家相大全、家相図解全書

日本で一般的に「風水」と呼ばれているものは、そのほとんどが

九星気学を基にしたものや、家相を基にした日本独自の風水です。


その為、世界に目を向けると「家相」で建てた家があるのは日本くらいで、

今や、世界的スタンダードとなっている風水術は、玄空飛星派風水と呼ばれる

フライングスター風水(英名)です。



c0355521_22575087.jpg












「家相大全」著:松浦東鶏(久信)



日本の文化の一つとして発達した家相学は、鬼門、裏鬼門、


c0355521_23043846.jpg












張りや欠け、八方位と中央を含めた九方位を重要とする見方、

家族の十二支を考慮する、といった方法が取られています。


家相学は、日本の一つの文化として根付いているように思いますが、

私が今なお、学び続けている中国伝統風水とはかなり異なります。


c0355521_23084596.jpg















家相図解全書 神秘口伝 著:藤川悟山


伝統風水とは異なる見方もあれば、似ている部分もあります。

この本は読むと結構面白くて、一つの教本として為になりました。

私の生徒さんやクライアント様でご興味のある方は、メッセージください。


私自身、家相は否定しません。

誰が何を信じるかなど、私が決めることではないからです。


風水コンサルタントとして幅広い知識と教養を身に付けるために、

日々アンテナを張って過ごしていきたいと思います。



[PR]
# by hibikore-fengshui | 2017-05-17 07:30 | Feng Shui | Comments(0)

風水コンサルタント 内海莉絵


by Rie Utsumi
プロフィールを見る