セミナージプシーについて考えてみた

いわゆる、「セミナージプシー」について考えていました。

自分が興味のある分野のセミナーに参加し、結局1つのセミナーでは
飽き足らずに色々なセミナーに行っては散財。

で、自分でそのセミナーで得た経験を実行しないものだから、
いつまで経っても知識は役に立たず、頭でっかちになるばかりの人。

これでは、お金をドブに捨てたも同然です。

でも、こういう人、少なくないと思う。

私、色々なセミナーに参加することって、悪いことではないと思うんです。

世の中では何だか悪い方に捉えられがちですけどね。


だって、勉強って、そんなに簡単に終わるもん???

一つのセミナー(勉強会)に行って、満足できるもん???


例えば、貴方がラーメンが好きだと仮定して。

一つの有名なラーメン屋さんに行ったら、もうそこで満足できます?

他にも有名なラーメン屋さんはごまんとあるわけです。

もっと違った味も知りたくないですか?経験したくないですか?


私はですね、純粋に知りたいって思うわけです。

だから知識も増えていくし、それを行動に移しているから
実生活にも役に立っている。


セミナージプシーから抜け出せない人は、ラーメンばかり食べ歩いて、
一度も自分でラーメンを作ってみようとしなかったり、お店によっての味の違いを
感じてみなかったり、人にその魅力を伝えようとしなかったり・・・

結局、ラーメンを食べているだけで、何の身にもなっていない。
自分の体の肥やしになっているだけ(笑)なんですね。

自分が何かを得たら、それをアウトプットすることが大事なんです。

インプットばかりでもダメ。
アウトプットばかりでもダメ。

ラーメンばかり食べているんじゃなくて、
自分がラーメンから得たことを実行したり、発信したりしていかなければ、
結局、ただ食べているだけの人で終わっちゃうんです。

そういう人生がいい人なら、もちろん、そのままでいいです。

だけど、もし貴方がそうじゃない。って思えるのであれば、
もっとアウトプット(行動)に比重を置いた方がいい。

風水のセミナーに行ったとしたら、行っただけではなくて、
その知識を行動に移してみないと何の変化も起きませんよね。

それを踏まえたうえで、色々なセミナーに行くことっていうのは、
別に悪いことじゃないと思う。

特に占術の分野なんて1つだけではないし、自分の興味が1回だけで
終わるなんてことは皆無なわけです。

易を知ったら、八字を知りたくなり、八字を知ったら、風水を知りたくなる。

風水を知ったら、宇宙を知りたくなり、宇宙を知ったら、星の動きを知りたくなる。

1知りたくなったら、10知りたくなるのが人間ってもんです。


得た知識は、生かしていこう。


これが、セミナージプシーにならない、たった1つの方法。

貴方が今、どんなことを学ぼうが、学ぶことに遠回りも近道もありゃしない。

それを、先人たちが教えてくれています。


風水を学ぶ上で、最初から玄空飛星派に出会えた人は、すごくラッキーだと思う。

でも、貴方が最初からフライングスター風水に出会えなかったからといって、
それは「遠回り」したんじゃない。


学ぶルートに、順番や正解なんて、ないんですから。


いつ学び始めたって遅いことなんてないし、
どういう順番で学び始めたって、正解なんてありません。


陰陽の法則と同じです。

インプットがあって、アウトプットがある。


こういう世界にいると、風水に何十万、何百万円とお金をかけて、
学ばれている方にたーっくさん出会えます。(笑)

でもね、はっきり言って、今までかけたお金うんぬんじゃないんですよ。

偉い先生から教わろうと、有名な先生の弟子になろうと、
そんなのちっとも関係ないです。

今の時代、お金を出せば大抵の人には会えますからね。
お金を出せば、大抵の情報は得られますから。

いや、大抵の情報はWEB(しかも無料)で読めるんですけどね。(笑)

だから、そんな小さなことよりも、


貴方がどれだけ今まで得た知識を実行してきたか。

今まで得たことを取捨選択してきたか、ですよ。



1万円のセミナー代だけで幸せを得ている人もいれば、
数百万円のセミナー代をかけても幸せになれない人たちがいる。


学問に、正しいルートなどない。

学問に、終わりなどない。

出来ない理由を探すより、出来ることから始める。


人それぞれの幸せを求めて、私も何かお手伝いできたら嬉しいです。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-01-24 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る