魯班尺~吉寸と凶寸~

中国には魯班尺(ろはんじゃく)という巻尺があります。

家の中の家具や建物の寸法によって、吉凶を判断するという
面白い道具の一つです。

c0355521_18434435.jpg









メジャーにはこのように文字が書かれてあります。

c0355521_18532237.jpg












上の段が、門公尺(もんこうじゃく)といって、
建築建物の寸法を見る範囲。

下の段が、丁蘭尺(ていらんじゃく)といって、
自宅の中のインテリア全般(家具やカーテンの長さなど)、
そして自分の持っている持ち物(財布など)にも使用できます。

赤い字が吉寸、黒い字が凶寸なので、一目瞭然です。
それぞれの目盛りの部分に書かれている文字を読めば、
さらにどんな内容の吉寸なのか、凶寸なのかが分かります。

中華街などでも売られていますし、インターネットなどでも
簡単に入手できる便利な巻尺です。

これから大きな家具を買おうと思っている。
今年は家のリフォームをするので吉寸が知りたい!
財布を買い換えたいけれど、吉寸は・・・?

という方にもおススメですので、ご興味のある方は
ぜひ使ってみてくださいね。053.gif



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-05-23 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る