語呂合わせで縁起を担ぐ~言霊の力~

昔の人々は、言葉の力というものを信じていました。

スルメは掏る(盗み)に通じるから→アタリメとし、
鏡餅を「割る」ことは→鏡開きというように、言葉から連想される
良くないことを払拭するために、良い言葉を選んでそれを用いていた
という文化が今も残っています。

言葉の力にどれほどの影響力があったのか。
私たち日本人は、体でそれを分かっているのかもしれません。

大好きなスペシャルカツ丼。

c0355521_21200927.jpg













午後に仕事がある時は要注意のランチです。
お腹一杯、幸せ過ぎて物凄く眠たくなります。(笑)

卵が絶妙な加減で半熟なので、箸で黄身をつついてトロ~リと
したところでカツをいただきます。

こちらのカツ丼は、大好きな甘辛味。

東京以外にも甘辛の食べ物はあるのですが(名古屋の味噌カツとか)、
やはりどこの地方も「甘さ」が目立っていて、塩辛いとは違う。

江戸の蕎麦屋のめんつゆは真っ黒です。

やはり、塩辛~い+醤油で真っ黒~+ほんのり甘め、
というのは、江戸の味の特徴なのかもしれません。045.gif

話が飛んでしまいました・・・

そうです、カツ丼。

カツ=勝つ、ということから、よく受験前や試合前に食べる
食事としても人気がありますよね。

日本人は験(げん)を担ぐ、縁起を担ぐことを大切にします。
私もこの文化を大切にしていきたいなぁと思っています。

今週も元気にはりきってまいりましょう!053.gif


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-05-25 07:30 | Power Foods | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る