2017年の風水

我が家の2017年の風水レメディ、最終調整中なのですが、

かなり出来上がってきました。053.gif

当然、まだレイアウトは変えていません。(2017年2月4日からです)
そのため、あくまで図面上のデザインです。012.gif

いや・・・これ、もしかしたら、今までで一番上手くいったかも!
というくらい、かなり良いレメディになりました。

2017年がどんな年になるか、とても楽しみです!053.gif


クライアント様にも風水レメディのご提案をさせていただくのですが、
そのためのインテリアや空間デザインを考えているときが一番楽しい時間。


c0355521_11524330.jpg











色々なタイプのインテリアショップに行って、自分の目で確かめたものを
クライアント様におススメさせて頂いています。

以前から何度も書いている通り、伝統風水では何か特別な風水グッズは
不必要なのですが、飛星をもとにしてインテリアを考えることは出来ます。

例えばそれが色であり、配置であり、フォルムであるわけです。
そういうのを考えるのって、特に女性は得意なんじゃないかなぁって思います。

私も得意ですし、好きな作業なので苦にならないんです。053.gif


さて、風水をレメディする場合、幾つかのポイントがあります。

まず1つ目。

自宅の坐向を正確に割り出し、正しい飛星盤を用い、正しく当てはめること。

自宅の向きを間違えていたら、全てがパー(無駄)になります。
パーになるだけならまだ良いのですが、良かれと思っていたレメディが
凶相を強めてしまっている可能性もあります。

風水レメディを施すとき、ある風水的なスイッチを入れると、
それがトリガー(引き金)となって、良い方か、悪い方かに傾きます。

その全ての基礎となるのが、飛星盤です。

まずは、自宅の正しい飛星盤を導き出すことからです。
その飛星盤を基に、全てのレメディの配置を考えていきます。


2つ目のポイント。

その年の年飛星をチェックします。

自宅の飛星盤に、その年の年飛星を書き込んでみましょう。
もともと持っている自宅の飛星傾向と、その年の星周りの組み合わせが
読めるようになります。


3つ目のポイント。

その年の、月飛星をチェックします。

次はさらに踏み込んで、月飛星を見ていきます。
月飛星を考慮する場合は、特に短期間で結果を知りたいときに使用できます。

例えば、凶星の「5」がある場所に貴方が鉄風鈴をレメディするとします。
しかし、凶星は毎月移動しますよね。

そうなると、貴方は必然的に鉄風鈴を、毎月毎月移動させなければなりません。

もちろんそれもベストな方法の1つですが、年間を通して凶を封じたいという
大きな面で捉える時は、年飛星5の方位(2017年であれば南方位)に年間を
通して飾ってもらえればOKです。(マメな方は月ごとの移動もOK♪)

伝統風水には時間の流れとともに、吉凶が変わっていく法則があるんです。

これが難しく感じて分かりづらい!と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そういう時は、ぜひ専門家に見ていただいてください。


第8運(20年間)を通して得たい運気。

今年一年を通して得たい運気。

今月ひと月を通して得たい運気。

健康運を優先させたい。

仕事運をUPさせたい。

金運をUPさせたい。

人間関係を良くしたい。

恋人が欲しい。

結婚したい。

子供を授かりたい。

etc・・・


貴方がどれを優先させたいかによって、改善法も少しずつ変化します。

一番簡単な方法は、年間を通してレメディする方法です。
毎月レメディを変化させなくて良いので、面倒な人にピッタリです。

マメな人で、細かいことまで気になってしまう人は、
毎月の配置替えをおススメします。

私は職業的にも必然的に後者になりますが、長期的に考慮している部分の
レメディは変えず、そのままにしている場所もあります。

我が家の2017年の風水も、凶を無効にし、欲しい象意に特化したスタイルに
しました。毎年変化がありますが、2017年度版はかなり気に入っています。

本格的な2017年の幕開けまで、あと2週間ほどあります。

良いスタートダッシュを切れるように、準備を万全にしていきましょうね。



[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-01-19 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る