スタートは自分で決める

今日から土用入りいたしました。
5月5日まで続きます。

土用は陰陽五行説に基づいた概念からきている暦の一つで、
この期間は土いじりや引越し、穴を開ける行為などは
控えるべきという昔からの習慣があります。

季節の変わり目ですので、心身共にゆったりとした
心持ちで過ごしていきたいですね。

さて、運命学全般に言えることですが、様々な流派の中で
「吉日」(好い日)というものが存在します。

例えば、占星術で言えば「新月」が物事のスタートに
適した日であったり、九星で言えば自分の吉星が幾重にも
重なった日が吉日でその方位に出向くと良い、といった具合です。

風水の本場でも「擇日」といってそれぞれの事象に合わせた
吉日というものが存在します。

私自身もこれらの吉日は大切であると思っています。

特に結婚、引越しなど人生の転機が訪れたときに
決めなければならない日取りは大切です。

一方で、「スタートは自分で決める」という概念も
併せて持ちたいといつも思っています。

一つの鑑定で例えその日が吉日でなくとも、
自分で「今日からやる!」と決めたことがあるのなら、
その覚悟でいい。

物事の始まりというものは、とても大切です。

なぜなら、様々な運命学において物事の始まりというのは、
始まったときの運をそのまま引き継ぐという考えもあるからです。

ですから、

この日から行くんだ。頑張るんだ。

と決めたなら、腹を括る。

そして、それが吉日であれば、尚良し!053.gif

物事のスタートは自分で決められる。
それが結果として、自分にとっての吉日になれば良いのです。

吉日は大切。
されど、自分の心構えの方がもっと大切です。

皆さま、素敵なスタートを!
 

[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-04-17 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る