アンティークで審美眼を磨く

アンティークの明確な定義は実際には存在しませんが、
アメリカが定めた通商関税法(1934年)の考えによると、
製造からおよそ100年を経過している物のことを骨董品、
つまりアンティークと考えるようです。

ただ、製造より100年未満のものでも、高いデザイン性、
そして希少性、経過年数のあるものは十分にアンティークに
なる可能性があります。

日本よりも風水が盛んなヨーロッパ、そして本場中国でも、
アンティークは非常に大切な財産として扱われています。

日本でも古き良きものを大切にする文化があります。

例えば「金継ぎ」ですね。

割れてしまった器を金で継いで、再度使えるようにする
という素晴らしい伝統技法のことです。

こういった技術は若い世代の方は知らないかもしれませんね。
壊れた物は捨てる、そんな世の中にならないことを切に祈ります。

世界中の大富豪たちはアンティークを蒐集し、
古き良き物を大切に愛でています。

イギリスでは家の建築年数が古ければ古いほど
文化的価値があるとされ、その分家賃が高額になります。

日本とは間逆ですね。

文化的価値の高いアンティークは大変に高価で、
一般の人が目にすることはほとんどありません。

世界的な競売(オークション)会社のクリスティーズに
出回っているような億単位の美術品、骨董品は、まず一般の
お店や百貨店などで目にすることは無いわけです。

そういったアンティークの美術品、宝石類をはじめ、
古いものには持ち主の「念」が入り込むと言われています。

良い念もあれば、有名なホープダイヤモンドの伝説ように、
残念ながらそうではない念もあります。

しかし、アンティークを所有することは、
決して悪いことではありません。

例えば富豪が所有していたアンティークには富貴が宿ることも
ありますし、ご先祖様が所有していた物は子孫を護ってくれる
お守りのような存在になることもあるからです。

一般の人が骨董品を購入するときは、注意するポイントを
押さえれば上手くお付き合いが出来ると思います。

まず1つ目は、必ず信頼のおけるお店で買うこと。

伝統のある骨董商の方や、骨董の世界で幅広い
ネットワークがある方などを厳選することです。

骨董品は本当に見識が深くないと見分けられないものが
多く存在し、プロでも見間違うほどの物も存在します。

2つ目は、手に取ってみてしっくりとくるもの。

手に取り少しでも嫌な「気」を感じた場合は、
ぜひその直感を信じてください。

3つ目は、出来る限りその物の来歴を聞くことです。

どこの家から出たものか、以前の持ち主は誰か、
分かる範囲で結構ですので、来歴を聞いてみましょう。

きちんと答えられれば信頼のあるアンティーク商ですし、
あやふやであれば、せめてその店がどこから手に入れたか、
だけでも聞いた方が良いと思います。

さて、安価なアンティークの場合は出所を聞くのは
極めて困難であろうと思います。

その場合は、物の気をリセットさせるために
伽羅や白檀のお香の煙に軽く燻らせるのも良い方法です。

特に伽羅は香木の中でも最高級の名香であり、
また浄化力ナンバーワンのお香です。

伽羅が無い場合は、白檀でも沈香でも構いません。

しかし、香りのあるものなら何でも良いわけではありません。

浄化のためには「煙」が出ないと意味が無いからです。

最近では煙が少なめに作られているお線香もありますが、
浄化を目的にするならしっかりと煙が出るものにしてください。

余談ですが、お墓参りの時に使うお線香も煙が少なめのもの、
煙が出ないものは使うべきではありません。

なぜなら、道教の教えの中に「霊は香りを食す」という
考え方があるからです。

お香の香り、煙は最高の供養となるわけですね。

スマッジング、という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃる
かもしれませんが、古代のネイティブアメリカンも煙を焚いて
神聖な儀式を行っていました。

ご存知の通り、中国、台湾の道教、仏教でもお香を焚きます。
日本でも、お寺などで心身の邪気を祓うためにお線香の煙を
体の色々な部分にあてたりしますよね。

煙には不思議な力があるのです。

そして、太陽光に当てて問題のない物品でしたら、
太陽の光にしばらく当てて邪気を祓うことです。

ネットオークションや、出所不明の汚い古着などは
最初から安易に買わない方が賢明です。


アンティークを手に入れるときは事前に十分考慮し、
感覚を研ぎ澄ませてから選んでいきましょう。

私も本物が分かる審美眼を養っていきたいです。
大切なものを受け継ぎ、次の世代へ繋いでいく。

古き良き物を、大切にしましょう☆

週の真ん中、今日も心穏やかに過ごせますように。053.gif



[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-03-18 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る