数字の意味

玄空飛星派風水(フライングスター)で使用する
1から9の数字には、それぞれに意味があります。

そして玄空飛星では「三元九運」という時間の流れを加味し、
数字を読み解いていく必要があります。

現在は第8運期(2004年~2023年)真っ只中ですので、
8、9、1吉星
7、6、5、4、3、2が基本的には凶星となります。

吉星の中でも現在一番パワーがあるのが「」です。

6凶星とするかは流派により異なりますが、
私の場合、6吉星として使用します。
6は天からの幸運を意味しています。

玄空飛星において最も注意すべき星は25です。
しかし、玄空飛星の概念を外して数字を見る場合、
25にもまた違った象意が表れます。

それは25だけでなく、347も同じです。

例えば、色々な占術を学んだ方なら、3という数字が持つ
とてつもないパワーは既にご存知のことでしょう。

三角形のピラミッド、三位一体、三種の神器・・・
3は安定しながらも、創造的な数字です。

その他、5にも、陰陽五行、五大陸、五芒星、五臓、
五感など等・・・人間、呪術、世界などを意味しています。

さらに、10進法では数字の真ん中は5です。
人間の体の真ん中は、お腹と腰です。

日本人は昔から、丹田(おへその5センチ下)を
意識して生活してきました。

着物を着ると背筋がシャキッとして、腰が安定します。
着る機会が減ってしまった着物ですが、日本人にとって
一番身体に合っている服だと思います。

腹に収める、腰が据わる、という言葉があるように、
5にはバランス感覚、協調性という意味合いもあります。

一汁三菜に、主食の御飯を足したら5になります。
日本人には馴染みのある「5」なのです。

風水で数字を使うとき。
またそれとは違った意味で数字を使うとき。

色々なケースに合わせて数字を利用してみてください。
きっと、数字からたくさんの恩恵が受けられると思います。053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2016-03-05 07:30 | Flying Star | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る