天国への送金~うちかび~

沖縄県は何度か訪れている大好きな場所です。

沖縄本島を始め、石垣島、伊良部島など等、
かなりディープな場所にも行きました。

さて、その沖縄の風習として根付いている文化が
「うちかび」(紙銭)というものです。

「うちかび」というのは、あの世のお金のこと。

ご先祖様があの世でお金に困らないように、
燃やしてあの世に送るという文化です。

c0355521_10235939.jpg














実はこの「うちかび」という文化は道教が起源となっており、
先日訪れた横浜中華街にある関帝廟などでも神様への御礼として
紙銭(真四角の金紙)を見ることが出来ます。

中国雑貨を取り扱うお店などに行くと、「天地銀行券」として
うちかびが販売されています。

使い方はただ燃やすだけなのですけれども、
火の扱いにはくれぐれもご注意ください。

このうちかび、一説ではあの世で一枚数千万円~数億円の価値が
あるらしいのですが(笑)、少しでも何かの足しになってくれたら
子孫としても嬉しいものです。

仏教の経典に「七分逆一」という言葉があります。

七つの功徳をしたら、その内六つは自分自身に還ってくる、
という思想なのですが、つまり、七回ご先祖様の供養をしたら、
六回は自分の功徳となるけれど、ご先祖様への供養は一回にしか
ならない。

だから、ご先祖様の供養は繰り返し何度でも続けることが大事である。

ということなのですね。

「うちかび」も生きている子孫からのある意味「祈り」であり、
ご先祖様を大切に思う心です。

これをやるやらないは全くをもって個人の自由ですが、
こういった文化は大切に残っていくといいなと思っています。

お彼岸も明けたので、今からうちかびを燃やしたら
送金手数料かかるのかなぁ・・・037.gif

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年度、玄空飛星派風水・個人鑑定については、
左サイドバー「個人鑑定のご案内」をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-25 11:30 | 神社仏閣 | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る