10日に一度の福神日

本日11月11日、何とも語呂合わせの良い日ですね。
さらに今日は、木局三合(亥卯未)となります。

三合のエネルギーは風水や四柱推命、気学などを学んだ方は
既にご存知かと思いますが、大雑把に言えば、最大吉方位から
くる運気招来のエネルギーを意味します。

木局の象意の1つとして、「発展」があります。

「○○をしたい!」「○○に行きたい!」といったスタートの
時期にピッタリの日でもあり、自分自身の発展・成長を促すのに
とても良い日です。

ちなみに明日は新月ですから、より一層発展の気に満ちた2日間
と言えそうですね。

さて、今日は「福神日」(ふくじんび)のご紹介です。

大安や一粒万倍日などは皆さま良くご存知かと思いますが、
それよりもさらに個人のピンポイントに合わせた金運UPデー
というものが存在します。これは主に気学などで使用されます。

福神日は10日に1度、どなたにでも巡ってくる日です。
予想外の幸運に恵まれたり、ツキがUPする日と言われています。

まずは、四柱推命を割り出すときに必要な自分の「日干」を
調べましょう。命式だけならインターネットで簡単に検索できます。

日干は「日柱」ともいいます。

四柱推命(八字風水)の四柱とは、年柱・月柱・日柱・時柱の
4つの柱のことを指しています。

ご自分の命式が分かったら、日干(日柱)を見てください。

ご自分の日干   福神日
甲(きのえ)  → 丙(ひのえ)
乙(きのと)  → 丁(ひのと)
丙(ひのえ)  → 戊(つちのえ)
丁(ひのと)  → 己(つちのと)
戊(つちのえ) → 庚(かのえ)
己(つちのと) → 辛(かのと)
庚(かのえ)  → 壬(みずのえ)
辛(かのと)  → 癸(みずのと)
壬(みずのえ) → 甲(きのえ)
癸(みずのと) → 乙(きのと)

例えば、ご自身の日干が甲の方は、福神日が丙となりますよね。

直近で言うと、次の丙は11/16(月)丙申日となりますので、
甲の方は11/16(月)が次回の福神日です。

この日が一粒万倍日や寅の日、巳の日、天赦日などと重なっていると、
さらに吉運が強まります。

次回の天赦日は12/14(月)甲子日ですから、日干が壬の方にとっては
さらに幸運な大・福神日となりそうですね。053.gif

あくまでもご参考程度ではありますが、何かを購入したいときや
お仕事での重要日などに使われてみてはいかがでしょう。

今日もHappyな一日となりますように。016.gif
 

[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-11-11 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る