「結び」の力

先日春節のお祝いで訪れた横浜中華街にて、
可愛いアジアンノットのチャームを購入しました。

c0355521_13372663.jpg


















冬の間はポンポンをつけているのですが、
アジアンノットに替えてみたら少し大人っぽくなりました。037.gif
数百円程度のものですが、とても気に入っています。

アジアンノットは、主にアジアで見られる紐の結び方で、
吉祥模様やおめでたい結び方が多く、ラッキーチャームとしても
利用できるものです。

同じく日本にも、水引きという文化があります。

以前、池坊華道の先生からお正月飾りを教わったときに、
水引きを紐の状態から結ぶというお稽古を付けていただいた
ことがありました。

そのお稽古を付けていただくまで、水引きというものは
最初から結んだ状態で存在するものだとばかり思って
おりましたが(そんなわけがない。笑)、本来は人の手で、
思いを込めて結ばれるものです。

文具店で並ぶ水引きのついた熨斗袋のように、
美しい水引が自分で結べたらどんなに素晴らしいことでしょう。

ご存知の通り、結び方にも色々と意味があります。

私のチャームは多分「玉房結び」と呼ばれるもので、
牡丹の花をイメージした結び方です。

牡丹の花言葉は、王者の風格、富貴。

写真ではピンク色に見えますが、実物は紫色です。
紫は古代より珍重された色で、大変高貴な色でした。

結ぶときに結び目を増やしたり減らしたりして
色々とアレンジが出来るのも面白いところですね。

「結ぶ」

という機会は、日常の中で頻繁に訪れます。

靴紐を結んだり、お菓子の箱にリボンを結んだり、
髪を結んだり、新聞紙を束ねて紐で結んだりします。

人と人が出会うとき、「ご縁を結ぶ」と言います。

結納、結婚、団結、etc・・・

これからも日々、良縁と結ばれたいですね。016.gif
 

[PR]
by hibikore-fengshui | 2015-02-24 21:00 | Favorite Item | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る