同じです。

風水師、風水コンサルタントに、建築の知識があるかないかで、
風水視点から見たアドバイスも変わるはずなんですね。

貴方の信頼する風水師、風水コンサルタントは、
建築面から見た動線やアプローチ法まで、きちんと見てくれましたか?

それとも、ただの風水チェックだけで終わりでしたか?

これからのシーズン、ご進学、ご入社、ご転勤などで住まいを
変えられる方が増えてまいります。

クライアント様が、より快適に、より幸せになれる住まいに
引っ越せるよう、微力ながらお手伝いをさせて頂きます。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-02-08 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る