風水と量子力学

今研究中のテーマの一つに、風水と量子力学(波動力学)があります。


c0355521_09302949.jpg












私は大学も文系で、どちらかと言えば数学物理にはご縁がない人生
だったのですが、

「自分はなんでこんなに運が良いのだろう?」

と感じたときに、私は自分で運を掴み取る力が強いんだなと。
あるきっかけから、そう自覚したんです。

もちろん、要らないものも掴んでしまったこともありましたし、
たくさんの失敗も挫折も経験しています。

でもそれも、今となっては良い勉強だと思えるようになりました。

とにかく私は、自分が強運であることになぜか絶対的な確信があるんですね。
これはなんでなのだろうと、疑問に思ったわけです。

量子論と脳科学を研究されている小森圭太先生が、「引き寄せ理論と量子論」に
ついてブログを書かれていらっしゃるのですが、これがとても興味深くて、
風水に通じることも多く、たくさん学ばせて頂いています。

風水師の先生で、風水と量子力学について勉強されていらっしゃる
岡西導明先生。

導明先生に以前お会いさせていただいたとき、量子力学の分野を
学ばせていただいたんですね。

もうこれが、衝撃の一言で。(笑)


私、知らないことあり過ぎるやーん!!


って・・・なんで関西弁???(笑)


貴方が風水を実践するとき。

様々な障害に当たるときってありませんか?


例えば風水師に、「門が最悪の方角にあります。」と言われたら、
「は???門なんて移動できないし、リフォームできないよ?」
って、思いますよね?

「この方角は2と5がありますので、寝てはいけません!」と言われても、
ワンルームだったらどうするの???

そんな障害や壁に、ぶち当たったことってありませんか?


でね、ここからが風水師の最終兵器ですよ。


出ますよ・・・風水師、最後の捨て台詞ですよ!(笑)



客:あのぅ・・・私、どうすれば・・・・。


風水師:それでは、もうここに門があることは気にしないでください。

ここに2と5があることは忘れてください。


客:えっ?それでいいんですか???



そう。


気にするな。


これが答えなんです。


じゃぁですね、風水って何なの、ってなりませんか?



気にするから、引き寄せる。

気にするから、実現する。




これが、量子論なんです。


これに気づいてしまった私は、圧倒的に人生観が変わりました。

これにいち早く気づいて、風水に生かされている岡西先生はすごいなと。

私のクライアント様にも、どうにも出来ない場所には、


ここは気にしないでください。


とお伝えしています。(決して見捨てた訳ではありませんよ)

それは、こういった理由からなんです。

(なんのこっちゃ意味が分からない方は、小森先生のブログを熟読されてくださいね。)


つまり、導明先生が「僕の家の住所は地球です」とおっしゃっているのは、
こういうことなんです。

(なんのこっちゃ意味が分からない方は、導明先生のご著書、「千年ノート」を熟読されてくださいね。)


我々が意識すると、
量子はいきなり物質になる  ~小森圭太先生ブログより~



風水も、意識の中から生まれている物質に過ぎないのかもしれません。

デンマークが生んだ天才、ニールス・ボーアは、相補性を表すシンボル
として、古代中国の陰陽思想を象徴する「太極図」を好んで用いました。



c0355521_09300526.jpg











相補性とは、量子論が示す物質観、自然観の特徴のことです。

陰と陽、という対立する2つの気が交わり、相互作用を行うことで
全ての自然現象や人間活動が決まるとされている陰陽思想は、
量子論の世界観ととても似ているし、一致するんですよね。

私はここ最近、ずぅーっとそんなことを考えています。

そして迷宮にハマる・・・(笑)

いつか皆様にこの研究テーマを発表できる日が来るのでしょうか。

終わりなき、学びの日々です。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-01-22 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る