火のアイテムを使う時の注意点

家の中を風水処方する際、五行のアイテムを使用する時に
理解しておくべきことが1つあります。

それは、それぞれのアイテムによって、持っているパワーに
強弱がある、ということです。

例えば、火を象徴するような代表的なアイテムとして、

・赤い絨毯、カーペット(紫色も対象となる)
・赤いインテリア小物
・ランプ、キャンドル

などが挙げられると思います。

しかし、この中で最もパワーが強いアイテムは、

、そのものです。

つまり、上の例で言うとランプやキャンドルとなります。

火、そのものは火事の心配もありますし、ランプやキャンドルを
物理的に置けない時もあります。

そういった時は代替品として他の赤いアイテムを使用することに
なりますが、本物の火のパワーの半分程度(もしくはそれ以下)の
効力だと思ってください。

火にはその場の邪念や邪気を焼き尽くすパワー、リラックス、
そして、土の要素を高めるパワーなどがあります。

火のアイテムに限らず、他の五行のアイテムについても
パワーの強弱は存在します。066.gif

それは大きさにも関係します。

単純に物が大きければ、その物が持つパワーが強いことを意味しますし、
小さければパワーは弱めであると言えます。

これにはもちろん例外もあって、小さくても莫大なエネルギーを
持つもの(例:純金やダイヤモンドなど)もあります。

金のレメディを施す際に、あまりにも小さな金のアイテム
(例:数センチ程度のミニチュアのブロンズ像など)を飾っても、
パワーは発揮され難いということです。

その場を強めたり弱めたりしたいのであれば、それに見合った
大きさとパワーの強弱が必要となることを覚えておいてくださいね。053.gif



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-07-02 07:30 | Flying Star | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る