運の変化をキャッチする~運気の流れ~

玄空飛星派風水では、時空の流れ(地の気・地運)を加味して
鑑定するのが基本スタイルです。

三元九運とは、甲子から癸亥までの六十干支60年を「一元」とし、
上元・中元・下元のそれぞれ60年を3回、合計180年周期となります。

上元60年
一運 甲子~癸未の20年  一白水星
二運 甲申~癸卯の20年  二黒土星
三運 甲辰~癸亥の20年  三碧木星

中元60年
四運 甲子~癸未の20年間  四緑木星
五運 甲申~癸卯の20年間  五黄土星
六運 甲辰~癸亥の20年間  六白金星

下元60年
七運 甲子~癸未の20年間  七赤金星
八運 甲申~癸卯の20年間  八白土星(2004年~2023年)
九運 甲辰~癸亥の20年間  九紫火星

現在は第8運気ですので、ピンク色の文字の部分になります。

フライングスターの吉数もこの地運からきており、
第8運気から数えて、8・9・1の3つがラッキーナンバーです。

そのため、第9運気になると8は凶数となり、新しい基本的な
吉数は9・1の2つとなります。(但し、数字自体が持っている
パワーは別として考えることもあります)

フライングスターでは三元九運が定説となっており使用されて
おりますが、実は、その他にも二元九運という考え方もあります。

この説は中国の風水師、談養吾老師(玄空飛星派風水無常派の初代で、
私の風水の恩師もその系譜)によるものです。

主な説によると、地球は自然形勢上、赤道を起点に上下に
二分しており南北の半球となることからなる二元説など、
これがまた色々な説がありまして・・・042.gif

一時は様々な議論があったようです。

二元九運とは、名前の通り180年を二分化し、
上元90年・下元90年で分ける方法です。

上元90年

一運 甲子~辛巳の18年間
二運 壬午~乙巳の24年間
三運 丙午~己巳の24年間
四運 庚午~癸巳の24年間

下元90年

六運 甲午~甲寅の21年間
七運 乙卯~乙亥の21年間
八運 丙子~丙申の21年間 (1996年~2016年)
九運 丁酉~癸亥の27年間 (2017年~2043年)

第五運がないのが特徴で、全て八卦理論で計算されています。
現在この二元九運を用いてフライングスターを行っている人々は
ほとんどいません。

しかし、もしこの二元九運法が正確性のあるものだった場合、
今年(正確には2017年2月4日)からは第9運の世界に突入していく
ことになります!(なんと!)

もちろん皆さんは三元九運をお使いになられて問題ないですし、
現代の玄空飛星派の風水師は(ほぼ)皆、三元九運を用いますので、
ご心配される必要は全くありません。

でも、色々な角度から見た場合はこういう運気の流れもあるんだなと
思っていただけたら幸いです。

ちなみに、第9運というのは離の方位が力を持ちます。
方位は南(先天では東)で、この方位は中年の女性を意味し、
季節は夏、真っ盛り。

三元九運ではまだ第8運気とはいえ、2017年は既に第8運気の後半を
進んでいます。じわりじわりと第9運気の流れがやってまいりますので、
私たちも運気の流れに乗って開運していきたいところですね。


c0355521_08564204.jpg
















軒先に素敵な風水を見つけました。

今日も心穏やかな一日となりますように。
 

[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-01-12 07:30 | Flying Star | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る