感情の五行

皆さまは年初めに、「今年の目標」を立てる派ですか?
それとも立てない派ですか?

私は一応(笑)立てる派です。

それも、「絶対にこうなる!」という目標ではなくて、
「こうなったらいいな」というように緩めにしています。

私の場合、目標にきつく縛られるよりも、ある程度の目標があって、
そこを色々なルートから辿っていくと、達成している率が高いからです。

目標の数は幾つあっても良いと思います。

あまり多すぎない方がいいとは思いますが、
必ずしも一つである必要はありませんよね。

私の昨年の目標は、プライベートと仕事、ほぼ9割達成することが
出来ました。昨年達成できなかった項目は、今年に引き継ぎます。

今年の新しい目標の一つとして挙げたいのが、
湧き出た感情をしっかりと汲み取ること」があります。

中でも特に、「負の感情」についてです。

私は感受性が強いというか、感性が強く、そして高いです。

朝日を見れば感動、人に優しくして貰ったら感動。
日常の、何でもない一コマに直ぐに感動してしまいます。

そのような私が、一つだけ、感じ難い感情があります。

それは、「負の感情」です。

人間にとって、とっても大切な「負の感情」です。

例えばですが、私の場合は「怒り」や「痛み」なんです。

私の中で、熱と言ったら38.5度以上です。(笑)
37度台で仕事を休むとか、まず無いです。

足が痛い、頭が痛い、大抵のことはへっちゃらです。

他人が辛そうにしていたり、痛そうにしているのは
とても心配ですし、共感できるのですが、それが自分自身の
こととなると、「このくらいどうってことない」となってしまう。

「怒り」でもそう。

まず、日常生活で人に注意やアドヴァイスすることはあっても、
「怒り」をぶつけたり吐き出したりという行為がありません。

「言ったところでどうなの」という気持ちもありますし、
そもそも論で、争いごとが大嫌いだからです。

私の中で、喧嘩や争いというのは、そのレベル同士の引き寄せ
と言いますか、争うことにメリットが見えないし、そういう感情を
感じ難いのだと思います。


感情は、五行で分けることも出来ます。


怒りは木(肝臓)の感情

喜びは火(心臓)の感情

思考は土(脾臓)の感情

悲しみは金(肺)の感情

恐れは水(腎臓)の感情



人間の体って、本当によくできています。

人間はどの感情が欠けてもダメなんですよね。045.gif

五行のバランスです!


自分がポジティヴ病(超ポジティヴ思考)だと思う方。

ポジティヴ病とは・・・
全てのことをポジティヴに考えるため、自分に湧き出るマイナスの感情を無視して
様々な問題や障害から逃げてしまう状態。自分の感情を直視出来ない人のこと。


きっとこれから上手くいく!

諦めないでがむしゃらに頑張る!

目標を高く持って、いつもキラキラした自分になる!

愚痴や不満は悪だ!


・・・・


それ、本当に大丈夫ですか?

辛いこと、厳しいこと、痛いこと、苦しいこと。
ぜーんぶ、無視して進んでいませんか?

今年は全ての感情を、しっかりと自分で受け入れてあげてくださいね。
私もそうすると決めています。

朝日を浴びながらの瞑想も良いですね。
今年はより一層、自分と向き合う時間を作っていきましょう。


さて、今日は一白水星年、1月11日の、「1111」並びとなりました。

そういえば昨日、「3333」の話をUPしましたが、
その日にまたミラクルがおきまして・・・

今度は支払った金額が、全くの無意識で「3333」でした。(笑)


c0355521_07484661.jpg
















多分、「おつりを50円玉にしたい・・・」ということを
無意識で考えたのだと思いますが・・・ビックリです。

無意識って、凄いですよね。
よっぽど、何かのメッセージなのでしょうか。012.gif

皆様も素敵な一日を。053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2017-01-11 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る